共同の機関 (自衛隊)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

共同の機関(きょうどうのきかん)は、陸上自衛隊海上自衛隊及び航空自衛隊の共同の機関である。

自衛隊法第24条[1]に各自衛隊の機関の種類として、「学校」「補給処」「病院」「地方協力本部」が定められているが、同法同条第5項に「自衛隊の業務遂行上一体的運営を図る必要がある場合には、陸上自衛隊、海上自衛隊及び航空自衛隊の共同の機関として置くことができる」と規定されており、「学校」[2]「病院」[3]「地方協力本部」[4]が各自衛隊の共同の機関とされる。

学校[編集]

共同の機関として「自衛隊体育学校」が設置されている(自衛隊法施行令第33条)。

病院[編集]

共同の機関として「自衛隊中央病院」及び「自衛隊地区病院」が設置されている(自衛隊法施行令第44条)。

地方協力本部[編集]

共同の機関として「自衛隊地方協力本部」が設置されている(自衛隊法施行令第48条)。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 自衛隊法第24条”. 2017年10月25日閲覧。
  2. ^ 自衛隊法施行令第33条”. 2017年10月25日閲覧。
  3. ^ 自衛隊法施行令第44条”. 2017年10月25日閲覧。
  4. ^ 自衛隊法施行令第48条”. 2017年10月25日閲覧。

外部リンク[編集]