別府駐屯地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
別府駐屯地
所在地 大分県別府市大字鶴見4548-143
座標 北緯33度17分53秒
東経131度27分35秒
駐屯地司令 第41普通科連隊長 兼務
主要部隊 第41普通科連隊
第4普通科直接支援中隊
ほか
開設年 1957年
テンプレートを表示

別府駐屯地(べっぷちゅうとんち、JGSDF Camp Beppu)は、大分県別府市大字鶴見4548-143に所在し、第41普通科連隊等が駐屯する陸上自衛隊駐屯地。最寄の演習場は、十文字原演習場と日出生台演習場。駐屯地司令は、第41普通科連隊長が兼務。分屯地として、大分分屯地が大分市に所在。また、南別府駐屯地の一部機能を担当する。

沿革[編集]

  • 1957年(昭和32年)12月16日:キャンプ・チッカマウガ(現在の別府公園)が米軍から返還され、第3特科群が久留米から移駐し、別府駐とん地として新設[1][2]。第3特科群長を駐屯地司令職に任命。
  • 1959年(昭和34年)8月:第3教育団本部を設置、第111教育大隊新編[2]。第3教育団長を駐屯地司令職に補職。
  • 1962年(昭和37年)8月:第41普通科連隊新設[2]
  • 1966年(昭和41年)4月:第3特科群の一部が別府から湯布院駐屯地に移駐。
  • 1969年(昭和44年)7月:第3教育団本部が相浦駐屯地に移駐[2]。第41普通科連隊長を駐屯地司令職に補職。
  • 1977年(昭和52年)4月:第3特科群が湯布院駐屯地に移駐[2]
  • 1978年(昭和53年)3月:別府駐屯地が野口原(別府公園)の旧駐屯地から現在の扇山にある新駐屯地に移駐[2]
  • 1999年(平成11年)3月:第111教育大隊廃止[2]
  • 2003年(平成15年)4月:第4後方支援連隊 第2整備大隊 第3普通科直接支援隊が新編[2]
  • 2013年(平成25年)4月:第3普通科直接支援中隊へ改編[2]
  • 2014年(平成26年)4月: 西部方面通信群 群本部中隊 映像写真小隊 地上伝送班 別府地上組を配置[2]

駐屯部隊[編集]

第4師団隷下部隊[編集]

西部方面総監直轄部隊[編集]

防衛大臣直轄部隊[編集]

最寄の幹線交通[編集]

重要施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]