需品科 (陸上自衛隊)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

需品科(じゅひんか、: Quartermaster)は、陸上自衛隊職種の一つ。旧軍における輜重兵科の一部に相当する。職種標識の色は

概要[編集]

各部隊に対する各種後方支援活動を任務としている。災害派遣では給食入浴支援などで活躍する。

需品科に指定された隊員は、部隊としては師団旅団第1空挺団水陸機動団、離島警備隊の後方支援連隊(隊)に編成される補給隊(中隊)、各方面隊方面後方支援隊の補給大(中)隊に配属されることが多い。兵站機関としては補給統制本部及び各方面隊に1つずつ置かれている補給処がある。職種学校は陸上自衛隊需品学校、教育支援部隊は需品教導隊松戸駐屯地)である。

なお、後方支援体制への変革が終了した部隊の隊旗は需品科職種の茶色から諸職種混成の藍色に変更されているため、今日では茶色の隊旗を持つ部隊は極僅か(コア部隊指定の補給大(中)隊)となっている。

需品科部隊[編集]

陸上総隊隷下部隊

  • 第1空挺団
    • 後方支援隊
      • 落下傘整備中隊
  • 水陸機動団
    • 後方支援隊
      • 補給中隊

方面隊隷下部隊

全般支援大隊補給中隊は、整備用部品等の補給を実施する。

北部方面隊

  • 北部方面後方支援隊
    • 第104補給大隊(島松駐屯地・コア部隊
    • 第101全般支援大隊
      • 補給中隊(島松駐屯地)
    • 第102全般支援大隊
      • 補給中隊(真駒内駐屯地)
    • 第103全般支援大隊
      • 補給中隊(上富良野駐屯地)

東北方面隊

  • 東北方面後方支援隊
    • 第102補給大隊(仙台駐屯地・コア部隊
    • 第108全般支援大隊
      • 補給中隊(仙台駐屯地)

東部方面隊

  • 東部方面後方支援隊
    • 第103補給大隊(霞ヶ浦駐屯地・コア部隊
    • 第104全般支援大隊
      • 補給中隊(朝霞駐屯地)
    • 第105全般支援大隊
    • 第101全般支援隊

中部方面隊

  • 中部方面後方支援隊
    • 第101補給大隊(桂駐屯地・コア部隊
    • 第107全般支援大隊
      • 補給中隊(桂駐屯地)

西部方面隊

  • 西部方面後方支援隊
    • 第105補給大隊(目達原駐屯地・コア部隊
    • 第106全般支援大隊
      • 補給中隊(目達原駐屯地)
  • 第4師団
    • 対馬警備隊
      • 後方支援隊
        • 補給小隊
  • 第8師団
    • 奄美警備隊
      • 後方支援隊
        • 補給小隊
  • 第15旅団
    • 宮古警備隊
      • 後方支援隊
        • 補給小隊

師団後方支援連隊隷下部隊

補給隊は、隊本部、需品補給小隊、部品補給小隊、業務小隊からなり、師団各部隊に対する火器・車両・誘導武器・施設器材・通信電子器材・需品器材・化学器材の部品補給、燃料・糧食・水等の補給、回収並びに入浴及び洗濯の需品サービス等を行う。

旅団後方支援隊隷下部隊

旅団には後方支援隊に補給中隊が編成されている。

需品科部隊以外の部隊の補給小隊等

普通科・機甲科・特科・施設科の本部管理中隊等に補給小隊(班)が、その他の部隊にも本部に数名の補給業務担当の隊員が配置されるが需品科職種の隊員が配置される事はほとんどない。

駐屯地業務隊の補給科

諸職種の隊員が駐屯地内における被服や燃料をはじめとする調達や修理など、各種補給業務、糧食班の管理運営等を実施する。

機関

職種学校は需品学校、教育支援部隊は需品教導隊及び補給処がある。

職種学校

教育支援部隊

補給処

細部は、「補給処」を参照。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]