アーネスト・ウィル作戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アーネスト・ウィル作戦
EarnestWillNicholas.jpg
戦争イラン・イラク戦争
年月日1987年7月24日 - 1988年9月26日
場所ペルシア湾
結果ニムバル・アーチャー作戦
プレイング・マンティス作戦
交戦勢力
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 イランの旗 イラン
戦力
空母1
ドック型揚陸艦1
駆逐艦4
ミサイル巡洋艦1
フリゲート3
フリゲート4
コルベット4
機雷敷設艇数隻
対艦ミサイル搭載航空機複数機
イラン・イラク戦争

アーネスト・ウィル作戦英語Operation Earnest Will)は、イラン・イラク戦争中の1987年7月24日から1988年9月26日にかけて行われたアメリカ軍によるクウェートタンカー船団護衛作戦である。ペルシア湾上において、イラン軍やイラク軍による船舶攻撃からの防衛を目的とした。この作戦には、アメリカ海軍の艦船のみならず、アメリカ空軍早期警戒管制機アメリカ陸軍特殊作戦航空部隊も参加していた。

概要[編集]

イラン・イラク戦争においては、両軍ともペルシア湾を航行するタンカーへの攻撃を行っていた。クウェートは国土がペルシア湾の最奥にあり、また産油量も多かったことから、このタンカー攻撃により打撃をこうむっていた。

1986年12月にクウェート政府はアメリカ合衆国に対し、クウェート船籍タンカーの保護を要請した。アメリカの法によれば、アメリカ船籍以外の民間船舶にアメリカ海軍の護衛をつけることはできないために、クウェートのタンカーはアメリカ船籍となり、アメリカの国旗を掲げて航行、アメリカ軍の護衛を受けることとなった。

この時点で、ペルシア湾は航行するにあたり十分危険な状態になっており、アーネスト・ウィル作戦発動前の1987年5月17日には、イラク軍の誤射により、アメリカ海軍のオリバー・ハザード・ペリー級フリゲート艦スタークエクゾセミサイルを被弾している。

作戦[編集]

アーネスト・ウィル作戦は、1987年7月24日から開始された。クウェートのタンカー・al-Rekkahreは、アメリカのタンカー・Bridgetonとしてペルシア湾を航行した。10月15日には、タンカー・Sea Isle Cityがイランのシルクワームミサイルの攻撃を受け、被弾、18名が負傷した。アメリカ海軍は反撃としてイランの石油プラットホーム2基を攻撃した。

1988年4月14日には、護衛任務中のフリゲート艦サミュエル・B・ロバーツが触雷した。その機雷はイラン軍のものと判明したために、アメリカ軍は4月18日にイラン軍に対し大規模な報復攻撃を行っている(プレイング・マンティス作戦)。

1988年7月3日には、ホルムズ海峡付近でミサイル巡洋艦ヴィンセンスイラン航空エアバスA300を撃墜し、民間人290名が犠牲になる事件も発生した。

イラン・イラク戦争は1988年8月20日に停戦に至る。アーネスト・ウィル作戦はその後も続けられ、最後のタンカーの護衛は1988年9月26日のことであった。

外部リンク[編集]