河野克俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
河野 克俊
Katsutoshi Kawano cropped 2 Phillip G Sawyer and Katsutoshi Kawano 20111013.jpg
渾名 ドラえもん[1]
生誕 (1954-11-28) 1954年11月28日(63歳)
日本の旗 日本 神奈川県
所属組織 Naval Ensign of Japan.svg 海上自衛隊
軍歴 1977年 -
最終階級 JMSDF Admiral insignia (a).svg 統合幕僚長たる海将
テンプレートを表示

河野 克俊(かわの かつとし、1954年昭和29年)11月28日 - )は、日本海上自衛官。第31代・海上幕僚長を経て、第5代・統合幕僚長

略歴[編集]

2015年(平成27年)7月16日、レスリー・J・マクネア陸軍基地にてアメリカ合衆国統合参謀本部議長マーティン・デンプシー(左)と

神奈川県出身。父の河野克次は旧海軍軍人(海機40期)で真珠湾攻撃には潜水艦機関長として参加。海上自衛隊では第2術科学校校長等を歴任し海将補で退官。その父の影響により自衛官となる。防衛大学校第21期卒業(機械工学)後、海上自衛隊入隊。幹部自衛官としての主な経歴は護衛艦艦長防衛作戦幕僚、護衛隊司令等。第3護衛隊群司令在任中にインド洋派遣海上支援部隊に第6次派遣部隊指揮官として参加した。

海幕防衛部長時に発生したイージス艦衝突事故の責任を取る形で、2008年平成20年)3月掃海隊群司令に異動となるものの、その後、護衛艦隊司令官統合幕僚副長を経て、2011年(平成23年)8月5日より自衛艦隊司令官2012年(平成24年)7月20日午前の閣議において、7月26日付をもって第31代・海上幕僚長に任命する旨の人事が了承・発令された。

2014年(平成26年)10月14日付で第5代・統合幕僚長に就任した[1]。自身もインド洋派遣部隊指揮官の経験を有し、後述の発言にもあることから米軍主要司令部との強いコネクションを築いており、さらには自衛隊最高指揮官である安倍晋三内閣総理大臣や歴代の防衛大臣から厚い信頼を得ていることから法令(自衛隊法施行令)で定める定年年齢(62歳)を越えた2018年現在も3度の定年延長を経て統合幕僚長の地位に留まり続け[2]、初代統合幕僚会議議長の林敬三に次いで歴代第二位の在職となっている[3]

発言[編集]

  • 2014年(平成26年)12月に訪米した際、アメリカ陸軍参謀総長レイモンド・オディエルノに「平和安全法制は来年夏には成立する見込み」と伝えていたことが発覚し(安倍晋三首相が訪米し、連邦議会演説にて「この夏までに成立させます」と述べたのは2015年4月末)、文民統制違反の実例として国会で中谷元防衛大臣が質される事態に発展した[4]。なお河野自身は「総選挙で自民が勝ったので、成立させるだろうという認識はあった」と釈明している[5]。また国防副長官ロバート・ワーク英語版と会談した際には、事故が相次ぎ危険視されているオスプレイについて「不安全性を煽るのは一部の活動家だけだ」と発言していたことが後に判明している[6]
  • 安倍晋三首相が新聞紙上にて、憲法に自衛隊の存在を明記するべきとしたことに対し、2017年(平成29年)5月23日の講演にて「非常にありがたいこと」と発言。自衛隊法における隊員の政治的行為の制限との関係を示唆する報道もあったが、翌24日に菅義偉官房長官が問題視しない姿勢を示し[7]、更に翌25日には参議院外交防衛委員会にて稲田朋美防衛大臣が政治目的がないのは明らかとして問題ないとしたほか、衆議院憲法審査会において野党理事より河野の罷免を求める声があったのに対し与党議員が拒否するなどしている[8]

栄典[編集]

年譜[編集]

2011年(平成23年)10月13日横須賀海軍施設にてアメリカ海軍第7潜水艦部隊司令官フィリップ・ソウヤー(右)と
2012年(平成24年)7月16日ブルー・リッジにてアメリカ合衆国海軍長官レイ・メイバス(左)から勲功章を伝達
8月1日:海将補に昇任
12月2日:第3護衛隊群司令
  • 2004年(平成16年)3月29日:佐世保地方総監部幕僚長
  • 2005年(平成17年)7月28日:海上幕僚監部監理部長(翌年3月、海幕組織改編により総務部長)
  • 2006年(平成18年)8月4日:海上幕僚監部防衛部長
  • 2008年(平成20年)
3月24日:イージス艦衝突事故しらね火災事故などの責任を取る形で掃海隊群司令に更迭される
11月7日:田母神俊雄航空幕僚長解任に伴う玉突き人事で海将に昇任、第33代・護衛艦隊司令官に就任[11]
  • 2010年(平成22年)7月26日:第5代・統合幕僚副長
  • 2011年(平成23年)8月5日:第45代・自衛艦隊司令官
  • 2012年(平成24年)7月26日:たちかぜ自衛官いじめ自殺事件処理の不手際に関する責任を問われて退官した杉本正彦の後を受け、第31代・海上幕僚長に就任
  • 2014年(平成26年)10月14日:第5代・統合幕僚長に就任
  • 2016年(平成28年)11月28日:定年延長(6ヶ月)[12]
  • 2017年(平成29年)5月28日:定年延長(1年)[13]
  • 2018年(平成30年)5月28日:定年延長(1年)[14]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “【きょうの人】「真に戦える自衛隊維持へ変革」 統合幕僚長に就任した河野克俊(かわの・かつとし)さん(59)”. 産経ニュース. (2014年10月17日). http://www.sankei.com/politics/news/141017/plt1410170010-n1.html 2015年3月7日閲覧。 
  2. ^ 統幕長の定年延長は初代統幕長の先崎一に続き2例目
  3. ^ 河野統幕長の定年延長、異例の3度目(時事ドットコム)
  4. ^ 安保法案「統幕長が成立見通し」 昨年末、米軍幹部に伝達と共産 共同通信、四国新聞2015年9月2日
  5. ^ 「与党が成立目指すと認識」=訪米時の安保法制発言で釈明-河野統幕長 時事通信2015年9月3日
  6. ^ 河野統幕長「オスプレイ不安あおるのは一部活動家」 米側に発言 沖縄タイムス2015年9月3日
  7. ^ “統幕長「憲法明記ありがたい」発言、菅長官「問題ない」”. 朝日新聞. (2017年5月24日). http://www.asahi.com/articles/ASK5S3TZZK5SUTFK006.html 2017年5月24日閲覧。 
  8. ^ “稲田防衛相「政治的目的はない」 統幕長の改憲発言釈明”. 朝日新聞. (2017年5月25日). http://www.asahi.com/articles/ASK5T3GQ9K5TUTFK004.html 2017年5月25日閲覧。 
  9. ^ “Secretary of the Navy Presents Awards to JMSDF Leaders”. Navy.mil. (2012年7月16日). https://www.navy.mil/submit/display.asp?story_id=68388 2018年10月10日閲覧。 
  10. ^ “サウジアラビア王国からの勲章受章について”. 防衛省. (2013年2月26日). http://www.mod.go.jp/msdf/formal/info/news/201402/020407.pdf 2018年10月10日閲覧。 
  11. ^ 防衛省発令(将人事)2008年11月7日
  12. ^ 防衛省発令(将人事)2016年11月28日 (PDF)
  13. ^ 防衛省発令(将人事)2017年5月28日 (PDF)
  14. ^ 防衛省発令(将人事)2018年5月28日 (PDF)
  • 2010年版 防衛年鑑
  • 防衛省人事発令 - 将官人事:2011年~2018年

外部リンク[編集]