久居駐屯地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
久居駐屯地
久居駐屯地(1983年度、国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成)
久居駐屯地(1983年度、国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成)
所在地 三重県津市久居新町975
座標 北緯34度40分29.7秒 東経136度28分48.2秒 / 北緯34.674917度 東経136.480056度 / 34.674917; 136.480056座標: 北緯34度40分29.7秒 東経136度28分48.2秒 / 北緯34.674917度 東経136.480056度 / 34.674917; 136.480056
駐屯地司令 第33普通科連隊長 兼務
主要部隊 第33普通科連隊
ほか
開設年 1952年
テンプレートを表示

久居駐屯地(ひさいちゅうとんち、JGSDF Camp Hisai)は、三重県津市久居新町975に所在し、第33普通科連隊等が駐屯する陸上自衛隊駐屯地である。駐屯地南側の県道を越えた向かい側に、C地区と称される訓練場が、また津市一志地域内に屋外射撃場がある。

最寄の演習場は、久居(風早)演習場。駐屯地司令は第33普通科連隊長が兼務。

沿革[編集]

  • 1952年(昭和27年)
  • 1953年(昭和28年)2月25日:第531施設大隊が舞鶴駐屯地から移駐。
  • 1954年(昭和29年)
    • 6月24日:第7連隊第3大隊が富士駐屯地へ移駐。
    • 7月1日:陸上自衛隊へ移管[2]。第531施設大隊が第105施設大隊に改称。
    • 9月25日:第14普通科連隊新編により、第3大隊が久居駐屯地において編成。
  • 1957年(昭和32年)12月7日:第105施設大隊が神町駐屯地へ移駐。
  • 1958年(昭和33年)6月10日:第10混成団本部が大久保駐屯地で編成完結式を行った後、久居に移駐。
  • 1959年(昭和34年)6月3日:第10混成団本部及び諸隊が守山駐屯地へ移駐。
  • 1962年(昭和37年)1月18日:第14普通科連隊第3大隊を基幹として第33普通科連隊が編成完結。
  • 1964年(昭和39年)8月1日:第116教育大隊が編成完結。
  • 2004年(平成16年)3月28日:第116教育大隊が廃止。

駐屯部隊[編集]

第10師団隷下部隊[編集]

中部方面隊隷下部隊[編集]

防衛大臣直轄部隊[編集]

最寄の幹線交通[編集]

重要施設[編集]

特徴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 保安庁法施行令及び保安庁職員給与法施行令の一部を改正する政令(昭和27年政令第437号)”. 国立公文書館デジタルアーカイブ (1952年10月15日). 2018年4月8日閲覧。
  2. ^ 自衛隊法施行令(昭和29年政令第179号)”. 国立公文書館デジタルアーカイブ (1954年6月30日). 2016年5月15日閲覧。
  3. ^ 第91期(2014年度)有価証券報告書 (PDF)”. 中部電力 (2015年6月26日). 2015年12月5日閲覧。
  4. ^ 中 相作. “図説伊賀の歴史 昭和戦後”. 名張雑纂. 2015年1月12日閲覧。
  5. ^ 『一志町史 下巻』一志町役場企画課 編、一志町役場、1981年3月31日、460頁。

参考文献[編集]

  • 久居市史

外部リンク[編集]