京都府道22号八幡木津線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
主要地方道

京都府道22号案内標識

京都府道22号八幡木津線
起点 京都府八幡市御幸橋南詰
主な
経由都市
京田辺市
相楽郡精華町
終点 木津川市相楽台
接続する
主な道路
記法
京都府道13号京都守口線
Japanese National Route Sign 0001.svg国道1号
第二京阪道路
Japanese National Route Sign 0024.svg京奈和自動車道国道24号
Japanese National Route Sign 0307.svg国道307号
京都府道65号生駒井手線
京都府道71号枚方山城線
京都府道72号生駒精華線
Japanese National Route Sign 0163.svg国道163号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

京都府道22号八幡木津線(きょうとふどう22ごう やわたきづせん)は、京都府八幡市御幸橋南詰を起点に木津川市相楽台に至る主要地方道である。

概要[編集]

木津川左岸の町を結ぶ南山城の主要道である。同時に関西文化学術研究都市の東端を通過する重要な道路である。

道幅は全線で片側一車線であるが路肩の余裕がない箇所が多く、走行しやすい道路とは言えない。京田辺市内までは京奈和自動車道が並走している。また、バイパスとして山手幹線の建設が進められており、部分的に供用されている。

かつての終点は木津川市相楽で、現道から木津川市吐師で分岐し近鉄京都線のガード下を潜り国道163号へ接続する地点であった。

沿革[編集]

  • 1967年 - 舗装工事完了[1]
  • 2017年4月1日 - 国道307号交点(京田辺市役所東交差点)-京都府道65号生駒井手線交点(二又交差点)間の旧道を京田辺市に移管[2]

路線状況[編集]

バイパス[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

接続道路[編集]

現道

交差する道路 交差する場所 備考 重複路線
京都府道13号京都守口線 京都府 八幡市 (八幡科手) 京都府道735号長尾八幡線
京都府道801号京都八幡木津自転車道線 (八幡科手)
京都府道735号長尾八幡線 三本橋 南からの接続
国道1号〔京阪国道 - 枚方バイパス 八幡下奈良
京都府道281号八幡城陽線 (上奈良奈良里) 西からの接続
京都府道281号八幡城陽線
第二京阪道路国道1号〕(一般部) 八幡上津屋
京都府道281号八幡城陽線 浜上津屋 東からの接続
京都府道282号内里城陽線 西玉造 西からの接続
京都府道282号内里城陽線
京都府道282号内里城陽線 (上津屋里垣内) 東からの接続
京都府道251号富野荘八幡線 京田辺市 大住工業団地北 西からの接続
京都府道251号富野荘八幡線
京奈和自動車道国道24号田辺北IC(城陽IC方面) (大住中島)
京奈和自動車道〔国道24号〕田辺北IC(木津IC方面) (大住片岸)
京都府道251号富野荘八幡線 (大住長谷折) 東からの接続
国道307号 京田辺市役所東
(この間、京田辺市道) 2017年4月1日移管
京都府道65号生駒井手線 京都府 京田辺市 二又
京都府道71号枚方山城線 精華町 (下狛井堀) 立体交差
京都府道72号生駒精華線(旧道) (精華西1丁目)
山手幹線〔京都府道22号八幡木津線(バイパス)〕 木津川市 (吐師宮ノ前) 北西からの接続
京都府道326号けいはんな記念公園木津線 西からの接続
国道163号〔清滝街道〕 (山田中島) 立体交差(旧道経由での接続)
京奈和自動車道〔国道24号〕山田川IC (相楽台3丁目) 側道経由での接続
京都府道327号相楽台相楽線 相楽台 東からの接続
京都府道328号相楽台桜が丘線 西からの接続

バイパス

山手幹線の区間についてはそちらを参照。

交差する道路 交差する場所 備考
国道1号〔京阪国道 - 枚方バイパス 京都府 八幡市 (下奈良蜻蛉尻筋) 枚方バイパス大阪方面からの進入、枚方バイパス京都方面への進入は不可
京都府道281号八幡城陽線 (内里蜻蛉尻)
第二京阪道路国道1号〕(専用部)八幡東IC 八幡内里東 京都方面出入口
第二京阪道路〔国道1号〕(一般部)

※ 交差する場所の括弧書きは地名、それ以外は交差点名で表示

奈良県道・京都府道65号生駒井手線との交差点との標識
京都府京田辺市三山木字田中で撮影

沿線[編集]

京都府京田辺市三山木字田中で撮影

脚注[編集]

  1. ^ 田辺町史編さん委員会「田辺町史」,1968年12月1日
  2. ^ 京田辺市広報誌「広報ほっと京たなべ」805号,2017年3月15日

関連項目[編集]