与那国駐屯地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
与那国駐屯地
所在地 沖縄県八重山郡与那国町字与那国樽舞3765-1
駐屯地司令 与那国沿岸監視隊長兼務
主要部隊 西部方面情報隊
開設年 2016年3月28日
テンプレートを表示

与那国駐屯地(よなぐにちゅうとんち、JGSDF Camp Yonaguni)は、沖縄県八重山郡与那国町字与那国樽舞3765-1に所在する陸上自衛隊駐屯地。2016年3月28日開庁[1]

概要[編集]

南西諸島海域における、中華人民共和国の軍事的脅威に対して、日本の離島防衛態勢の強化を目的とし、23中期防及び26中期防に基づき基地建設を開始した。沿岸監視部隊を主体とする、150人程度の自衛隊員が駐留する。2016年1月26日の閣議を経て駐屯地の開庁日は2016年3月28日とすることが正式発表された[2][3]。駐屯地司令は西部方面情報隊与那国沿岸監視隊長が兼務し、管理業務は与那国沿岸監視隊後方支援隊が担当する。なお、駐屯地の建物は大自然を抱く与那国島の景観に配慮して、屋根瓦を赤茶色、壁を白色の外装としており、ゲンゴロウなどの島の貴重な動植物を保護するため、敷地内にビオトーブ(生息・生育空間)が設けられている。

2017年5月17日、ハリー・B・ハリス・ジュニアアメリカ太平洋軍司令官が、与那国駐屯地の部隊を視察した。河野克俊統合幕僚長と同行することにより、強固な日米関係を示して、中華人民共和国を牽制する意図と報道された[4]

駐屯部隊[編集]

西部方面総監直轄部隊[編集]

防衛大臣直轄部隊[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]