富士駐屯地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
富士駐屯地
所在地 静岡県駿東郡小山町須走
座標 北緯35度21分20秒
東経138度51分35秒
駐屯地司令 陸上自衛隊富士学校長 兼務
主要部隊 富士学校
富士教導団本部
開発実験団本部ほか
開設年 1954年
テンプレートを表示

富士駐屯地(ふじちゅうとんち、JGSDF Camp Fuji)は静岡県駿東郡小山町須走481-27[1]に所在し、陸上自衛隊富士学校等が駐屯する陸上自衛隊駐屯地である。施設全域を含め一般には「富士学校」と呼ばれることが多い(駐屯地入口付近の信号の案内標識も「富士学校入口」)。

駐屯地司令は富士学校長が兼務。なお、本駐屯地には会計隊及び駐屯地業務隊が存在せず、富士学校がそれらの業務を行う。最寄の演習場東富士演習場と北富士演習場である。

沿革[編集]

  • 1954年(昭和29年)
    • 6月1日:臨時富士部隊本部が編成。
    • 6月10日:宇都宮駐屯地から第61連隊第3大隊が移駐し、富士駐屯地が開設。
    • 6月24日:第7連隊第3大隊が久居駐屯地から移駐。
    • 8月5日:化学教育隊(現・化学学校)が宇治駐屯地から移駐。
    • 8月20日:陸上自衛隊富士学校が新設され開校[2]
    • 9月25日:第2特科群本部及び本部中隊、第108特科大隊が編成。
  • 1955年(昭和30年)2月11日:第305武器野整備中隊が霞ヶ浦駐屯地から移駐。
  • 1957年(昭和32年)10月1日:化学教育隊が大宮駐屯地に移駐。
  • 1958年(昭和33年)3月25日:第2特科群本部及び本部中隊が南仙台駐屯地に移駐。
  • 1960年(昭和35年)
    • 1月14日:第104地区警務隊、第307基地通信隊が編成完結。
    • 4月11日:滝ヶ原分屯地が開設。
  • 1961年(昭和36年)8月17日:富士教導隊新編により、第108特科大隊が特科教導隊に改編され同隊に配属。
  • 1964年(昭和39年)3月24日:第305武器野整備中隊が第308武器野整備中隊に改称。
  • 1974年(昭和49年)4月11日:滝ヶ原分屯地が駐屯地に昇格
  • 1975年(昭和50年)12月16日:陸上自衛隊富士地区病院が開設[3]
  • 1988年(昭和63年)4月8日:陸上自衛隊富士地区病院が自衛隊富士病院に改称[4]
  • 2008年(平成20年)3月26日:警務隊の改編により、第104地区警務隊が第128地区警務隊に改称。
  • 2001年(平成13年)3月27日:装備開発実験隊を母体として開発実験団、装備実験隊を新編。
  • 2002年(平成14年)3月27日:第308武器野整備中隊(東部方面武器隊隷下)を母体に第105全般支援大隊、富士教育直接支援大隊を新編。
  • 2018年(平成30年)3月27日:陸上自衛隊小平学校の一部が移駐し、陸上自衛隊情報学校として開設。
  • 2019年(平成31年)3月26日:部隊新・改編。

駐屯部隊・機関[編集]

防衛大臣直轄部隊・機関[編集]

東部方面隊隷下部隊・機関[編集]

最寄の幹線交通[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 防衛ハンドブック2012(朝雲新聞社)
  2. ^ 陸上自衛隊富士学校”. 防衛省・自衛隊. 2016年5月20日閲覧。
  3. ^ 自衛隊法施行令の一部を改正する政令(昭和50年11月22日政令第338号)
  4. ^ 自衛隊法施行令の一部を改正する政令(昭和63年4月8日政令第99号)”. 法庫. 2016年5月20日閲覧。

出典[編集]

  • 『明朗・闊達・和楽 陸上自衛隊富士学校・富士駐屯地開設50周年記念誌』(陸上自衛隊富士学校・富士駐屯地編 H16)