御殿場駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
御殿場駅
富士山口
富士山口
ごてんば
Gotemba
CB09 足柄 (6.6km)
(2.7km) 南御殿場 CB11
所在地 静岡県御殿場市新橋1898-3
駅番号 CB  10 
所属事業者 東海旅客鉄道(JR東海)
所属路線 CB 御殿場線
キロ程 35.5km(国府津起点)
電報略号 コテ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
4,879人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1889年明治22年)2月1日
備考 駅長配置駅管理駅
JR全線きっぷうりば
テンプレートを表示

御殿場駅(ごてんばえき)は、静岡県御殿場市新橋にある、東海旅客鉄道(JR東海)御殿場線である。駅番号CB10

概要[編集]

静岡県東部の中規模都市である御殿場市の代表駅であり、市の中心部に位置する。

普通列車が停車し、一部の普通列車や新宿駅と当駅を結ぶ特急「ふじさん」が起点・終点としている主要駅である。乗降客は、御殿場線内では沼津駅国府津駅に次いで多い。

富士山箱根の玄関口の一つであり、駅前からは富士山麓や河口湖、箱根方面などへ向かうバスが発着している。1928年昭和3年)までは、駅前を馬車鉄道が発着していた。

駅の開業は1889年明治22年)2月で、御殿場線1934年昭和9年)までは東海道本線の一部)の開通と同時に開業した駅の一つである。開業以来国有鉄道の駅であったが、1987年昭和62年)4月国鉄分割民営化により旅客営業はJR東海に、貨物営業は日本貨物鉄道(JR貨物)に移管された。ただし、JR貨物の貨物営業は2006年平成18年)4月に廃止されている。

歴史[編集]

御殿場駅に停車中の小田急3000形SSE 連絡急行 「あさぎり」(1987年)

東海道本線の一部として国府津 - 沼津間が1889年明治22年)に開業したとき、その中間駅の一つとして当駅は開設された。元々御殿場は富士登山の拠点として栄え、駅の開設が決まるやいなや旅館・商店・運送店などが駅前に立ち並び、汽車で来る登山客に備えたといわれている[1]。しかし、駅が開業する当日の午前3時頃、町で大火事が発生してしまいおよそ1000軒が焼ける被害が出たため、華やかに行われるはずの開業式は質素なものにせざるを得なかった[1]。奇しくも同じ日に開業した静岡駅周辺でも、火災が発生して1100軒が焼けている。

そんなハプニングの中でスタートした当駅であるが、予想通り登山客によって駅や町は潤うようになった[1]。さらなる登山客の確保を狙い、町は中央本線の起点を御殿場駅にするように政府に請願書を提出したが、これは実らず起点は八王子駅になった[1]。中央本線に代わる交通機関として、1898年(明治31年)に駅前から山梨県境に近い須走村(現小山町、後に県境の籠坂峠まで延伸)まで「御殿場馬車鉄道」という馬車鉄道を走らせた。

その後も賑わっていた御殿場駅であるが、1934年(昭和9年)に丹那トンネルが開通して東海道本線のルートが熱海経由に変更されたことは、大きな衝撃となった[1]。幹線の中間駅からローカル線の一駅になってしまうのは、町の衰退につながりかねなかったからである。町ではせめてもということで、旧線につける名前を「箱根支線」・「箱根線」・「函北線」・「富士山線」などさまざまな候補があった中、「御殿場線」にするよう請願書を提出し、これが実って線名が御殿場線に決定した[1]

1955年(昭和30年)、小田急電鉄により特急「ふじさん」の原型となる準急列車「銀嶺」・「芙蓉」の運行が新宿駅と当駅とを結ぶ形で始まった。以来、長期に渡り当駅は終着駅だったが、1991年(平成3年)に本格的な特急「あさぎり」が登場し、沼津駅まで延伸されたことにより、主要な途中駅となった。2012年(平成24年)に運行区間が当駅止まりに短縮されたため、現在では再び終着駅となっている。

蒸気機関車が使用されていた頃は、運行上の拠点としても機能していた。当駅は御殿場線において最も標高が高い位置の近くに存在しており(標高455メートル)、当時は沼津駅山北駅の両方向から来る列車が急勾配区間を登るために、当駅まで補助機関車(補機)を連結して運転していた。また、丹那トンネル開業前の東海道本線時代に運転されていた特急列車急行列車などの場合は、ここで走行中に補機の切り離しを行っていた。

年表[編集]

駅構造[編集]

駅構内・ホーム[編集]

プラットホーム
東側の留置線に留置中の特急「ふじさん」に使用される小田急60000形

地上駅であり、単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを有する。駅構内の西側にある単式ホームが1番線、東側にある島式ホームが2番線および3番線となっている。運転扱い上の線路呼称は、1番線が上り本線、2番線が中線、3番線が下り本線である。太平洋戦争前は、1番線は軍専用ホームだった。

3番線の東側には電化された側線が2本あり、主に電車の留置線として使用される。また1番線ホームの南側には、駅構内に御殿場工務区が置かれている関係で保線車両留置用の側線がある(夜間滞泊も設定されている)。側線上には保線車両用の小さな車庫が置かれている。国鉄時代の貨物営業を行っていた頃は、1番線ホームの北側と南側の2か所に貨物ホームが設けられていた。

また、特急「あさぎり」発車時には発車ベルが鳴っていたが、2012年3月に運転区間が短縮されてからは車掌の位置にスイッチが無くなったために扱われなくなった。

ホームの使用状況
番線 路線 方向 行先 備考
1 CB 御殿場線 上り 松田国府津方面[注釈 1]  
2・3 下り 沼津方面[注釈 1] 特急「ふじさん」は3番線
  • 沼津方面の列車については、当駅始発が2番線、松田方面からの列車が3番線を使うことが多いが、一部例外もある。

駅舎・設備[編集]

箱根乙女口

駅舎は、駅の東西を結ぶ自由通路を併設する橋上駅舎である。改札口は2階に位置し、この自由通路に面している。1階のホームと改札口は階段エレベーターで繋がる。改札口脇の窓口はJR全線きっぷうりばを兼ねている。改札口には自動改札機TOICA対応)が導入され、駅舎内にはICカード対応のタッチパネル式の自動券売機が設置されている。

駅(自由通路)の出入口は、西側の「富士山口」と東側の「箱根乙女口」の2か所。出入口の名称は富士山乙女峠にちなむ。橋上駅舎が建設される前は、1番線ホームに隣接する場所に地上駅舎が置かれ、2つのホームを結ぶ跨線橋があった。

駅舎には、売店・飲食店等のテナント「ASTY御殿場」が併設されている。

JR東海の駅長駅員配置駅(直営駅)である[7]管理駅として、御殿場市内と小山町内に位置する御殿場線の4駅(駿河小山駅足柄駅南御殿場駅富士岡駅)を管理している[7]

利用状況[編集]

「静岡県統計年鑑」および「御殿場市統計書」によると、2017年度(平成29年度)の1日平均乗車人員4,879人である[静岡統計 1]

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
1993年(平成05年) 6,392 [静岡統計 2]
1994年(平成06年) 6,422 [静岡統計 3]
1995年(平成07年) 6,372 [静岡統計 4]
1996年(平成08年) 6,389 [静岡統計 5]
1997年(平成09年) 6,176 [静岡統計 6][御殿場統計 1]
1998年(平成10年) 5,683 [静岡統計 7][御殿場統計 1]
1999年(平成11年) 5,374 [静岡統計 8][御殿場統計 1]
2000年(平成12年) 5,508 [静岡統計 9][御殿場統計 1]
2001年(平成13年) 5,301 [静岡統計 10][御殿場統計 1]
2002年(平成14年) 5,017 [静岡統計 11]
2003年(平成15年) 4,968 [静岡統計 12]
2004年(平成16年) 4,750 [静岡統計 13]
2005年(平成17年) 4,665 [静岡統計 14][御殿場統計 2]
2006年(平成18年) 4,698 [静岡統計 15][御殿場統計 2]
2007年(平成19年) 4,749 [静岡統計 16][御殿場統計 2]
2008年(平成20年) 4,833 [静岡統計 17][御殿場統計 2]
2009年(平成21年) 4,820 [静岡統計 18][御殿場統計 2]
2010年(平成22年) 4,691 [静岡統計 19][御殿場統計 3]
2011年(平成23年) 4,545 [静岡統計 20][御殿場統計 3]
2012年(平成24年) 4,693 [静岡統計 21][御殿場統計 3]
2013年(平成25年) 4,876 [静岡統計 22][御殿場統計 3]
2014年(平成26年) 4,818 [静岡統計 23][御殿場統計 3]
2015年(平成27年) 4,940 [静岡統計 24][御殿場統計 4]
2016年(平成28年) 4,906 [静岡統計 25][御殿場統計 4]
2017年(平成29年) 4,879 [静岡統計 1]

駅周辺[編集]

富士山口バス乗り場
富士山口バス乗り場
ポッポ広場
ポッポ広場
箱根乙女口バス乗り場
箱根乙女口バス乗り場

「富士山口」側は駅の表玄関で、路線バス(富士急行箱根登山バス)乗り場、御殿場市の駅前サービスセンター、タクシー乗り場、送迎用停車場がある。「箱根乙女口」側には小田急箱根高速バス御殿場プレミアム・アウトレットシャトルバスなどの乗り場がある。公衆便所駐車場、無料駐輪場は両側に設置されている。

バス路線[編集]

富士山口側[編集]

富士山口側のバス乗り場からは、富士急行富士急バス箱根登山バスなどが発着する。

なお、東名ハイウェイバス東海道昼特急号、新富士 - 成田空港線は、東名御殿場バス停に発着する。このうち東名ハイウェイバスについては1990年3月15日 - 2006年12月14日の間当駅に乗り入れていた。

  • 1番乗り場
    • C1:河口湖駅行(中畑・須走浅間神社山中湖 旭日丘・お宮橋・富士山駅富士急ハイランド経由) (富士急行)
    • C2:河口湖駅行(中畑・須走浅間神社・山中湖 旭日丘・吉田高校南口・富士山駅・富士急ハイランド経由) (富士急行、富士急バス)
    • E:中央青少年交流の家行(中畑経由) (富士急行)
    • 印野本村行(中畑経由) (富士急行)
    • Z:水ヶ塚公園・ぐりんぱ行(御殿場口新五合目・須山御胎内経由) (富士急行) ※夏季のみ
  • 2番乗り場
    • A1:河口湖駅行(仁杉・須走浅間神社・山中湖 旭日丘・忍野八海・富士山駅・富士急ハイランド経由) (富士急バス)
    • A2:河口湖駅行(仁杉・須走浅間神社・山中湖 旭日丘・北富士駐屯地入口・富士山駅・富士急ハイランド経由) (富士急行、富士急バス)
    • 特急 河口湖駅(途中、富士急ハイランドのみ停車) (富士急行)
    • 富士学校行(仁杉・須走浅間神社経由) (富士急行) ※平日のみ
    • 御殿場駅行(チアーズガーデン循環・西高前先回り) (富士急行) ※平日のみ
  • 3番乗り場
    • 三島駅行(岩波駅・裾野駅入口経由) (富士急行)
    • 特別支援学校行 (富士急行) ※平日のみ
    • Q:須走口五合目行(須走浅間神社経由) (富士急行) ※夏季のみ
  • 4番乗り場
    • J1:十里木行(板妻・富士サファリパーク経由) (富士急行)
    • J2:ぐりんぱ・イエティ行(板妻・富士サファリパーク経由) (富士急行) ※イエティ行は冬季のみ
    • 駒門屋行(板妻経由) (富士急行)
    • 印野本村行(板妻経由) (富士急行)
    • 御殿場駅行(板妻・神場循環) (富士急行)
    • 御殿場駅行(神場南循環) (富士急行)
    • 御殿場駅行(神場・北の原循環) (富士急行)
    • 御殿場駅行(チアーズガーデン循環・原里小学校先回り)(富士急行) ※平日のみ
  • 5番乗り場
    • 駿河小山駅行(一色経由) (富士急行)
    • 小山高校行 (富士急行) ※平日のみ
    • 上野行(富士小山病院・富士スピードウェイ経由) (富士急行)
    • 冨士霊園行(一色・富士小山病院・富士スピードウェイ経由) (富士急行) ※土休日のみ
    • 御殿場駅行(東山循環・仲町先回り) (富士急行) ※平日のみ
  • 6番乗り場
  • 7番乗り場
    • ※路線バス C1・C2:御殿場プレミアム・アウトレット行(秩父宮記念公園経由) (富士急行、富士急バス) ※有料
    • J2:東名御殿場インター行 (富士急行)
    • 富士急御殿場営業所行(東田中2丁目経由) (富士急行) ※平日のみ
    • 御殿場駅行(東山循環・便船塚先回り) (富士急行) ※平日のみ
    • 富士スピードウェイ臨時バス(富士急行) ※イベント開催時のみ運行

箱根乙女口側[編集]

箱根乙女口側のバス乗り場からは、小田急箱根高速バスなどが運行する路線が発着している。また、箱根登山ハイヤーの案内所で、小田急箱根高速バスの乗車券や小田急電鉄が発売する箱根フリーパスを販売している。

御殿場夏まつり歩行者天国を実施時、歩行者天国による通行止め箇所を迂回するため、箱根乙女口側から箱根登山バスが発着する。

  • 1番乗り場
    • 富士急御殿場営業所行(東田中2丁目経由) (富士急行) ※平日のみ
    • 御殿場駅行 (富士急行) ※平日のみ
    • 天悠行(東名御殿場・乙女峠・仙石・宮城野・強羅駅・小涌園・ユネッサン経由) (箱根登山バス) ※午前のみ
  • 2番乗り場
    • 御殿場プレミアム・アウトレットシャトルバス ※無料
  • その他

駅弁[編集]

  • 「港あじ鮨」・「助六寿司」 - 桃中軒(ASTY御殿場内テナント)で販売[8]
  • 「鮎の姿すし」・「鱒の姿すし」 - ベルマート(改札前売店)・妙見本店(駅前徒歩1分)で販売

鉄道唱歌における御殿場駅[編集]

御殿場線ではこの辺りから裾野駅の間で富士山が最も近接して見えるため、丹那トンネル開通前は東海道本線における風景の名所とされたこともあった。1900年明治33年)5月大和田建樹によって作成発表された『鉄道唱歌』第1集東海道編では、以下のように歌われた[1]

14.はるかにみえし富士の嶺は はや我そばに来りたり 雪の冠雲の帯 いつもけだかき姿にて
15.ここぞ御殿場夏ならば われも登山をこころみん 高さは一万数千尺 十三州もただ一目

隣の駅[編集]

※特急「ふじさん」の隣の停車駅は列車記事を参照。

東海旅客鉄道(JR東海)
CB 御殿場線
足柄駅 (CB09) - 御殿場駅 (CB10) - 南御殿場駅 (CB11)

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b 駅掲示用時刻表の案内表記。これらはJR東海公式サイトの各駅の時刻表で参照可能(2015年1月現在)。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 原口隆行 『鉄道唱歌の旅 東海道線今昔』 JTB、2002年
  2. ^ a b c d e f 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編2』 JTB、1998年
  3. ^ a b 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編1』 JTB、1998年
  4. ^ “JR御殿場駅、浜松駅にエレベーターなど新設”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 3. (2001年3月16日) 
  5. ^ JR貨物ニュースリリース(平成18年3月16日)による
  6. ^ 「TOICA」のサービス拡充について ~2019年3月2日(土)からご利用エリアを拡大します!~”. 東海旅客鉄道. 2018年12月12日閲覧。
  7. ^ a b 東海旅客鉄道編集 『東海旅客鉄道20年史』 東海旅客鉄道、2007年
  8. ^ ASTY静岡 | 桃中軒 御殿場店”. ジェイアール東海静岡開発. 2019年5月7日閲覧。

利用状況[編集]

静岡県統計年鑑
  1. ^ a b 6.鉄道運輸状況 (PDF)”. 静岡県統計年鑑2017(平成29年). 静岡県 (2019年3月27日). 2019年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月3日閲覧。
  2. ^ 6.鉄道運輸状況 (PDF)”. 静岡県統計年鑑1993(平成5年). 静岡県. p. 285 (2013年5月9日). 2019年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月3日閲覧。
  3. ^ 6.鉄道運輸状況 (PDF)”. 静岡県統計年鑑1994(平成6年). 静岡県. p. 285 (2013年5月9日). 2019年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月3日閲覧。
  4. ^ 6.鉄道運輸状況 (PDF)”. 静岡県統計年鑑1995(平成7年). 静岡県. p. 285 (2013年5月9日). 2019年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月3日閲覧。
  5. ^ 6.鉄道運輸状況 (PDF)”. 静岡県統計年鑑1996(平成8年). 静岡県. p. 290 (2013年5月9日). 2019年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月3日閲覧。
  6. ^ 6.鉄道運輸状況 (PDF)”. 静岡県統計年鑑1997(平成9年). 静岡県. p. 290 (2013年5月9日). 2019年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月3日閲覧。
  7. ^ 6.鉄道運輸状況 (PDF)”. 静岡県統計年鑑1998(平成10年). 静岡県. p. 290 (2013年5月9日). 2019年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月3日閲覧。
  8. ^ 6.鉄道運輸状況 (PDF)”. 静岡県統計年鑑1999(平成11年). 静岡県. p. 290 (2013年5月9日). 2019年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月3日閲覧。
  9. ^ 6.鉄道運輸状況 (PDF)”. 静岡県統計年鑑2000(平成12年). 静岡県. p. 338 (2013年5月9日). 2019年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月3日閲覧。
  10. ^ 6.鉄道運輸状況 (PDF)”. 静岡県統計年鑑2001(平成13年). 静岡県. p. 282 (2013年5月9日). 2019年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月3日閲覧。
  11. ^ 6.鉄道運輸状況 (PDF)”. 静岡県統計年鑑2002(平成14年). 静岡県. p. 282 (2013年5月9日). 2019年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月3日閲覧。
  12. ^ 6.鉄道運輸状況 (PDF)”. 静岡県統計年鑑2003(平成15年). 静岡県. p. 284 (2013年5月9日). 2019年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月3日閲覧。
  13. ^ 6.鉄道運輸状況 (PDF)”. 静岡県統計年鑑2004(平成16年). 静岡県 (2013年5月9日). 2019年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月3日閲覧。
  14. ^ 6.鉄道運輸状況 (PDF)”. 静岡県統計年鑑2005(平成17年). 静岡県 (2013年5月9日). 2019年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月3日閲覧。
  15. ^ 6.鉄道運輸状況 (PDF)”. 静岡県統計年鑑2006(平成18年). 静岡県 (2013年5月9日). 2019年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月3日閲覧。
  16. ^ 6.鉄道運輸状況 (PDF)”. 静岡県統計年鑑2007(平成19年). 静岡県 (2013年5月9日). 2019年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月3日閲覧。
  17. ^ 6.鉄道運輸状況 (PDF)”. 静岡県統計年鑑2008(平成20年). 静岡県 (2013年5月9日). 2019年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月3日閲覧。
  18. ^ 6.鉄道運輸状況 (PDF)”. 静岡県統計年鑑2009(平成21年). 静岡県 (2013年5月9日). 2019年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月3日閲覧。
  19. ^ 6.鉄道運輸状況 (PDF)”. 静岡県統計年鑑2010(平成22年). 静岡県 (2013年5月9日). 2019年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月3日閲覧。
  20. ^ 6.鉄道運輸状況 (PDF)”. 静岡県統計年鑑2011(平成23年). 静岡県 (2013年5月9日). 2019年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月3日閲覧。
  21. ^ 6.鉄道運輸状況 (PDF)”. 静岡県統計年鑑2012(平成24年). 静岡県 (2014年5月1日). 2019年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月3日閲覧。
  22. ^ 6.鉄道運輸状況 (PDF)”. 静岡県統計年鑑2013(平成25年). 静岡県 (2015年5月11日). 2019年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月3日閲覧。
  23. ^ 6.鉄道運輸状況 (PDF)”. 静岡県統計年鑑2014(平成26年). 静岡県 (2016年5月2日). 2019年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月3日閲覧。
  24. ^ 6.鉄道運輸状況 (PDF)”. 静岡県統計年鑑2015(平成27年). 静岡県 (2017年5月2日). 2019年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月3日閲覧。
  25. ^ 6.鉄道運輸状況 (PDF)”. 静岡県統計年鑑2016(平成28年). 静岡県 (2018年3月29日). 2019年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月3日閲覧。
御殿場市統計書
  1. ^ a b c d e 御殿場市統計書 平成14年度版 (PDF)”. 御殿場市. p. 59 (2003年3月). 2019年7月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月4日閲覧。
  2. ^ a b c d e 御殿場市統計書 平成22年度版 (PDF)”. 御殿場市. p. 57 (2010年9月). 2019年7月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月4日閲覧。
  3. ^ a b c d e 御殿場市統計書 平成27年度版 (PDF)”. 御殿場市. p. 61 (2016年2月). 2019年7月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月4日閲覧。
  4. ^ a b 御殿場市統計書 平成29年度版 (PDF)”. 御殿場市. p. 55 (2018年6月). 2019年7月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]