近鉄宮津駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
近鉄宮津駅
駅出入口
駅出入口
きんてつ みやづ
Kintetsu-Miyazu
B18 三山木 (0.7km)
(1.3km) 狛田 B20
所在地 京都府京田辺市宮津灰崎3-1
駅番号  B19 
所属事業者 社章近畿日本鉄道(近鉄)
所属路線 B 京都線
キロ程 23.1km(京都起点)
電報略号 ミヤツ
駅構造 地上駅(盛土上)
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
390人/日
-2015年11月10日-
開業年月日 1993年平成5年)3月18日
テンプレートを表示

近鉄宮津駅(きんてつみやづえき)は、京都府京田辺市宮津灰崎にある、近畿日本鉄道(近鉄)京都線。駅番号はB19[1]。京田辺市最南端の鉄道駅である。

同じ京都府内にある宮津駅京都丹後鉄道)との混同を避けるため、「近鉄」の冠称が付けられた。

歴史[編集]

地域住民の利便性向上のため、綴喜郡田辺町(現・京田辺市)の要望を受けて1993年9月に設置された[2]。駅に隣接する宮津車庫は、車両増備による輸送力強化を目的として当駅の開業に先立つ同年3月に開設された[2]

駅構造[編集]

通過線2本の間に島式1面2線のホームを持つ盛土上の地上駅。改札口は1ヶ所のみ。自動改札機は東芝製を設置。赤い自動改札機(EG-2000)は出場時2枚一括処理、PiTaPaICOCAに対応している。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
2 B 京都線 下り 新祝園大和西大寺奈良天理橿原神宮前吉野大阪難波方面
3 B 京都線 上り 新田辺丹波橋京都京都国際会館方面
  • 1番線と4番線はホームがない通過線のため、ホームとしては欠番となっている。通過線が主本線で、停車列車が入る2番線と3番線は副本線に当たる。

利用状況[編集]

近年における当駅の1日乗降人員の調査結果は以下の通りで、近鉄京都線では最も利用客が少ない[5]

  • 2015年11月10日:390人
  • 2012年11月13日:404人
  • 2010年11月9日:431人
  • 2008年11月18日:492人
  • 2005年11月8日:506人
  • 2003年11月11日:588人

特徴[編集]

開業と同時に待避線が設けられ弾力的なダイヤ設定が可能となった。 京都発当駅止の急行が平日2本(さらに臨時1本)、土休日1本あり、この列車は新田辺から当駅まで各駅に停車する(近鉄京都線#急行を参照)。その他の急行は通過。

1日1本早朝時間帯に当駅発京都市営地下鉄烏丸線直通、国際会館行き各駅停車が運転されている(国際会館発の列車は存在しない)。 また、夕方には同志社大学京田辺キャンパスの下校客に対応するため、当駅発新田辺行き各駅停車が臨時運転される(一部は新田辺から京都行き準急や国際会館行き各駅停車へ変更する)。

志摩線複線化工事の進捗および1993年(平成5年)10月の伊勢神宮式年遷宮の輸送対応と合わせて開業日の1993年(平成5年)9月21日に主要線区でダイヤ変更が実施された。近鉄では規模の大小に関わらず毎年3月にほぼ全線にわたってダイヤ変更が実施されているが、1993年(平成5年)は2度にわたって主要線区でダイヤ変更が実施されたことになる。1988年からの近畿日本鉄道ダイヤ変更も参照。

冬季を中心に、通過列車の待避中に車内温度維持のため、乗降用扉が一旦閉められることがある。

駅周辺[編集]

駅西側に西大寺検車区宮津車庫がある。夜間の車両留置が大半で日中はほとんど使われていない。京都線の車庫だが、奈良線の朝ラッシュ快速急行用の10連に組まれた編成が留置され、早朝に10連のまま大和西大寺・奈良まで回送する。

路線バス[編集]

駅から西へ200mの府道22号線上に奈良交通江津停留所が設置されている。だが、73系統・三山木駅行きが同志社大学開校日の土曜午前に1便運行されているのみ。

隣の駅[編集]

近畿日本鉄道
B 京都線
急行(下記以外の列車)
通過
急行(京都発当駅止のみ)
三山木駅 (B18) → 近鉄宮津駅 (B19)
普通
三山木駅 (B18) - 近鉄宮津駅 (B19) - 狛田駅 (B20)
  • 括弧内は駅番号を示している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “駅ナンバリングを全線で実施します” (pdf) (プレスリリース), 近畿日本鉄道, (2015年8月19日), http://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/hpyouu.pdf 2016年2月25日閲覧。 
  2. ^ a b 近畿日本鉄道株式会社 『近畿日本鉄道 100年のあゆみ』 近畿日本鉄道、2010年12月、439-440頁。全国書誌番号:21906373
  3. ^ 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 大手私鉄』3号 近畿日本鉄道 2、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年8月29日、12-13頁。ISBN 978-4-02-340133-4
  4. ^ “平成19年4月1日から、近鉄主要路線でICカードの利用が可能になります” (pdf) (プレスリリース), 近畿日本鉄道, (2007年1月30日), http://www.kintetsu.jp/news/files/iccard20070130.pdf 2016年2月25日閲覧。 
  5. ^ 駅別乗降人員 京都線 - 近畿日本鉄道

関連項目[編集]

外部リンク[編集]