奈良県道・京都府道65号生駒井手線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
主要地方道
Nara Pref Route No.65 Sign.svg
Kyoto Pref Route No.65 Sign.svg
奈良県道65号 生駒井手線
京都府道65号 生駒井手線
主要地方道 生駒井手線
制定年 1959年12月
起点 奈良県生駒市高山町【地図
主な
経由都市
京都府相楽郡精華町
京田辺市
終点 京都府綴喜郡井手町井手【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese Route Sign Number 7.svg
都道府県道7号標識
奈良県道7号枚方大和郡山線
Japanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
都道府県道72号標識
奈良県道72号生駒精華線
Japanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
都道府県道71号標識
京都府道71号枚方山城線
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
都道府県道22号標識
京都府道22号八幡木津線
Japanese National Route Sign 0024.svg 国道24号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

奈良県道・京都府道65号生駒井手線(ならけんどう・きょうとふどう65ごう いこまいでせん)は、奈良県生駒市を起点に京都府綴喜郡井手町に至る府県道主要地方道)である。

概要[編集]

生駒市高山町で奈良県道7号枚方大和郡山線から分岐する。そのまま北東に進み、生駒市精華町京田辺市の境界附近に至る。鳥谷池の北側で京都府道72号生駒精華線をかすめるように通り、進路を北に変える。京田辺市打田附近は峠道であり、異常気象時通行規制区間に指定されている。打田からは普賢寺川に沿って走る。京田辺市普賢寺からほぼ平地となる。普賢寺で京奈和自動車道の下をくぐるがインターチェンジは設けられていない。京田辺市三山木でJR学研都市線近鉄京都線の高架下を通る。玉水橋木津川を渡って、井手町に至る。

路線データ[編集]

歴史[編集]

  • 1959年(昭和34年)12月 - 一般府道95号東畑井手線として認定[要出典]
  • 1982年(昭和57年)7月 - 建設省から主要地方道生駒井手線に指定される。奈良県道45号・京都府道65号となる。[要出典]
  • 1993年平成5年)5月11日 - 建設省から、府県道生駒井手線が生駒井手線として主要地方道に再指定される[1]
  • 1994年(平成6年)4月 - 奈良県道も65号に番号統一。[要出典]
  • 2003年(平成15年)12月6日 - 旧玉水橋の南隣に現・3代目玉水橋が開通。[要出典]

路線状況[編集]

京都府京田辺市打田付近では異常気象時通行規制区間に指定されている
京都府京田辺市打田字中山口で撮影

重複区間[編集]

地理[編集]

京都府京田辺市打田付近ではこのような峠道が続く
京都府京田辺市打田字中山口で撮影

通過する自治体[編集]

主な接続路線[編集]

交差する道路 交差する場所 備考
奈良県道7号枚方大和郡山線 奈良県 生駒市 (高山町)
奈良県道72号生駒精華線 京都府 相楽郡 精華町 (東畑)
京都府道71号枚方山城線 京田辺市 (水取車谷) ※ここから京田辺市水取地蔵講まで府道71号と重複
京都府道71号枚方山城線 (水取地蔵講)
京都府道22号八幡木津線 山手幹線 同志社南
京都府道22号八幡木津線 二又
国道24号 綴喜郡 井手町 (井手)

※ 交差する場所の括弧書きは地名、それ以外は交差点名で表示

沿線にある施設など[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目[編集]