国東港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国東港
所在地
日本の旗 日本
所在地 大分県国東市
詳細
管理者 大分県
種類 地方港湾
統計
統計年度 2015年度
発着数 5,706隻(921,802総トン)[1]
旅客数 269,649人[2]

国東港(くにさきこう)は、大分県国東市にある地方港湾。港湾管理者は大分県。

概要[編集]

2006年3月1日東国東郡国見町国東町武蔵町及び安岐町が合併して国東市となるのに伴い、2006年2月7日に東国東郡4町内にある伊美(いみ)港、櫛来(くしく)港、岐部(きべ)港、熊毛(くまげ)港、向田(むかた)港、富来(とみく)港、武蔵(むさし)港の7港を従来の国東港に統合して発足した。

これは、全国9地域をモデルとして進められている地方港湾統合の全国初の実施例である。この統合により、従来の各港は地区と呼ばれることとなった(例:伊美港 → 国東港伊美地区)。

国東港伊美地区と姫島港との間には、大分県本土と東国東郡姫島村姫島)とを結ぶ定期フェリーが就航している。

2015年度の発着数は5,706隻(921,802総トン)[1]、利用客数は269,649人(乗込人員134,669人、上陸人員134,980人)である[2]

主要航路[編集]

国東港伊美地区に入港する第一姫島丸
  • 姫島村営フェリー
    • 国東港伊美地区 - 姫島港(東国東郡姫島村)
    • 所要時間:約20分
    • 便数:1日12往復就航
    • 就航船舶:第一姫島丸(199トン)、第二姫島丸(199トン)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 港湾統計(平成27年度)第3部第1表
  2. ^ a b 港湾統計(平成27年度)第3部第2表

参考文献[編集]

外部リンク[編集]