駐韓アメリカ合衆国大使館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
駐韓アメリカ合衆国大使館
Seal of an Embassy of the United States of America.svg

USA Embassy Building in Seoul.jpg

所在地大韓民国の旗 韓国
住所ソウル特別市光化門
座標北緯37度34分23秒 東経126度58分39秒 / 北緯37.57306度 東経126.97750度 / 37.57306; 126.97750座標: 北緯37度34分23秒 東経126度58分39秒 / 北緯37.57306度 東経126.97750度 / 37.57306; 126.97750
大使ハリー・B・ハリス・ジュニア
ウェブサイトkr.usembassy.gov
駐韓アメリカ合衆国大使館
各種表記
ハングル 주한미국대사관
漢字 駐韓美國大使館
RR式 Ju Han Miguk Daesagwan
MR式 Chu Han Mikuk Taesakwan
テンプレートを表示

駐韓アメリカ合衆国大使館(ちゅうかんアメリカがっしゅうこくたいしかん)は、大韓民国ソウル特別市光化門に位置するアメリカ合衆国の在韓大使館

大韓民国駐箚アメリカ合衆国特命全権大使[編集]

大使館周辺の集会・デモ[編集]

無届のデモが定例開催される在韓日本大使館[1]とは異なり、長らく在韓アメリカ大使館周辺の集会やデモは、「集会及び示威に関する法律第11条4項」を根拠にし、警察側が半径100m以内の開催を徹底的に禁止してきた。しかし2016年12月、市民団体が起したアメリカ大使館前での集会禁止通告処分取り消し訴訟で、裁判所が市民団体の訴えを認めたため、以後、禁止の程度が緩和され大使館前で合法的な集会やデモ活動が許される道が開かれた[2]

大使館・公邸への攻撃[編集]

  • 2019年6月25日、40代の男性がブタンガスを積んだレンタカーでアメリカ大使館へ突入を試み正門に衝突。ソウル鍾路警察署は、男を特殊器物損壊容疑で逮捕した[3]
  • 2019年10月18日、大使公邸前でデモを行っていた親北朝鮮団体メンバーの男女17人が梯子を使って公邸の石塀を乗り越えて侵入。公邸の建物の玄関前を占拠した。大使と家族は外出しており無事[4]

アクセス[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 慰安婦像も盛り込み 韓国は国定教科書問題でも“反日”を手軽に利用する”. 産経ニュース (2017年7月27日). 2019年6月28日閲覧。
  2. ^ “韓国初”のアメリカ大使館前合法集会、平和的に終了”. ハンギョレ (2019年6月25日). 2019年6月28日閲覧。
  3. ^ 在韓米国大使館への車突進 外交部が懸念表明”. 朝鮮日報 (2019年6月27日). 2019年6月28日閲覧。
  4. ^ 米大使公邸に親北大学生団体が乱入、韓国警察は傍観”. 朝鮮日報 (2019年10月19日). 2019年10月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]