三山木駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三山木駅
三山木駅
三山木駅
みやまき
Miyamaki
B17 興戸 (1.3km)
(0.7km) 近鉄宮津 B19
所在地 京都府京田辺市三山木高飛2-6
駅番号  B18 
所属事業者 社章近畿日本鉄道(近鉄)
所属路線 B 京都線
キロ程 22.4km(京都起点)
電報略号 ミヤマ
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
4,441人/日
-2015年11月10日-
開業年月日 1928年昭和3年)11月3日
乗換 JR三山木駅片町線
テンプレートを表示

三山木駅
配線図

興戸駅

STRg STRf
STR+BSr STR+BSl
STR+BSr STR+BSl
STRg STRf

近鉄宮津駅

三山木駅(みやまきえき)は、京都府京田辺市三山木高飛にある、近畿日本鉄道(近鉄)京都線。駅番号はB18[1]

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式2面2線のホームを持つ高架駅。ホーム有効長は6両。改札口は1ヶ所のみ。かつての地上駅時代には、方向別に改札口が存在していた。

自動改札機は出場時2枚一括処理、PiTaPaICOCAに対応する。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 B 京都線 下り 新祝園大和西大寺奈良天理橿原神宮前吉野大阪難波方面
2 B 京都線 上り 新田辺丹波橋京都京都国際会館方面

利用状況[編集]

近年における当駅の1日の乗降人員は以下の通り[6]

年度 特定日 1日平均
乗降人員
出典
調査日 乗降人員
2000年(平成12年) - 7,060 [7]
2001年(平成13年) - 6,693 [7]
2002年(平成14年) - 6,127 [7]
2003年(平成15年) - 5,734 [8]
2004年(平成16年) - 5,327 [9]
2005年(平成17年) 11月08日 3,610 5,016 [10]
2006年(平成18年) - 4,782 [11]
2007年(平成19年) - 5,365 [12]
2008年(平成20年) 11月18日 4,076 6,276 [13]
2009年(平成21年) - 6,334 [14]
2010年(平成22年) 11月09日 4,073 6,537 [15]
2011年(平成23年) - 6,560 [16]
2012年(平成24年) 11月13日 4,294 6,580 [17]
2013年(平成25年) - 5,480 [18]
2014年(平成26年) - 5,529 [19]
2015年(平成27年) 11月10日 4,441 5,822 [20]

駅周辺[編集]

駅前のバスターミナルからは、同志社京田辺キャンパス(同志社大学同志社女子大学同志社国際中学校・高等学校)方面へのバスの発着が多い。同志社京田辺キャンパスへはJR同志社前駅近鉄興戸駅が近いが、その両駅にはバスが乗り入れていない。そのため、奈良交通は近鉄三山木駅と片町線(学研都市線)JR三山木駅を同志社へのバスの玄関口として位置づけ、バス利用の促進のために同志社の学生・教職員を対象とした特別の割引回数券を販売している。

バス[編集]

奈良交通
  • 1・2番のりば
    • 100系統:同志社大学デイヴィス記念館(同志社国際中・高校→同志社大正門→同志社大理工学部経由)  ※登校時間帯以外は1時間に1 - 2便の運行
    • 99系統:〔急行〕同志社循環(同志社国際中・高校→同志社大正門→同志社女子大正門→三山木駅)(開講日のみ運行)
  • 3番のりば
    • 91系統:高船(普賢寺・水取・打田経由)  ※1日2往復のみ
    • 90系統:水取(普賢寺経由)  ※1日4往復のみ
    • 50系統:同志社山手循環  ※概ね30分間隔で運行
  • 4番のりば
    • 1系統:東部循環外回り・新田辺駅(興戸・京田辺市役所・京田辺駅経由)  ※1日3便のみ
    • 2系統:東部循環内回り・新田辺駅(飯岡・草内郵便局前・京田辺駅経由)  ※1日3便のみ

同志社大学と同志社山手中央方面以外は本数が僅少であるため、注意されたい。

特徴[編集]

この駅には折り返し設備待避線も無いにもかかわらず、近鉄電車の奈良線系統の方向幕には「急行|三山木」や「準急|三山木」などが装備されていた。これは、西大寺方に隣接する近鉄宮津駅が宮津車庫設置当初は信号場扱い(三山木信号所)であったことによる措置だが、ほどなくして同信号場は駅へ昇格し、2006年(平成18年)3月のダイヤ改正で奈良線に区間準急が登場した事による方向幕追加の必要も生じたため、この2つの幕は消滅した。また、それ以外にも「急行|(大和)西大寺 この車両三山木まで」や「準急|奈良 この車両三山木まで」などの切り離しの方向幕も装備されている。しかし当然、そのような運用は現在は1本も無い。ただし過去に新田辺発三山木行きの臨時普通が走っていた。

同志社大学・同志社女子大学開校日には臨時運転が実施される。 朝は京都発新田辺行き急行1本が宮津行き急行に延長される(9:59発)。 夕方は近鉄宮津発新田辺行き各駅停車が運転される(15:20、16:25、16:40、16:54、18:25発)。 一部は新田辺から京都行き準急や国際会館行き各駅停車へ変更され運転される。

また、2005年(平成17年)の高架化に合わせて、1段式の列車案内装置(単色LED)が両ホームに設置され、自動放送も詳細化された。列車案内装置自体は奈良線八戸ノ里駅とほぼ同タイプである。

隣の駅[編集]

近畿日本鉄道
B 京都線
急行(下記以外の列車)
通過
急行(京都発近鉄宮津行き)・普通
興戸駅 (B17) - 三山木駅 (B18) - 近鉄宮津駅 (B19)
  • 括弧内は駅番号を示している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “駅ナンバリングを全線で実施します” (pdf) (プレスリリース), 近畿日本鉄道, (2015年8月19日), http://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/hpyouu.pdf 2016年2月25日閲覧。 
  2. ^ a b 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 大手私鉄』3号 近畿日本鉄道 2、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年8月29日、12-13頁。ISBN 978-4-02-340133-4
  3. ^ 「鉄道記録帳」、『RAIL FAN』第51巻第10号、鉄道友の会、2004年10月号、 27頁。
  4. ^ 近畿日本鉄道株式会社 『近畿日本鉄道 100年のあゆみ』 近畿日本鉄道、2010年12月、496・882頁。全国書誌番号:21906373
  5. ^ “平成19年4月1日から、近鉄主要路線でICカードの利用が可能になります” (pdf) (プレスリリース), 近畿日本鉄道, (2007年1月30日), http://www.kintetsu.jp/news/files/iccard20070130.pdf 2016年2月25日閲覧。 
  6. ^ 駅別乗降人員 京都線 - 近畿日本鉄道
  7. ^ a b c 平成15年版京田辺市統計書 (PDF)
  8. ^ 平成16年版京田辺市統計書 (PDF)
  9. ^ 平成17年版京田辺市統計書 (PDF)
  10. ^ 平成18年版京田辺市統計書 (PDF)
  11. ^ 平成19年版京田辺市統計書 (PDF)
  12. ^ 平成20年版京田辺市統計書 (PDF)
  13. ^ 平成21年版京田辺市統計書 (PDF)
  14. ^ 平成22年版京田辺市統計書 (PDF)
  15. ^ 平成23年版京田辺市統計書 (PDF)
  16. ^ 平成24年版京田辺市統計書 (PDF)
  17. ^ 平成25年版京田辺市統計書 (PDF)
  18. ^ 平成26年版京田辺市統計書 (PDF)
  19. ^ 平成27年版京田辺市統計書 (PDF)
  20. ^ 平成28年版京田辺市統計書 (PDF)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]