木津川台駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
木津川台駅
駅舎遠景(手前の線路はJR片町線)
駅舎遠景(手前の線路はJR片町線)
きづがわだい - Kizugawadai
B21 新祝園 (1.5km)
(1.0km) 山田川 B23
所在地 京都府木津川市吐師高樋10-2
駅番号  B22 
所属事業者 近畿日本鉄道(近鉄)
所属路線 B 京都線
キロ程 28.2km(京都起点)
電報略号 キツカ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
2,182人/日
-2012年11月13日-
開業年月日 1994年平成6年)9月21日
テンプレートを表示

木津川台駅
配線図

新祝園駅

2 1


STRg STRf
STR+BSr STR+BSl
STR+BSr STR+BSl
STRg STRf

山田川駅

木津川台駅(きづがわだいえき)は、京都府木津川市吐師高樋にある、近畿日本鉄道(近鉄)京都線。駅番号はB22[1]

西側の丘陵上にある木津川台住宅地の開設に伴い、地域住民や関西文化学術研究都市関係者の便益のために設置された[2]。京都線内では一番新しい駅である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を持つ地上駅橋上駅舎を有する。普通列車しか停車しないが、6両編成に対応している。出入口は東西双方にある。改札口は1ヶ所のみ。

なお自動改札機は東芝製が設置されている。赤い自動改札機(EG-2000)は出場時2枚一括処理、PiTaPaICOCAに対応する。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 B 京都線 下り 高の原大和西大寺奈良天理橿原神宮前吉野大阪難波方面
2 B 京都線 上り 新祝園丹波橋京都京都国際会館方面
  • 構内の方面表記では上記のように記載されているが、下り列車は最遠で橿原神宮前駅・近鉄奈良駅・天理駅までの運転であり、吉野駅へは橿原神宮前駅にて吉野線の列車に、大阪難波駅へは大和西大寺駅にて奈良線の列車に、それぞれ乗り継ぐことになる。また、上り列車は京都国際会館方面へは最低1回は乗り換える必要がある。

利用状況[編集]

近年における一日乗降人員は以下の通り。

  • 2005年11月8日:2,136人
  • 2008年11月18日:2,279人
  • 2010年11月9日:2,105人
  • 2012年11月13日:2,182人

駅周辺[編集]

付近には田畑が目立ち、駅前広場には小さな車寄せがある程度。駅に直接接続する道路は狭く、自動車での駅前へ乗り入れには向いていない。駅前から住宅地方面へのバスもない(バスを利用する場合は山田川駅からの利用がよい)。

西側の直近に平行して片町線が通っていることもあり、住宅地方面へ直接向かう道は細く、川沿いを通って片町線の下をくぐり向かうことになる。なお、片町線に同様の駅は設けられていない。

新しく開かれた街に新設された駅であり、周囲からは駅舎がよく目立つ。

隣の駅[編集]

近畿日本鉄道
B 京都線
急行
通過
普通
新祝園駅 (B21) - 木津川台駅 (B22) - 山田川駅 (B23)
  • 括弧内は駅番号を示す。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “駅ナンバリングを全線で実施します” (pdf) (プレスリリース), 近畿日本鉄道, (2015年8月19日), http://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/hpyouu.pdf 2016年2月25日閲覧。 
  2. ^ 近畿日本鉄道株式会社 『近畿日本鉄道 100年のあゆみ』 近畿日本鉄道、2010年12月、440頁。全国書誌番号:21906373
  3. ^ 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 大手私鉄』3号 近畿日本鉄道 2、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年8月29日、12-13頁。ISBN 978-4-02-340133-4
  4. ^ “平成19年4月1日から、近鉄主要路線でICカードの利用が可能になります” (pdf) (プレスリリース), 近畿日本鉄道, (2007年1月30日), http://www.kintetsu.jp/news/files/iccard20070130.pdf 2016年2月25日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]