福島駐屯地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
福島駐屯地
所在地 福島県福島市荒井字原宿1
座標 北緯37度42分45秒
東経140度22分59秒
駐屯地司令 第44普通科連隊長 兼務
主要部隊 第44普通科連隊
ほか
開設年

1953年

1954年(陸上自衛隊)
テンプレートを表示

福島駐屯地(ふくしまちゅうとんち、JGSDF Camp Fukushima)は、福島県福島市荒井字原宿1に所在し、第44普通科連隊等が駐屯する陸上自衛隊駐屯地である。

最寄の演習場は、水原演習場駐屯地司令は、第44普通科連隊長が兼務。

沿革[編集]

  • 1953年(昭和28年)
    • 10月15日:豊川駐屯地から第1連隊第3大隊が移駐[1]
    • 10月25日:福島駐屯地が新設[2]
  • 1954年(昭和29年)
    • 7月1日:陸上自衛隊へ移管[3]
    • 8月23日:第6管区総監部が練馬駐屯地から移駐。
    • 9月10日:第28会計隊第2分遣隊から第387会計隊に改編。
    • 9月25日:第6管区警務隊第361福島分遣隊が移駐。保安隊中央通信所福島支所が固定通信群第303固定通信中隊第359固定無線隊に改編。
    • 10月10日:第6特車大隊が相馬原駐屯地から移駐。
    • 12月1日:第6管区総監部が多賀城駐屯地に移駐。
    • 12月12日:第6施設大隊が南古河駐屯地から移駐。
  • 1956年(昭和31年)
    • 1月26日:第303固定通信中隊第359固定無線隊が第106固定通信大隊第359重無線隊に改編。
    • 3月31日:第6特車大隊が大和駐屯地に移駐。
  • 1960年(昭和35年)
    • 1月14日:東北方面隊が発足。
      • 第106固定通信大隊第359重無線隊が東北方面通信隊第105基地通信大隊第359基地通信隊に改編。
      • 第361福島分遣隊が東北方面警務隊第359福島分遣隊に改編。
    • 8月12日:第6施設大隊が第105施設大隊に称号変更。
  • 1963年(昭和38年)8月10日:第302ダンプ車両中隊が朝霞駐屯地から移駐。
  • 1970年(昭和45年)3月10日:第44普通科連隊が新編。
  • 1974年(昭和49年)3月26日:第105施設大隊が第11施設群に改編。
  • 1975年(昭和50年)3月26日:第105基地通信大隊第359基地通信隊が第315基地通信中隊福島派遣隊に改編。
  • 1983年(昭和58年)3月28日:第302ダンプ車両中隊が廃止。
  • 1999年(平成11年)3月29日:第11施設群が機能別中隊に改編。第312施設器材中隊廃止。
  • 2006年(平成18年)3月27日:部隊改編。
  1. 第11施設群第354施設中隊、第355施設中隊を廃止。第377施設中隊、第378施設中隊が新編。
  2. 東北方面後方支援隊第105施設直接支援大隊第2直接支援中隊福島派遣隊が新編。
  3. 第6後方支援連隊第2整備大隊第3普通科直接支援中隊が神町駐屯地から移駐。
  • 2008年(平成20年)3月26日:警務隊の改編により、第110地区警務隊福島派遣隊が第124地区警務隊福島派遣隊に改編。

駐屯部隊[編集]

第6師団隷下部隊[編集]

東北方面隊隷下部隊[編集]

防衛大臣直轄部隊[編集]

最寄の幹線交通[編集]

重要施設[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『波乱の半世紀 陸上自衛隊の50年』朝雲新聞社編集局、朝雲新聞社、2000年9月15日、251頁。ISBN 978-4750980157
  2. ^ 保安庁法施行令の一部を改正する政令(昭和28年政令第304号)”. 国立公文書館デジタルアーカイブ (1953年9月29日). 2017年3月5日閲覧。
  3. ^ 自衛隊法施行令(昭和29年政令第179号)”. 国立公文書館デジタルアーカイブ (1954年6月30日). 2016年6月19日閲覧。

外部リンク[編集]