祝園分屯地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

祝園分屯地(ほうそのぶんとんち、JGSDF Vice-Camp Hosono)は京都府相楽郡精華町大字北稲八間259に所在し、祝園弾薬支処が駐屯する陸上自衛隊宇治駐屯地の分屯地である。

概要[編集]

分屯地司令は祝園弾薬支処長が兼任。戦前戦中は東洋最大の弾薬庫として知られ、在日米軍も朝鮮戦争時にその機能を十分に活用するほどの規模であった。現在は施設全体の老朽化が著しく進行しており、分屯地周辺は大阪都市圏京都都市圏のベッドタウンと化している。関西文化学術研究都市内にある[1]

沿革[編集]

  • 1960年(昭和35年)12月9日:宇治駐屯地祝園分屯地として新設[2]
  • 2017年(平成29年)3月:中部方面後方支援隊隷下部隊として第303弾薬中隊が新編される。

駐屯部隊[編集]

中部方面隊隷下部隊[編集]

防衛大臣直轄部隊[編集]

最寄の幹線交通[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「関西文化学術研究都市」区域内に存在する祝園弾薬庫に関する質問主意書”. 参議院 (2009年2月6日). 2020年12月28日閲覧。
  2. ^ 『陸上自衛隊20年年表』朝雲新聞社編集局、朝雲新聞社、1971年9月20日、98頁。

外部リンク[編集]