国家安全保障戦略

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

国家安全保障戦略(こっかあんぜんほしょうせんりゃく)は、日本国の国家安全保障に関する基本方針である。

概要[編集]

2013年12月17日閣議で「国防の基本方針」(1957年(昭和32年)5月20日国防会議及び 閣議決定)に代わるものとして決定された事項である[1]。「積極的平和主義」の立場から国際平和に寄与することを理念とし、中華人民共和国の対外姿勢や軍事動向を「国際社会の懸念事項」としている。これは外交防衛において基本方針となるものであり、日本政府が策定した物としては初である[2][3]

そのおもな内容は以下のとおりである。[注 1]

1 策定の趣旨

2 国家安全保障の基本理念
 (1) 日本国が掲げる理念
 (2) 日本国の国益と国家安全保障の目標

3 日本国を取り巻く安全保障環境と国家安全保障上の課題
 (1) グローバルな安全保障環境と課題
 (2) アジア太平洋地域における安全保障環境と課題

4 日本国がとるべき国家安全保障上の戦略的アプローチ
 (1) 日本国自身の能力・役割の強化・拡大
 (2) 日米同盟の強化
 (3) 国際社会の平和と安定のためのパートナーとの外交・安全保障協力の強化
 (4) 国際社会の平和と安定のための国際的努力への積極的寄与
 (5) 地球規模課題解決のための普遍的価値を通じた協力の強化
 (6) 国家安全保障を支える国内基盤の強化と内外における理解促進

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 詳細は「国家安全保障戦略[1]」(2013年(平成25年)12月17日 国家安全保障会議・閣議決定)のとおり。

出典

  1. ^ a b 国家安全保障戦略 (PDF)”. 内閣官房 (2013年12月17日). 2018年12月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月14日閲覧。
  2. ^ 国家安全保障戦略(概要)”. 内閣官房. 2019年5月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月3日閲覧。
  3. ^ 初の「国家安全保障戦略」閣議決定”. NHK NEWS WEB (2013年12月17日). 2013年12月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年12月17日閲覧。