新祝園駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
新祝園駅
駅舎
駅舎
しんほうその - Shin-Hosono
B20 狛田 (2.3km)
(1.5km) 木津川台 B22
所在地 京都府相楽郡精華町大字祝園小字長塚13-1
駅番号  B21 
所属事業者 近畿日本鉄道(近鉄)
所属路線 B 京都線
キロ程 26.7km(京都起点)
電報略号 ホソノ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面4線
乗降人員
-統計年度-
12,936人/日
-2012年11月13日-
開業年月日 1928年昭和3年)11月3日
乗換 祝園駅JR学研都市線
テンプレートを表示

新祝園駅
配線図

狛田駅

4 3 2 1


ENDEa STRg STRf
STR+c2 ABZg3 ABZg2 STRc3
STRc2 ABZ3+1g STR+c4 STR+c1 STR2+4 STRc3
STR+1 STRc4 STR STR STRc1 STR+4
STR+BSl BS STR+BSr STR+BSl BS STR+BSr
STR+BSl BS STR+BSr STR+BSl BS STR+BSr
STR+BSl BS STR+BSr STR+BSl BS STR+BSr
STR2 STRc3 STR STR STRc2 STR3
STRc1 STR2+4 STR+c3 STR+c2 STR3+1 STRc4
STRc1 ABZg+4 ABZg+1 STRc4
STRg STRf

木津川台駅

新祝園駅(しんほうそのえき)は、京都府相楽郡精華町大字祝園小字長塚にある、近畿日本鉄道(近鉄)京都線。駅番号はB21[1]

関西文化学術研究都市の中心的な駅の1つである。

当駅からの接続路線[編集]

当駅西側に隣接しており、連絡通路で繋がっている。当駅の他にも学研都市線の駅が近接する駅がいくつかあるが、車掌による放送で乗換駅としてアナウンスされているのは当駅のみである。

当駅までけいはんな線を延伸する構想があるが、高の原駅に延伸する計画もあり、まだはっきりとしていない(将来のリニア新幹線駅との兼ね合いもあるため)。

歴史[編集]

当初は準急(1994年に消滅)と普通しか停車しなかったが、2000年平成12年)のダイヤ改正以降急行も停車するようになった。

駅構造[編集]

島式ホーム2面4線を持つ地上駅で、橋上駅舎を有している。ホーム有効長は6両編成分である。外側の線路が待避用になる。改札口は1か所のみで、駅舎の出入口は東西両方に設けられている。

待避線は、1996年(平成8年)3月に完成。それまでは、2面2線であった。

自動改札機東芝製が設置されている。赤い自動改札機 (EG-2000) は出場時2枚一括処理、PiTaPaICOCAに対応する。

定期券特急券の発売は行われていない(予約発売もなし)。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1・2 B 京都線 下り 高の原大和西大寺奈良天理橿原神宮前吉野大阪難波方面
3・4 B 京都線 上り 新田辺丹波橋京都京都国際会館方面

両ホームとも、京都側2両は屋根がないので雨天時は待つ人が少ない。近鉄京都線は、起終点駅である京都駅の構造上、京都側の車両が混雑するので雨天時はその混雑が少しは解消される。

  • 構内の方面表記では上記のように記載されているが、下り列車は最遠で橿原神宮前駅・近鉄奈良駅・天理駅までの運転であり、吉野駅へは橿原神宮前駅にて吉野線の列車に、大阪難波駅へは大和西大寺駅にて奈良線の列車に、それぞれ乗り継ぐことになる。
  • 内側2線(2番線と3番線)が主本線、外側2線(1番線と4番線)が待避線である。

利用状況[編集]

近年における1日乗降人員は以下の通り。

  • 2005年11月8日:11,535人
  • 2008年11月18日:12,251人
  • 2010年11月9日:12,418人[4]
  • 2012年11月13日:12,936人

駅周辺[編集]

バス[編集]

奈良交通が運行。

隣の駅[編集]

近畿日本鉄道
B 京都線
急行
新田辺駅 (B16) - 新祝園駅 (B21) - 高の原駅 (B24)
普通
狛田駅 (B20) - 新祝園駅 (B21) - 木津川台駅 (B22)
  • 括弧内は駅番号を示している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “駅ナンバリングを全線で実施します” (pdf) (プレスリリース), 近畿日本鉄道, (2015年8月19日), http://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/hpyouu.pdf 2016年2月25日閲覧。 
  2. ^ a b 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 大手私鉄』3号 近畿日本鉄道 2、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年8月29日、12-13頁。ISBN 978-4-02-340133-4
  3. ^ “平成19年4月1日から、近鉄主要路線でICカードの利用が可能になります” (pdf) (プレスリリース), 近畿日本鉄道, (2007年1月30日), http://www.kintetsu.jp/news/files/iccard20070130.pdf 2016年2月25日閲覧。 
  4. ^ 駅別乗降人員 京都線 - 近畿日本鉄道

関連項目[編集]

外部リンク[編集]