相馬原駐屯地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
相馬原駐屯地
所在地 〒370-3503
群馬県北群馬郡榛東村大字新井1017-2
座標 北緯36度26分05秒 東経138度57分11秒 / 北緯36.43472度 東経138.95306度 / 36.43472; 138.95306
駐屯地司令 第12旅団副旅団長 兼務
主要部隊 第12旅団司令部
第48普通科連隊
第12ヘリコプター隊
ほか
開設年

1941年(大日本帝国陸軍)

1959年(陸上自衛隊)
テンプレートを表示
相馬原飛行場
管制塔(2010年4月)
管制塔(2010年4月)
IATA: なし - ICAO: RJTS
概要
国・地域 日本の旗 日本
所在地 群馬県北群馬郡榛東村大字新井
種類 軍用
所有者 防衛省
運営者 陸上自衛隊
運用時間 8:00-17:00
開設 2001年
所在部隊 第12ヘリコプター隊
標高 398 m (1,306 ft)
座標 北緯36度26分05秒 東経138度57分11秒 / 北緯36.43472度 東経138.95306度 / 36.43472; 138.95306
地図
空港の位置
空港の位置
RJTS
空港の位置
滑走路
方向 長さ×幅 (m) 表面
06/24 500×30 アスファルト
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示
相馬原駐屯地の位置
相馬原駐屯地の位置
RJTS
相馬原駐屯地の位置

相馬原駐屯地(そうまがはらちゅうとんち、JGSDF Camp Soumagahara)は、群馬県北群馬郡榛東村大字新井1017-2に所在し、第12旅団司令部等が駐屯する陸上自衛隊駐屯地である。

最寄の演習場は、相馬原演習場でほぼ隣接している。駐屯地司令は、第12旅団副旅団長が兼務。

沿革[編集]

  • 1941年(昭和16年)8月:岩手県盛岡市から「盛岡陸軍予備士官学校」が移駐、「前橋陸軍予備士官学校」が設置。
  • 1945年(昭和20年)9月:米軍が進駐する。
  • 1952年(昭和27年)
  • 1954年(昭和29年)
    • 7月1日:陸上自衛隊へ移管[2]
    • 10月15日:相馬原駐とん地廃止[3]
  • 1957年(昭和32年)1月:ジラード事件
  • 1958年(昭和33年)9月:米軍が撤収する。
  • 1959年(昭和34年)
  • 1962年(昭和37年)1月18日:師団改編により第12師団司令部及び直轄部隊が置かれる。
  • 1992年(平成4年)3月29日:第12後方支援連隊が編組される。
  • 2001年(平成13年)3月27日:第12師団が第12旅団(空中機動力を高めた旅団)に改編される。これに伴い、駐屯地内に相馬原飛行場[5]を設置。東部方面航空隊管制気象隊第5派遣隊により管制業務が実施されることとなる。
  • 2009年(平成21年)4月11日:第12旅団創設8周年・相馬原駐屯地創設50周年記念行事の開催。
  • 2013年(平成25年)3月26日:第12旅団改編に伴い第48普通科連隊が東部方面混成団傘下へ、第12通信中隊が通信隊へ、第12化学防護隊が司令部付隊から独立して新編された。

駐屯部隊[編集]

最寄の幹線交通[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ AIS JAPAN
  2. ^ 自衛隊法施行令(昭和29年6月30日政令第179号)”. 国立公文書館デジタルアーカイブ. 2017年1月25日閲覧。
  3. ^ 自衛隊法施行令の一部を改正する政令(昭和29年10月14日政令第283号)”. 国立公文書館デジタルアーカイブ. 2017年1月25日閲覧。
  4. ^ 自衛隊法施行令の一部を改正する政令(昭和34年3月20日政令第35号)”. 国立公文書館デジタルアーカイブ. 2017年1月25日閲覧。
  5. ^ 管制塔、格納庫、駐機場、滑走路のすべてが陸上自衛隊により建設され、運用される初めての飛行場施設(『航空情報』2001年6月号 p92)