中央特殊武器防護隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中央特殊武器防護隊
創設 2008年(平成20年)3月26日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 陸上自衛隊
部隊編制単位
兵科 化学科
兵種/任務/特性 NBC兵器防護、方面隊増援
人員 約150名
所在地 埼玉県 さいたま市
編成地 大宮
上級単位 中央即応集団
担当地域 日本全国、全世界
テンプレートを表示

中央特殊武器防護隊(ちゅうおうとくしゅぶきぼうごたい、Central Nuclear Biological Chemical Weapon Defense Unit:CNBC)は、陸上自衛隊の対NBC兵器専門の化学科部隊である。

概要[編集]

防衛大臣直轄の機動運用部隊である中央即応集団隷下で埼玉県さいたま市大宮駐屯地に所在している。前身は地下鉄サリン事件東海村JCO臨界事故で出動した事で知られる第101化学防護隊である。国内任務では方面隊を増援し、特殊武器つまりNBC兵器によって汚染された地域の偵察および除染を行う。NBCとは、Nuclear,Bio,Chemicalの事で、核兵器・生物兵器・化学兵器等の大量破壊兵器を統括して指す。 地下鉄サリン事件以後、現在に至るまで世界で唯一人口密集地での化学兵器テロ対応の実戦経験を持つ。

沿革[編集]

部隊編成[編集]

  • 隊本部
  • 本部中隊
  • 第102特殊武器防護隊
  • 第103特殊武器防護隊

主要幹部[編集]

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
中央特殊武器防護隊長 1等陸佐 田子和明 2016年3月23日 化学学校教育部長
歴代の隊長
氏名 在職期間 前職 後職
第101化学防護隊長2等陸佐
化学学校長
湯田和彦 - 2005.3.22
米倉宏晃 2005.3.23 - 2006.7.31
笠畑忠嗣 2006.8.1 - 2007.3.27 第1化学防護隊長 第101特殊武器防護隊長
第101特殊武器防護隊長(2等陸佐)
1 笠畑忠嗣 2007.3.28 - 2008.3.25 第101化学防護隊長
中央特殊武器防護隊長1等陸佐
1 宇都宮昭栄 2008.3.26 - 2010.11.30 技術研究本部技術開発官(陸上担当)付
第5開発室長
陸上自衛隊化学学校教育部長
2 岩熊真司 2010.12.1 - 2012.12.3 技術研究本部技術開発官(陸上担当)付
第5開発室長
陸上自衛隊化学学校教育部長
3 平野邦治 2012.12.4 - 2014.7.31 北部方面総監部装備部後方運用課長 陸上幕僚監部装備部武器・化学課化学室長
4 竹内綱太郎 2014.8.1 - 2016.3.22 陸上幕僚監部装備部武器・化学課化学室長 北部方面総監部装備部長

主要装備[編集]

その他の化学科装備については陸上自衛隊の装備品一覧#化学装備を参照のこと。


福島原発での放射線防護服の問題[編集]

2011年3月の東北地方太平洋沖地震後に発生した福島第一原子力発電所事故において、防衛省は中央特殊武器防護隊を現場に派遣した。隊員は鉛を服の前面に入れた放射線を防ぐ護服を装備していたものの、横方向からの放射線には弱く効果は限定的とされ[2]、陸自は原子炉を冷却する地上での注水支援作業を取りやめることとなった。中央特殊武器防護隊の隊員が着用している化学防護衣では、高レベル放射線を防げないと判断したものとみられる[3]

脚注[編集]

  1. ^ 陸自隊長「助からないと思った」3号機の水素爆発で”. 東京新聞 (2011年6月5日). 2011年6月5日閲覧。
  2. ^ 防護服はどこまで使える?産経ニュース 2011年3月19日
  3. ^ 菅首相が冷却水投下を指示 自衛隊は困難視 産経ニュース 2011年3月15日

外部リンク[編集]