ハリー・B・ハリス・ジュニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハリー・B・ハリス・ジュニア
Harry Binkley Harris, Jr.
Admiral Harry B. Harris, Jr.jpg
2013年
生誕 1956年8月4日
日本の旗 日本神奈川県横須賀市
所属組織 Seal of the United States Department of the Navy.svg アメリカ海軍
軍歴 1978年
最終階級 US-O10 insignia.svg 大将
テンプレートを表示

ハリー・ビンクリー・ハリス・ジュニア(Harry Binkley Harris, Jr. 1956年8月4日 - )は、アメリカ海軍軍人海軍大将、第24代アメリカ太平洋軍司令官[1]。 アメリカ海軍史上初めてのアジア系(日系)の大将[注 1]であり、日系アメリカ人としては最高の階級であり、米海軍のP-3C洋上航空哨戒の分野から初めて出た大将である。日本ではハリー・ハリスと表記されることが多い。米海軍の現在の「Gray Owl」保持者(現役の中で最古参の海軍飛行士官)。
アメリカ人(父親)と日本人(母親)の両親を持つハリスは母親から義務と義理を学んだと語り、「6,7歳の子供が理解するにはとても重い概念だった」とした上で、自分は日米同盟の向上に尽力する義務があると述べた。好きな本は『太陽にかける橋―戦時下日本に生きたアメリカ人妻の愛の記録』(邦題)としている[2][3]

生涯[編集]

[3] [5]。1958年に家族で米国に帰国した後、テネシーとフロリダで育ち、地元の公立学校で学んだ[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 陸軍にはエリック・シンセキ陸軍参謀総長・大将(退役)がいる。
  2. ^ アメリカ軍およそ30万人の兵力、200隻の艦船、600機の航空機を指揮する権限を持ち、大統領・国防長官から命令を受ける[9]

出典[編集]

  1. ^ Commander, U.S. Pacific Command”. US Pacific Command. 2017年5月17日閲覧。
  2. ^ 初の日系人米太平洋軍司令官 日米同盟強化を訴える”. TV朝日 (2015年6月12日). 2017年5月14日閲覧。
  3. ^ a b 日本人の母に教え込まれた「義理」 日系初の米太平洋艦隊司令官 ハリー・ハリス海軍大将”. 産経新聞 (2013年11月18日). 2017年5月17日閲覧。
  4. ^ “米太平洋軍トップに日系人 ハリス大将、横須賀出身”. 47NEWS(共同通信). (2014年9月23日). http://www.47news.jp/CN/201409/CN2014092301001073.html 2015年7月29日閲覧。 
  5. ^ “米太平洋軍司令官にハリス氏就任 横須賀生まれの日系人”. 朝日新聞DIGITAL. (2015年5月29日). http://www.asahi.com/articles/ASH5X2GR8H5XUHBI00S.html 2015年7月21日閲覧。 
  6. ^ Official biography: Harry Harris”. US Department of Defense. 2006年8月25日閲覧。
  7. ^ 1986年のシドラ湾での作戦
  8. ^ “「歴史乗り越え」同盟の絆 米太平洋艦隊司令官が海軍墓地で献花”. 産経ニュース. (2013年11月20日). http://www.sankei.com/politics/news/131120/plt1311200001-n1.html 2015年7月25日閲覧。 
  9. ^ “砂の長城に挑む日系人の米軍大将(風見鶏)”. 日本経済新聞. (2015年6月28日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDE26H01_W5A620C1SHA000/ 2015年10月28日閲覧。 
  10. ^ “米国:太平洋軍トップ、日系のハリス氏 オバマ大統領指名”. 毎日新聞. (2014年9月24日). http://mainichi.jp/shimen/news/20140924ddm007030190000c.html 2015年9月3日閲覧。 
  11. ^ “「尖閣は日米安保の対象」防衛相とハリス米司令官が一致”. 産経ニュース. (2014年11月5日). http://www.sankei.com/politics/news/141105/plt1411050035-n1.html 2015年7月21日閲覧。 
  12. ^ “米太平洋軍初の日系人司令官就任 ハリス大将”. 47NEWS(共同通信). (2015年5月28日). http://www.47news.jp/CN/201505/CN2015052801000850.html 2015年7月21日閲覧。 
  13. ^ “米司令官、尖閣防衛を言明”. 47NEWS(共同通信). (2016年1月28日). http://this.kiji.is/65261100162121733?c=39546741839462401 2016年1月31日閲覧。 
  14. ^ “米軍司令官「中国攻撃なら尖閣守る」 南シナ海へ艦船派遣拡大”. 日本経済新聞. (2016年1月28日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM28H2X_Y6A120C1EAF000/ 2016年1月31日閲覧。 
  15. ^ “「中国から攻撃あれば尖閣を守る」 米軍司令官が言及”. 朝日新聞DIGITAL. (2016年1月28日). http://www.asahi.com/articles/ASJ1X3166J1XUHBI00D.html 2016年1月31日閲覧。