アメリカ合衆国の在外公館の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アメリカ合衆国の在外公館が設置されている国

アメリカ合衆国の在外公館の一覧では、アメリカ合衆国が派遣している外交使節団(大使館、総領事館)を挙げる。

独立戦争中の1779年に、ベンジャミン・フランクリンパリにおいて独立戦争への協力・参戦を求める活動を行ったことが、アメリカ初の外交活動とされている。1782年には、ジョン・アダムズネーデルランド連邦共和国議会においてアメリカ独立の承認を可決させることに成功し、アダムズ自身が初代駐オランダ大使となり、ハーグにおいて購入した邸宅が、アメリカ史上初の大使館となった。

独立後は、トーマス・ジェファーソンやジョン・アダムズ、フランシス・ダナジョン・ジェイなどが、ジョージ・ワシントンによって、ヨーロッパ各国の支配者にアメリカ独立の認知を広めるべく、派遣されることとなった。国務省の最初の50年は、アメリカの領土・国境に関して、ヨーロッパ各国との交渉を行うことが重視された。

1790年には、当時のイギリスにとって大西洋貿易の拠点であり、かつての13植民地にとっても経済的に重要な港であったリヴァプールに、ワシントン大統領が派遣したジェームズ・モーリーによって、初めて領事館が開設された。

アメリカにとって最初の海外における資産で、かつ最も長く保有されているのは、1821年モロッコ国王のムーレイ・スリマーネが、タンジェに与えた公使館(en:American Legation, Tangier)である[1]。19世紀の間、アメリカにおける外交活動の予算は最小限に抑えられていた。各国で資産を保有せず、各国駐在使節にも官邸を与えず、最小限の給与しか与えず、地位も大使ではなく公使に留めた。

19世紀の後半に国務省は、アジアでの商業ネットワークの拡大や、リベリアの樹立、南部の外交活動の妨害、北部でその存在を確保することに腐心し続けた。

アメリカの世界的な優越性は、20世紀に明白なものとなり、国務省はその多国間との関係を運営する為に、外交に莫大な予算を投入することとなり、現在でも世界最大の外交ネットワークを誇っている。

アジア[編集]

アメリカ州[編集]

ヨーロッパ[編集]

中東[編集]

アフリカ[編集]

大洋州[編集]

国際機関代表部[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 現在は、アメリカ公使館博物館として利用されている。
  2. ^ パレスチナ総領事館を兼任。

外部リンク[編集]