京奈和自動車道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
一般国道自動車専用道路(B)

京奈和自動車道
国道24号標識

京奈和自動車道
制定年 1973年
開通年 1988年以降、順次
起点 京都府京都市
主な
経由都市
京都府城陽市
奈良県奈良市(予定)
奈良県橿原市
和歌山県橋本市
終点 和歌山県和歌山市
接続する
主な道路
記法
新名神高速道路(予定)
西名阪自動車道
阪和自動車道(予定)
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

京奈和自動車道(けいなわじどうしゃどう、英称: KEINAWA EXPRESSWAY )は、京都府京都市を起点とし、奈良県から西に抜けて和歌山県和歌山市に至る延長約120km国土交通大臣指定に基づく高規格幹線道路(一般国道の自動車専用道路)

概説[編集]

近畿地方の事業中道路図(北東-南西をつなぐ環状道路が京奈和道)

以下の8つの道路が、京奈和自動車道を構成する。

  • 京奈北道路(京滋バイパス - 城陽JCT・IC間)
  • 京奈道路(城陽JCT・IC - 木津IC間)
  • 大和北道路(木津IC - 郡山下ツ道JCT間)
  • 大和御所道路(郡山下ツ道JCT - 五條北IC間)
  • 五條道路(五條北IC - 奈良県・和歌山県境間)
  • 橋本道路(奈良県・和歌山県境 - 高野口IC間)
  • 紀北東道路(高野口IC - 紀の川IC間)
  • 紀北西道路(紀の川IC - 和歌山JCT間)

一般国道24号バイパス事業で建設される。

1992年(平成4年)4月3日に公布された一般国道改正では、高規格幹線道路(一般国道のバイパス事業で建設される設計速度80 - 100km/h自動車専用道路)の国道番号がいくつか制定された(例:一般国道468号首都圏中央連絡自動車道一般国道478号京都縦貫自動車道など)が、京奈和道には400番台の独自番号は割り当てられなかった。

一般国道24号京奈和自動車道は、新名神高速道路山陽自動車道神戸淡路鳴門自動車道紀淡連絡道路とともに関西圏の外側を結んだ環状道路として、各都市の連絡を強化し、1周約300kmの関西圏の大環状道路を形成する。

8つの道路が一本の路線となるため、計8路線についてまとめて記す。

各区間概要[編集]

京奈北道路[編集]

現在、京都市 - 城陽市の京奈北道路区間については城陽市を東西に通る高速自動車国道新名神高速道路の整備建設計画があり、また西側に2003年に開通した第二京阪道路が並行しているため、計画区間である。同区間は国道24号大久保バイパスで接続されているほか、2016年度の完成予定で城陽JCTから新名神高速道路を経由して第二京阪道路八幡JCTへ乗り継ぐで代替されることになる。

京奈道路[編集]

京奈道路(けいなどうろ)は、京都府城陽市から同府木津川市に至る全長17.0kmの道路である。愛称は建設時にブナ科の木が植樹されたことからどんぐり街道[1][2]

京奈和自動車道初の全線開通区間で、ほぼ全線にわたってJR片町線(学研都市線)・近鉄京都線と並行し、これらの鉄道より西側(山寄り)を通過している。関西文化学術研究都市の東部を南北に走り、起点の城陽ICで国道24号大久保バイパスに、終点の木津ICでは国道24号奈良バイパスに接続している。

2013年現在、他の高速道路とは接続しておらず、乗り継ぐ場合は一般道路を経由する必要がある。

奈良県の県庁所在地である奈良市には高速自動車国道が全く通っていないが、この道路や第二阪奈有料道路を利用することで、名神高速道路(京滋バイパス経由)や近畿自動車道へ比較的短時間でアクセスできる。

事業概要[編集]

  • 起点:京都府城陽市寺田(城陽JCT/IC
  • 終点:京都府木津川市市坂(木津IC
  • 延長:17.0km
  • 規格:第1種第3級
  • 設計速度:80km/h
  • 最高速度:城陽IC-田辺北IC:60km/h、田辺北IC-木津IC:70km/h
  • 車線数:城陽IC-田辺北IC:4車線、田辺北IC-木津IC:暫定2車線対面通行
  • 道路幅員:22.0m
  • 車線幅員:3.5m

料金・ETC[編集]

京奈和自動車道で現在供用中の区間のうち、この道路のみが有料道路である。区間制料金で、全線利用時の普通車料金は720円(消費税8%込時)、軽自動車等は560円(税8%込時)。

山田川ICをまたぐ利用(精華学研以北の各インターチェンジと木津IC相互間)の場合、全区間の料金を一度に精算することができない。全線利用では、本線料金所(下り:精華下狛、上り:田辺西)で城陽IC - 山田川IC間の料金(普通車620円(税8%込時)、軽自動車等460円(税8%込時))を、木津料金所で山田川IC - 木津IC間の料金(普通車・軽自動車とも100円(税8%込時))をそれぞれ支払うことになる。

ETCは、2008年平成20年)3月31日に運用が開始された。この時点でETCレーンが設置されたのは、田辺西料金所の木津方面入口、精華下狛料金所の城陽方面入口、木津料金所および本線料金所であり、それぞれ1レーンのみであった[3]。その後、2013年4月までに全料金所で整備され、本線料金所では増設が行われた[4]

ETC時間帯割引は、2009年3月28日から実施している。内容は高速自動車国道の地方部区間と同じ。ただし、休日特別割引については、5割引後の料金が1,000円未満であり、かつ、他の道路との乗継特例が設定されていないため、5割引のみとなる。

なお、通勤割引については、次の連続利用の場合は適用回数を合わせて1回とする特例が設けられている(2009年〈平成21年〉7月7日までの平日昼間割引も同様)。

  • この道路を途中流出せず連続利用
  • 城陽IC - 京滋バイパス 巨椋IC・久御山IC の乗り継ぎ
  • 田辺北IC - 第二京阪道路 八幡東IC の乗り継ぎ
  • 田辺西IC - 第二京阪道路 枚方東IC の乗り継ぎ

参考(NEXCO西日本)

自動車専用道路でない区間[編集]

城陽IC - 田辺北IC間の新木津川橋は、(2012年1月時点で唯一京都府道22号八幡木津線大久保バイパス間を直通可能、という点で)生活道路としても重要な役割を果たしているため、案内標識こそ緑色だが自動車専用道路には指定されていない。歩行者と自転車は通行禁止だが、本線車道の両端に自転車・歩行者専用道が合わせて2本ずつ併設されている。小型バイク原付は本区間の車道を走行できる。そのため、この区間に限り、制限速度は60km/hとなっている。また、駐停車禁止の標識がある。

なお、2017年3月頃までに本線車道と自転車・歩行者専用道の間に小型バイク・原付専用道が新設される予定である[5]

この区間の通行料金は、普通車・軽自動車等とも100円(税8%込時)の特定料金としている(原付・自転車は10円)。このため100円橋とも称される。

大和北道路[編集]

大和北道路(やまときたどうろ)は、奈良県奈良市から同県大和郡山市に至る全長12.4kmの道路である。

2008年(平成20年)3月13日に奈良IC-郡山下ツ道JCTの区間(6.3km)の高架構造での新規事業化が決定した[6]が、残りの区間(木津IC-奈良IC間)は調査中である。

事業概要[編集]

  • 起点:奈良県奈良市歌姫町(木津IC
  • 終点:奈良県大和郡山市横田町(郡山下ツ道JCT
  • 延長:約12.4km
  • 規格:第1種第3級
  • 設計速度:80km/h
  • 車線数:4車線
  • 道路幅員:-
  • 車線幅員:3.5m

計画の問題点[編集]

大和北道路の区間については、ユネスコ世界遺産でもある平城宮跡地下を通過する計画案であったが、地下水によって保存されている木簡に深刻な影響が出ることが懸念され、平城宮跡直下をトンネルで建設する案は白紙となった。2005年9月初旬、国土交通省はルートを平城宮跡の約1km側にずらすという最終案を固めた。最終案では、奈良市平城ニュータウン付近から新大宮駅付近を通過して奈良市八条まで至る約5kmをトンネルにすることが提示されており、高架道路ではなくトンネルにすることで景観に配慮したとなっている。しかし、トンネルの出入り口では工法上、掘り割りによって地下水脈を分断する可能性が指摘される。並行するトンネル同士は規定の間隔が必要になるため、北行きのトンネルはウワナベ古墳の濠の直下もしくは水際に来ることになり、危険物運搬車両の通行を禁じる規制を有する水面下トンネルになるとされる。また、排気ガスをトンネル両端から集中して排出することになるため、周辺の住宅地や観光資源、文化財へ与える影響も無視できない。北の換気塔の高さ風致地区(第一種)内の規制に合わせた8mになるが、付近の住宅地は換気塔よりも高いため、排煙をそのまま受ける可能性が示唆される。

の換気塔の高さは30m、大安寺のすぐ西とされている(付近の高さ規制は15m)。八条付近(大安寺)は未発掘地域が多く、木簡も多数埋蔵している可能性が指摘される。ちなみに、トンネル案の推定工費は3100億と発表されている。なお、有識者委員は複数の別案も提示しており、上記問題を回避した案の工費は1600億円と試算している。

この区間については、現在の国道24号(奈良バイパス)の建設時、平城宮跡があるため、当初の予定ルートから東に迂回させた経緯があるが、平城宮跡のすぐ南東側を奈良バイパスの奈良高架橋が走っている。また、JR奈良駅と駅周辺の路線が高架化され、景観のためだけに地下化するというのは矛盾する部分がある(更に平城宮跡内を横切る近鉄奈良線と新大宮駅を地下化する計画もある)。

「大和北道路有識者委員会」の提言では、奈良市中心部を地下構造で通過する案が提言された。通過地域は、全線を国道24号に沿う/国道24号 + 西九条佐保線に沿うの2案が推奨された。

大和御所道路[編集]

大和御所道路(やまとごせどうろ)は、奈良県大和郡山市から同県五條市に至る現在建設中の全長27.2kmの道路である。郡山下ツ道JCT-橿原高田ICを大和区間(13.8km)、橿原高田IC-五條北ICを御所区間(13.4km)に区分して事業が進められている。 郡山下ツ道JCT-橿原高田IC間(大和区間)は国道24号橿原バイパスと並行する。郡山南IC-橿原北IC間の状況は、ならこく(奈良国道事務所:下記リンク先)にてカメラ確認できる。

2004年(平成16年)3月30日橿原市曽我町-新堂町間の一般部(平面部)区間(1.4km)が初めて開通(その北5.7kmは橿原バイパスとして開通済)。2006年(平成18年)4月15日に郡山南IC-橿原北IC間 (7.8km)が開通。この開通により、京奈道路木津ICから橿原市内まで、南北に4車線の道路が開通することとなった。

2012年(平成24年)3月25日に橿原高田IC-御所IC (3.7km)が暫定2車線で開通。

2015年(平成27年)3月21日に御所IC-御所南IC (2.5km)が暫定2車線で開通[7][8] 、2015年3月22日に郡山下ツ道JCT-郡山南IC (1.6km)[7][9]が開通。2015年3月28日には三宅ICが開通[7][9]した。

事業概要[編集]

  • 起点:奈良県大和郡山市伊豆七条町(郡山下ツ道JCT)
  • 終点:奈良県五條市居傳町(五條北IC)
  • 延長:27.2km
  • 規格:第1種第2級(専用部)、第3種第2級(一般部)
  • 設計速度:100km/h(専用部)、60km/h(一般部)
  • 規制速度:80km/h(専用部) 
  • 車線数:4車線
  • 道路幅員
    • 専用部:22.0m
    • 一般部:38.0m(全幅)
  • 車線幅員
    • 専用部:3.50m
    • 一般部:3.25m

五條道路[編集]

五條IC(2006年7月16日)

五條道路(ごじょうどうろ)は、奈良県五條市から和歌山県境を通る全長7.9kmの道路である。

2006年(平成18年)4月22日五條北IC-五條IC間が開通、同年6月17日に五條ICから橋本道路の橋本東ICまで開通し、暫定2車線で全線開通した。

なお、五條道路の状況は、ならこく(奈良国道事務所:下記リンク先)にてカメラ確認できる。

事業概要[編集]

  • 起点:奈良県五條市居傳町(五條北IC)
  • 終点:奈良県五條市畑田町(奈良和歌山県境)
  • 延長:7.9km
  • 規格:第1種第2級
  • 設計速度:100km/h
  • 車線数:4車線(暫定2車線)
  • 道路幅員:22.0m
  • 車線幅員:3.5m
  • 規制速度:70km/h

橋本道路[編集]

橋本道路(手前)と五條道路の境界を成す奈良・和歌山県境
未開通当時の橋本東IC以西
(橋本東ICから;2006年7月16日)

橋本道路(はしもとどうろ)は、和歌山県橋本市内を通る全長11.3kmの道路である。

2006年(平成18年)4月27日橋本IC-高野口IC間が、同年6月17日には奈良和歌山県境-橋本東IC間が暫定2車線で開通した。橋本東IC-橋本ICも、2006年内に開通の予定であったが、2002年(平成14年)に完成した垂井高架橋にひび割れが多数発見され、国土交通省は橋桁(7径間連続)の取り壊しと再築を決定したが、施工業者の補修と効果監視の新提案が承認され[10]、同区間は2007年8月2日に開通し、全線暫定2車線で開通した。

事業概要[編集]

  • 起点:和歌山県橋本市隅田町真土(奈良和歌山県境)
  • 終点:和歌山県橋本市高野口町大野(高野口IC)
  • 延長:11.3km
  • 規格
    • 第1種第2級(完成4車線)
    • 第1種第3級(暫定2車線)
  • 設計速度
    • 100km/h(完成4車線)
    • 80km/h(暫定2車線)
  • 車線数:4車線(暫定2車線)
  • 道路幅員:22.0m
  • 車線幅員:3.5m
  • 規制速度:70km/h(IC部 40km/h)

紀北東道路[編集]

紀北東道路(きほくひがしどうろ)は、和歌山県橋本市から紀の川市に至る全長16.9kmの道路である。

2006年度に着工され、2012年4月22日に高野口IC-紀北かつらぎIC間が、2014年3月30日には紀北かつらぎIC-紀の川IC間が開通し、全線暫定2車線で開通した。

事業概要[編集]

紀北西道路[編集]

紀北西道路(きほくにしどうろ)は、和歌山県紀の川市から和歌山市に至る全長12.2kmの道路である。

2009年(平成21年)6月13日に起工式が行われ、工事が着手された。2015年度の全線開通を目指して工事が進められていたが[11]、完成予定が2016年度中までにずれ込んだ[12]。しかし、2015年5月11日に和歌山県が要望してきた9月のわかやま国体に合わせるように紀の川IC-岩出IC間が開通する予定となった[13]。岩出IC-和歌山JCT間は2016年度に開通予定である[14]

事業概要[編集]

  • 起点:和歌山県紀の川市神領(紀の川IC)
  • 終点:和歌山県和歌山市弘西(和歌山JCT
  • 延長:12.2km
  • 規格:第1種第2級
  • 設計速度:100km/h
  • 車線数:4車線(暫定2車線)
  • 道路幅員:22.0m
  • 車線幅員:3.5m

インターチェンジなど[編集]

  • IC番号欄の背景色がである区間は既開通区間に存在する。
  • 施設欄の背景色がである区間は未開通区間または未供用施設に該当する。
  • 上側が起点側、下側が終点側である。
  • (数字)は他路線の番号、<数字>は予定番号を表す。
  • 略字は次の項目を表す。
    JCT:ジャンクション、IC:インターチェンジ、PA:パーキングエリア
  • 未開通区間のJCT・IC名は全て仮称である。
  • 接続路線などの特記がないものは、市町道都市計画道路である。
IC
番号
施設名 接続路線名 起点からの
距離(km)
BS 備考 所在地
- 巨椋JCT 京滋バイパス国道1号 - 調査中 京都府 久御山町
1 城陽IC/JCT 国道24号大久保バイパス
新名神高速道路(事業中)
0.0 新名神高速道路(神戸方面)
2016年度開通予定[15]
新名神高速道路(名古屋方面)
2023年度開通予定[16]
城陽市
2 田辺北IC 府道22号八幡木津線 1.6 京田辺市
3 田辺西IC/TB 国道307号 5.1 TBは京都市方面のみ
4 精華下狛IC/TB 9.0 TBは奈良・和歌山方面のみ 精華町
5 精華学研IC 府道72号生駒精華線 12.4 木津川市
6 山田川IC 国道163号清滝街道 14.0 精華町
7 木津IC 国道24号奈良バイパス 17.0 京都市方面出入口 木津川市
- 奈良北IC 国道24号奈良バイパス 17.0 和歌山方面出入口、調査中 奈良県 奈良市
- 奈良IC 23.1 事業中
- 大和郡山北IC 国道24号奈良バイパス 25.1 大和郡山市
- 大和郡山IC 国道24号奈良バイパス 28.8 奈良市・京都方面出入口、事業中
(4-2) 郡山下ツ道JCT 西名阪自動車道 29.4 当JCTと西名阪自動車道・郡山IC相互の往来は不可
8 郡山南IC 国道24号橿原バイパス 31.0 和歌山方面出入口 天理市
三宅IC 国道24号橿原バイパス
33.3 奈良市・京都方面出入口 三宅町
- 田原本IC 国道24号橿原バイパス
県道14号桜井田原本王寺線
36.8 和歌山方面出入口、事業中 田原本町
9 橿原北IC 国道24号橿原バイパス
奈良県道105号中和幹線
38.8 奈良市・京都方面出入口 橿原市
事業中
橿原高田IC 国道24号大和高田バイパス 43.2
御所IC 国道24号
県道116号大和高田御所線
46.9
御所南IC 国道24号
国道309号
49.4 奈良市・京都方面出入口 御所市
2016年度開通予定[17]
10 五條北IC 国道24号 56.6 五條市
11 五條IC 国道310号 61.1
12 五條西IC 63.2 奈良市・京都方面出入口
13 橋本東IC 65.3 和歌山県 橋本市
14 橋本IC 国道371号橋本バイパス
大阪橋本道路
70.2
15 高野口IC 75.8
16 紀北かつらぎIC 79.8 かつらぎ町
かつらぎ西IC/PA 県道125号那賀かつらぎ線 - PAは別名「道の駅かつらぎ西」
紀の川東IC 県道122号西川原粉河線 88.2 紀の川市
紀の川IC 県道62号泉佐野打田線 92.7
- 岩出IC 県道63号泉佐野岩出線 98.4 2015年9月開通予定[13] 岩出市
- 和歌山JCT 阪和自動車道(大阪方面) 101.6 2016年度開通予定[14] 和歌山市
阪和自動車道(白浜方面) 104.9
紀淡連絡道路(構想中)へ接続

車線・速度・管理・料金[編集]

区間 上下線=
上り線+下り線
最高速度
(専用部)
管理者 料金
城陽IC - 田辺北IC 2=1+1 60km/h 西日本高速道路株式会社 有料
田辺北IC - 木津IC 70km/h
木津IC - 郡山下ツ道JCT 未開通 国土交通省
近畿地方整備局
奈良国道事務所
-
郡山下ツ道JCT - 橿原北IC 4=2+2 80km/h 無料
橿原北IC - 橿原高田IC 未開通 -
橿原高田IC - 御所南IC 2=1+1 70km/h 無料
御所南IC - 五條北IC 未開通 -
五條北IC - 県境 2=1+1 70km/h 無料
県境 - 紀の川IC 国土交通省
近畿地方整備局
和歌山河川国道事務所
紀の川IC - 和歌山JCT 未開通 -

※大和御所道路(郡山南IC - 橿原北IC)・五條道路は、奈良国道事務所のホームページで、道路情報がカメラ確認出来る。

歴史[編集]

  • 1973年昭和48年)
    • 4月10日 : 大和御所道路「大和区間」・橿原バイパスとして都市計画決定
    • 4月16日 : 五條道路・「五條バイパス」として事業着手
  • 1987年度 : 橿原バイパス・高規格幹線道路指定
  • 1987年(昭和62年)2月17日 : 五條バイパス都市計画決定
  • 1988年度 : 五條バイパス・高規格幹線道路京奈和自動車道「五條道路」に位置付け。
  • 1988年(昭和63年)10月5日 : 京奈道路・城陽IC - 田辺西IC開通。
  • 1989年度 : 橋本道路:事業化
  • 1989年(平成元年)4月 : 橋本道路・都市計画決定
  • 1990年度 : 五條道路工事着手
  • 1991年度 : 橋本道路の用地買収に着手
  • 1991年(平成3年)
    • 7月19日 : 大和御所道路・都市計画決定
    • 12月21日 : 京奈道路・田辺西IC-精華下狛IC開通。
  • 1992年度 : 大和御所道路「御所区間」「大和区間」事業化。大和区間用地買収着手
  • 1993年度 : 紀北東道路・事業化
  • 1993年(平成5年)3月25日 : 京奈道路・精華下狛IC-山田川IC開通。
  • 1994年度 : 大和御所道路「大和区間」工事着手
  • 1997年度 : 紀北西道路・事業化
  • 1998年度 : 大和御所道路「御所区間」用地買収着手。橋本道路・着工。
  • 1998年(平成10年)8月 : 紀北東道路・都市計画決定
  • 1999年(平成11年)12月 : 紀北西道路・都市計画決定
  • 2000年(平成12年)4月16日 : 京奈道路・山田川IC - 木津IC開通し、京奈道路全線開通
  • 2002年度 : 紀北東道路の用地買収に着手
  • 2004年(平成16年)3月20日 : 大和御所道路・橿原市曽我町(国道24号) - 同市新堂町(国道165号大和高田バイパス)間の一般部(平面部分)開通。
  • 2006年(平成18年)
    • 4月15日 : 大和御所道路・三宅ICと田原本ICを除いて郡山南IC - 橿原北IC開通、西名阪自動車道郡山IC-郡山南IC間の平面部分開通。
    • 4月22日 : 五條道路・五條北IC - 五條IC開通。
    • 4月27日 : 橋本道路・橋本IC - 高野口IC開通。
    • 6月17日 : 五條IC - (奈良和歌山県境) - 橋本東IC開通し、五條道路全線開通
  • 2007年(平成19年)
    • 3月25日 : 紀北東道路・高野口IC - かつらぎIC間着工
    • 8月2日 : 橋本道路・橋本東IC-橋本IC間開通し、橋本道路全線開通
  • 2008年(平成20年)
    • 3月13日 : 大和北道路・奈良IC - 郡山下ツ道JCT(6.3km)の新規事業化決定[6]
    • 11月 : 京奈道路・田辺北IC-木津IC間規制速度を60km/hから70km/hへ引き上げ。
  • 2011年(平成23年)12月7日 : 大和御所道路(御所区間)のインターチェンジ名称が決定[18]
  • 2012年(平成24年)
    • 3月25日 : 大和御所道路(御所区間)・橿原高田IC - 御所IC開通[19]
    • 4月22日 : 紀北東道路・高野口IC - 紀北かつらぎIC開通[20]
  • 2013年(平成25年)
    • 6月11日 : かつらぎ西PA(当時:かつらぎPA)へのIC追加を国土交通大臣が許可[21]。 
    • 10月17日 : 紀北東道路のインターチェンジ名称が決定[22]
  • 2014年(平成26年)
    • 3月1日 : 五條道路・橋本道路・紀北東道路(高野口IC - 紀北かつらぎIC)間規制速度を60km/hから70km/hへ引き上げ[23]
    • 3月30日 : 紀北東道路・紀北かつらぎIC - 紀の川IC開通し、紀北東道路全線開通[24]
  • 2015年(平成27年)
    • 1月16日 : 大和御所道路(大和区間)の田原本ICを除くインターチェンジ名称が決定[25]
    • 3月21日 : 大和御所道路(御所区間)・御所IC - 御所南IC開通[7][8]
    • 3月22日 : 大和御所道路(大和区間)・郡山下ツ道JCT - 郡山南IC開通[7][9]
    • 3月28日 : 大和御所道路(大和区間)・三宅IC開通[7][9]

開通予定年度[編集]

  • 2015年9月 : 紀の川IC-岩出IC[13]
  • 2016年度 : 城陽JCT(神戸方面)[15]
  • 2016年度 : 御所南IC-五條北IC[17]
  • 2016年度 : 岩出IC-和歌山JCT[14]
  • 2023年度 : 城陽JCT(名古屋方面)[16]
  • 未定 : 奈良IC-郡山下ツ道JCT[17]
  • 未定 : 田原本IC、橿原北IC-橿原高田IC[17]
  • 未事業化 : 木津IC-奈良IC

交通量[編集]

平日24時間交通量(台)(上下合計)[26][27][28]

  • 斜字は推計値を示す。
料金 道路名 区間 平成17年度
(2005年度)
平成22年度(2010年度) 備考 所在地
台数 混雑度
有料 京奈 城陽IC-田辺北IC 26,661 26,171 0.34 一般道路 京都府
田辺北IC-田辺西IC 16,423 17,991 1.35
田辺西IC-精華下狛IC 16,100 18,858 1.13
精華下狛IC-精華学研IC 15,091 18,449 1.30
精華学研IC-山田川IC 14,778 16,357 0.90
山田川IC-木津IC 9,945 13,015 0.67
未定 この間未開通
奈良県
無料 大和御所 郡山下ツ道JCT - 郡山南IC 未開通 未開通
郡山南IC-橿原北IC 34,287 0.36
この間未開通
橿原高田IC-御所IC 未開通 未開通
御所IC-御所南IC
この間未開通
五條 五條北IC-五條IC 未開通 8,599 0.53
五條IC-五條西IC 14,041 0.73
五條西IC-橋本東IC 12,858 0.68
橋本 和歌山県
橋本東IC-橋本IC 11,225 0.90
橋本IC-高野口IC 12,091 0.97
紀北東 高野口IC-紀北かつらぎIC 未開通
紀北かつらぎIC-かつらぎ西IC
かつらぎ西IC-紀の川東IC
紀の川東IC-紀の川IC

脚注[編集]

  1. ^ 「木津川市検定第6回」広報きづがわ2008年3月号(No.12)
  2. ^ 京奈道路 - NEXCO西日本 (PDF)”. 西日本高速道路(NEXCO西日本). 2013年10月22日閲覧。
  3. ^ 京奈和自動車道(京奈道路)の一部料金所でETCの運用を開始します”. 西日本高速道路(NEXCO西日本) 関西支社 (2008年3月4日). 2013年9月2日閲覧。
  4. ^ 京奈道路における料金所レーン配置変更及び料金精算機の導入とご利用について”. 西日本高速道路(NEXCO西日本) (2013年4月30日). 2013年9月2日閲覧。
  5. ^ 京奈道路(城陽IC~木津IC)の夜間通行止めについて”. 西日本高速道路(NEXCO西日本) 関西支社 (2014年10月14日). 2014年10月14日閲覧。
  6. ^ a b 平成20年度予算の新規事業採択について (PDF)”. 国土交通省近畿地方整備局 (2008年3月13日). 2012年5月12日閲覧。
  7. ^ a b c d e f 京奈和自動車道 大和御所道路 3月21日 (専用部)御所IC〜御所南IC 3月22日 (専用部)郡山下ツ道JCT〜郡山南IC 3月28日 (一般部)天理王寺線〜桜井田原本王寺線が開通します! 〜今回の開通により、大和御所道路の約6割が開通〜 国土交通省近畿地方整備局 奈良国道事務所・西日本高速道路㈱ 2015年2月2日掲載・閲覧
  8. ^ a b 京奈和自動車道 大和御所道路(御所区間)のインターチェンジ名称が決定しました。”. 国土交通省 奈良国道事務所 (2011年12月7日). 2015年1月20日閲覧。
  9. ^ a b c d 京奈和自動車道 大和御所道路 (大和区間)のジャンクションとインターチェンジ名称が決定。”. 国土交通省奈良国道事務所、西日本高速道路株式会社 (2015年1月16日). 2015年1月16日閲覧。
  10. ^ 橋本道路垂井高架橋上部工事におけるかし修補について (PDF)”. 国土交通省近畿整備局総務部契約課 (2006年7月7日). 2012年5月12日閲覧。
  11. ^ 再評価結果(平成24年度事業継続箇所)”. 国土交通省. 2015年6月7日閲覧。
  12. ^ 京奈和・第二阪和の完成遅れる 28年度に”. わかやま新報 (2015年2月26日). 2015年6月7日閲覧。
  13. ^ a b c >京奈和自動車道(紀の川IC~岩出IC(仮称))第二阪和国道(大谷ランプ~平井ランプ(仮称))の2区間が「紀の国わかやま国体」にあわせて平成27年9月に開通します!!”. 国土交通省近畿地方整備局 和歌山河川国道事務所・浪速国道事務所 (2015年5月11日). 2015年6月7日閲覧。
  14. ^ a b c 平成27年度 直轄事業の事業計画(和歌山県関連分)〔予定〕 (PDF)”. 国土交通省近畿地方整備局. p. 4 (2015年2月25日). 2015年2月25日閲覧。
  15. ^ a b 近畿自動車道 名古屋神戸線(新名神高速道路) 城陽JCT・IC~八幡JCT・IC”. 西日本高速道路 (2014年11月). 2014年12月22日閲覧。
  16. ^ a b 近畿自動車道 名古屋神戸線(新名神高速道路)大津JCT~城陽JCT・IC”. 西日本高速道路 (2014年11月). 2014年12月22日閲覧。
  17. ^ a b c d 平成26年度 直轄事業の事業計画(平成26年4月時点)奈良県関連分”. 国土交通省 (2014年4月25日). 2014年4月26日閲覧。
  18. ^ 京奈和自動車道 大和御所道路 (御所区間)のインターチェンジ名称が決定しました。 (PDF)”. 国土交通省近畿整備局 (2011年12月7日). 2012年5月12日閲覧。
  19. ^ 京奈和自動車道 大和御所道路 橿原高田IC-御所IC間が3月25日(日)に開通 (PDF)”. 国土交通省近畿地方整備局 (2012年3月9日). 2012年5月12日閲覧。
  20. ^ 京奈和自動車道 紀北東道路 高野口IC-紀北かつらぎICが4月22日(日)開通 (PDF)”. 国土交通省近畿地方整備局 (2012年3月15日). 2012年5月12日閲覧。
  21. ^ 追加インターチェンジ(無料区間)一覧 (PDF) (国土交通省道路局2013年6月11日付プレスリリース、同日閲覧)
  22. ^ 京奈和自動車道の新インタ-チェンジ名称を『かつらぎ西インタ-チェンジ』、『紀の川東インタ-チェンジ』、『紀の川インタ-チェンジ』に決定。 (PDF)”. 国土交通省近畿地方整備局和歌山河川国道事務所 (2013年10月17日). 2013年10月22日閲覧。
  23. ^ 京奈和自動車道(五條北IC~橋本東IC)夜間通行止めのお知らせ ~工事期間中の迂回にご協力下さい~。 (PDF)”. 国土交通省近畿地方整備局奈良国道事務所 (2014年2月20日). 2014年3月3日閲覧。
  24. ^ 京奈和自動車道 紀北東道路 3月30日(日)紀北かつらぎIC~紀の川ICが開通します! ~今回の開通により、紀北東道路が全線開通~ (PDF)”. 国土交通省近畿地方整備局和歌山河川国道事務所 (2014年2月3日). 2014年3月30日閲覧。
  25. ^ 京奈和自動車道 大和御所道路(大和区間)のジャンクションとインターチェンジ名称が決定。 (PDF)”. 国土交通省近畿地方整備局奈良国道事務所 (2015年1月16日). 2015年3月19日閲覧。
  26. ^ 平成22年度道路交通センサス 一般交通量調査 箇所別基本表(京都府) (PDF)”. 国土交通省道路局. p. 5, 7. 2012年5月29日閲覧。
  27. ^ 平成22年度道路交通センサス 一般交通量調査 箇所別基本表(奈良県) (PDF)”. 国土交通省道路局. p. 3. 2012年5月29日閲覧。
  28. ^ 平成22年度道路交通センサス 一般交通量調査 箇所別基本表(和歌山県) (PDF)”. 国土交通省道路局. p. 1. 2012年5月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]