海上幕僚監部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の行政官庁
海上幕僚監部
かいじょうばくりょうかんぶ
Go-shichi no kiri crest.svg
Ministry of Defense.JPG
海上幕僚監部が設置される防衛省庁舎A棟(左)
役職
海上幕僚長 河野克俊
海上幕僚副長 重岡康弘
組織
上部機関 防衛省
内部部局 総務部、人事教育部、防衛部、指揮通信情報部、装備部、技術部
独立組織 監察官、首席会計監査官、首席法務官、首席衛生官
概要
所在地 東京都新宿区市谷本村町5番1号
設置 1954年7月1日
前身 第二幕僚監部
ウェブサイト
海上自衛隊:トップページ
テンプレートを表示

海上幕僚監部(かいじょうばくりょうかんぶ、英語Maritime Staff Office)は、日本官公庁のひとつ。防衛省特別の機関である。略称は海幕(かいばく)、MSO

概要[編集]

海上自衛隊の防衛及び警備に関する計画の立案に関する事務等を掌ることを任務とする、防衛省に置かれる特別の機関である。海上幕僚監部の長は海上幕僚長である。

海上幕僚監部は軍政(旧軍では海軍省が担当)・軍令(旧軍では軍令部が担当)事項双方を職掌としている。主に海上自衛官によって構成され、いわゆる背広組(事務官)中心の防衛省内部部局(内局)とともに、専門的知見に基づき防衛大臣を補佐する役割を担う。

沿革[編集]

  • 1952年(昭和27年)4月26日 - 海上保安庁の機関として海上警備隊設置。長は海上警備隊総監(海上警備監)。海上警備隊総監部に海上警備隊副総監、総務部、警備部、経理補給部、技術部を置く。
  • 1952年(昭和27年)8月1日 - 保安庁第二幕僚監部が置かれる。長は第二幕僚長(警備監)。第二幕僚監部に総務部、警備部、航路啓開部、経理補給部、技術部が新設される。
  • 1953年(昭和28年)10月16日 - 第二幕僚監部が改組され、第二幕僚副長、調査部及び通信所が新設され、航路啓開部が廃止される。
  • 1954年(昭和29年)7月1日 - 防衛庁に海上幕僚監部が置かれる。長は海上幕僚長(海将)。海上幕僚監部に総務部、防衛部、調査部、経理補給部、技術部が新設される。
  • 2006年(平成18年)3月27日 - 組織改編が行われ、総務部、人事教育部、防衛部、指揮通信情報部、装備部、技術部、監察官、首席法務官、首席会計監査官、首席衛生官

の6部4官体制になる。

  • 2014年(平成26年)3月26日 - 装備部艦船課及び武器課を廃止し、艦船・武器課に集約(4個課編成から3個課編成へ)[1]

組織編制[編集]

2014年(平成26年)3月末の海幕の組織編成は次のとおり。

  • 総務部(部長及び副部長:将補(二))
    • 総務課
    • 経理課
  • 人事教育部(部長:将補(一))
    • 人事計画課
    • 補任課
    • 厚生課
    • 援護業務課
    • 教育課
  • 防衛部(部長:将補(一))
    • 防衛課
    • 装備体系課
    • 運用支援課
    • 施設課
  • 指揮通信情報部(部長:将補(二))
    • 指揮通信課
    • 情報課
  • 装備部(部長:将補(一))
    • 装備需品課
    • 艦船・武器課
    • 航空機課
  • 技術部(部長:将補(二))
    • 技術課
  • 監察官(将補(二))
  • 首席法務官(1佐(一))
  • 首席会計監査官(1佐(一))
  • 首席衛生官(将補(二)・医官

海上幕僚長[編集]

海上幕僚副長[編集]

歴代の海上幕僚副長
氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考
海上警備隊副総監
- (空席) 1952年4月26日
1952年7月31日
第二幕僚副長
1 長澤浩 1953年10月16日
1954年6月30日
海兵49期・
海大30期
第二幕僚監部警備部長 海上幕僚副長
海上幕僚副長
1 長澤 浩 1954年7月1日
1954年8月2日
海兵49期・
海大30期
第二幕僚副長 海上幕僚長 任命辞令なし
自衛隊法附則第3項・
第5項による在任
2 伊藤邦彦 1954年8月3日
1958年7月31日
海兵51期 舞鶴地方総監
→1954年7月1日海上幕僚監部付
退職
3 渡辺信義 1958年8月1日
1961年7月31日
佐世保地方総監 幹部学校長
4 石渡 博 1961年8月1日
1963年6月30日
海兵55期・
海大37期
海上幕僚監部付
→1963年12月31日退職
5 西村友晴 1963年7月1日
1964年8月13日
海兵59期 海上幕僚監部防衛部長 海上幕僚長
6 山本啓志郎 1964年8月14日
1966年4月29日
海兵60期 横須賀地方総監
7 伍賀守雄 1966年4月30日
1967年1月9日
海兵61期 幹部候補生学校長 海上幕僚監部付
→1968年11月28日退職
8 久原一利 1967年1月10日
1969年6月30日
海兵60期 護衛艦隊司令官 退職
9 石田捨雄 1969年7月1日
1972年3月15日
海兵64期 大湊地方総監 海上幕僚長
10 本村哲郎 1972年3月16日
1973年3月15日
海兵65期 幹部候補生学校長 自衛艦隊司令官
11 須藤吉樹 1973年3月16日
1975年3月16日
海経28期 需給統制隊司令 横須賀地方総監
12 宮田敬助 1975年3月17日
1976年5月16日
海兵69期 護衛艦隊司令官
13 時 忠俊 1976年5月17日
1977年6月30日
海機50期 第2潜水隊群司令
14 槇原秀夫 1977年7月1日
1979年6月30日
海経33期 海上幕僚監部経理補給部長 呉地方総監
15 穗積釮彦 1979年7月1日
1981年6月30日
海兵74期 海上幕僚監部防衛部長
→1979年3月22日
海上幕僚監部付
横須賀地方総監 下の名の1文字目は
「金」偏に「才」
16 吉田學 1981年7月1日
1983年4月25日
海兵75期 大湊地方総監 海上幕僚長
17 山田善照 1983年4月26日
1984年6月5日
海兵75期 大湊地方総監 退職
18 安岡亀雄 1984年6月6日
1986年2月28日
海兵76期
19 松尾 正 1986年3月1日
1987年7月6日
九州大学
2期幹候
需給統制隊司令
20 後藤 理 1987年7月7日
1989年8月30日
防大1期 舞鶴地方総監 横須賀地方総監
21 原田政昭 1989年8月31日
1991年3月15日
防大3期 教育航空集団司令官
22 手塚正水 1991年3月16日
1993年6月30日
防大3期 舞鶴地方総監 退職
23 夏川和也 1993年7月1日
1994年6月30日
防大6期 教育航空集団司令官 佐世保地方総監
24 佐伯聖二 1994年7月1日
1996年3月24日
防大7期 教育航空集団司令官 自衛艦隊司令官
25 五味睦佳 1996年3月25日
1997年6月30日
防大8期 大湊地方総監
26 藤田幸生 1997年7月1日
1999年3月30日
防大9期 航空集団司令官 海上幕僚長
27 谷 勝治 1999年3月31日
2000年3月29日
防大11期 幹部学校長 呉地方総監
28 山田道雄 2000年3月30日
2001年3月26日
29 経田 勇 2001年3月27日
2002年3月21日
防大12期 統合幕僚学校
30 古庄幸一 2002年3月22日
2003年1月27日
防大13期 護衛艦隊司令官 海上幕僚長
31 道家一成 2003年1月28日
2004年8月29日
防大15期 呉地方総監
32 荒川堯一 2004年8月30日
2006年8月3日
防大16期 教育航空集団司令官 横須賀地方総監
33 加藤 保 2006年8月4日
2008年3月23日
防大17期 統合幕僚副長 佐世保地方総監
34 加藤耕司 2008年3月24日
2009年7月20日
防大20期 舞鶴地方総監
35 河村克則 2009年7月21日
2011年8月4日
防大21期 大湊地方総監 横須賀地方総監
36 武居智久 2011年8月5日
2012年7月25日
防大23期
37 鮒田英一 2012年7月26日
2014年3月27日
東京大学 教育航空集団司令官 自衛艦隊司令官
38 重岡康弘 2014年3月28日 防大25期 航空集団司令官

脚注[編集]

  1. ^ 防衛省組織令等の一部を改正する政令(平成二十六年一月三十一日公布政令第二十号、防衛省HP)

外部リンク[編集]