久留米駐屯地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
久留米駐屯地
陸上自衛隊久留米駐屯地.jpg
所在地 福岡県久留米市国分100
座標 北緯33度17分34秒 東経130度32分37秒 / 北緯33.29278度 東経130.54361度 / 33.29278; 130.54361座標: 北緯33度17分34秒 東経130度32分37秒 / 北緯33.29278度 東経130.54361度 / 33.29278; 130.54361
駐屯地司令 西部方面混成団長
主要部隊

西部方面混成団本部
第5陸曹教育隊

第4高射特科大隊など
開設年 1952年
テンプレートを表示

久留米駐屯地(くるめちゅうとんち、JGSDF Camp Kurume)とは、福岡県久留米市国分町100に所在し、西部方面混成団本部等が駐屯する陸上自衛隊駐屯地である。

最寄の演習場は、高良台演習場と藤山射撃場。駐屯地司令は、西部方面混成団長が兼務。駐屯部隊の警備区域は福岡県(第5施設団隊区を除く筑後地方)と佐賀県(九州補給処隊区を除く佐賀県全域)にまたがる。

陸上自衛隊幹部候補生学校の所在する前川原駐屯地が隣接する。

沿革[編集]

  • 1952年(昭和27年)
    • 3月20日:旧陸軍歩兵第48連隊の跡地に第64連隊第3大隊が針尾から移駐し、警察予備隊総隊普通科学校の分屯地として発足[1]
    • 10月10日:第64連隊第4大隊が針尾から移駐。
    • 10月15日:保安隊へ移管。
    • 12月3日:第64連隊本部及び第5大隊が針尾から移駐。
    • 12月5日:久留米駐屯地が発足[1]
  • 1953年(昭和28年)9月1日:駐屯地業務隊が新編[1]
  • 1954年(昭和29年)
    • 7月1日:陸上自衛隊へ移管[2]。第64連隊が第4特科連隊に称号変更。
    • 9月25日:第3特科群(現:西部方面特科隊)が新編[3]
    • 10月16日:第3特科群本部及び本部中隊、第111特科大隊、第112特科大隊が前川原駐屯地へ移駐[3]
    • 11月5日:第4特科連隊第1大隊が針尾から移駐。
    • 12月30日:第4特科連隊第2大隊が針尾から移駐。
  • 1956年(昭和31年)
    • 1月25日:第4特科連隊から構成要員の主力を、第3特科群の一部の人員により、第8特科連隊が久留米駐屯地において編成完結[1]
    • 1月30日:第8特科連隊が針尾駐屯地に移駐。
  • 1990年(平成02年)3月26日:第4特科連隊第6大隊が第4高射特科大隊として分離・独立。
  • 2017年(平成29年)3月27日:西部方面混成団隷下の第118教育大隊が相浦駐屯地から移駐(水陸機動団準備隊及び水陸機動教育隊新編に伴う移動)
  • 2018年(平成30年)3月26日:西部方面混成団本部及び第5陸曹教育隊が相浦駐屯地から移駐[4]。駐屯地司令職務担任部隊が第4特科連隊から混成団本部に変更。
  • 2019年(平成31年)3月26日:第4特科連隊を廃止し、西部方面特科連隊第4大隊に改組[5][6]

駐屯部隊[編集]

第4師団隷下部隊[編集]

西部方面隊隷下部隊・機関[編集]

防衛大臣直轄部隊[編集]

久留米駐屯地 前身[編集]

最寄の幹線交通[編集]

交通アクセス
  • 堀川バスの八女・鑓水・大学医療センター行きに乗車し、「自衛隊前」で下車。
  • 藤山射撃場へは、堀川バスの八女行きに乗車し、「射撃場入口」で下車。

重要施設[編集]

  • 熊本幹線(中央変電所から熊本変電所までの亘長81.29 km[3]の、50万Vの送電線路)
  • 佐賀幹線(西九州変電所から中央変電所までの亘長72.81 km[3]の、50万Vの送電線路)
  • 脊振幹線(中央変電所から脊振変電所までの亘長30.77 km[3]の、50万Vの送電線路)
  • 豊前西幹線(中央変電所から豊前変電所までの亘長42.06 km[3]の、50万Vの送電線路)
  • 鳥栖流通業務団地(九州地方の最重要物流拠点の1つ)(佐賀県鳥栖市)
  • 鳥栖ジャンクション(九州の最重要交通拠点の1つ)(佐賀県鳥栖市・福岡県小郡市・久留米市)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 久留米市史. 第11巻 (資料編 現代)”. 国立国会図書館デジタルコレクション. 2019年8月19日閲覧。
  2. ^ 自衛隊法施行令(昭和29年6月30日政令第179号)”. 国立公文書館デジタルアーカイブ. 2016年5月11日閲覧。
  3. ^ a b 『日本砲兵史 : 自衛隊砲兵過去現在未来』(陸上自衛隊富士学校特科会 編 1980.6)
  4. ^ 水陸機動団新設へ 陸自相浦駐屯地に中澤新司令が着任 長崎(産経ニュース:2017年3月24日・2017年4月6日閲覧)
  5. ^ 久留米駐屯地創立65周年記念式典スピーチ(https://www.youtube.com/watch?v=2_gl94FF3tAにて確認可能)
  6. ^ 駐屯地所在部隊|陸上自衛隊 久留米駐屯地” (日本語). www.mod.go.jp. 陸上自衛隊 久留米駐屯地. 2018年11月11日閲覧。

外部リンク[編集]