富士山駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
富士山駅*
Fujisan sta.jpg
駅ビル「キュースタ」(2011年7月)
ふじさん
Mt. FUJI
FJ15 月江寺 (2.5 km)
(1.4 km) 富士急ハイランド FJ17
所在地 山梨県富士吉田市上吉田二丁目5番1号
北緯35度29分0.73秒 東経138度47分44.52秒 / 北緯35.4835361度 東経138.7957000度 / 35.4835361; 138.7957000座標: 北緯35度29分0.73秒 東経138度47分44.52秒 / 北緯35.4835361度 東経138.7957000度 / 35.4835361; 138.7957000
駅番号 FJ16
所属事業者 富士急行
所属路線 富士急行線**
キロ程 23.6 km(大月起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗降人員
-統計年度-
1,739人/日
-2016年-
開業年月日 1929年昭和4年)6月19日
備考 直営駅
スイッチバック
標高:809 m
* 2011年に富士吉田駅より改称
**正式な路線名
月江寺方面 - 大月線
富士急ハイランド方面 - 河口湖線
テンプレートを表示

富士山駅(ふじさんえき)は、山梨県富士吉田市上吉田二丁目にある富士急行富士急行線である。駅番号FJ16。標高809 m

富士吉田市の中心駅であり、市内では年間乗降客数が最も多い[1]。沿線住民の通勤・通学のみならず、富士登山富士山周辺の観光に利用されている[2]

歴史[編集]

駅名の改称[編集]

開業当時の駅名は富士吉田駅(ふじよしだえき)だった。

当駅は富士信仰の面影といえる資産が周辺に多数存在し、また富士山の吉田口登山道を目指す登山者にとっての出発点となっている[2]。こうした背景を受け、富士山の玄関口としてのイメージをさらに高めて国内外から観光客を誘致するとともに、富士登山や富士山観光のターミナルステーションとしての機能の充実を図ることなどを目的として、2011年平成23年)7月1日に駅名を富士山駅に改称した[2]。この日は2011年の富士山の山開きの日であった。なお、富士急行は「富士山駅」を商標登録している[6]

駅構造[編集]

左側が3番ホーム、右側が2番ホーム。

頭端式ホーム2面3線の地上駅。大半の列車は河口湖方面が2番線、大月方面が3番線を使用する。1番線は回送、臨時列車のホームとして使用されている。ホーム有効長は1番線と2番線が4両編成、3番線が6両編対応である。このため、JR東日本中央本線直通の5両編成以上の列車(特急「富士回遊号」の臨時列車など)は、方面にかかわらず必ず3番線に入線する。かつては3番線のホームも4両分の長さしか無く、大月・河口湖寄りの車両がホームから出てしまうためドアカットを実施していたが、現駅名への改称と同時に行われた改良工事により延伸され、現在の姿となった。

駅ビルは「キュースタ」という名称の6階建てのビルで1階に駅に進入するための通路があるが、その通路の入口に現駅名への改称に合わせて大きな鳥居が建てられ扁額部分に駅名が書かれている。

駅名改称に合わせて構内の改装工事が行われ、改札前にLCD式の発車標が新設された他、駅名標も更新された。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先 備考
1 富士急行線 (臨時、回送列車 専用ホーム)
2 下り 富士急ハイランド河口湖方面 一部は3番線
3 上り 大月東京甲府方面 一部は2番線 

利用状況[編集]

2016年度(平成28年度)の1日平均乗降人員は1,739人である[7]

近年の年間乗車人員、乗降人員の推移は以下のとおり[1]

年度 年間
乗車人員
年間
乗降人員
1日平均

乗降人員

2002年 231,659 485,077
2003年 226,575 487,983
2004年 235,730 506,945
2005年 221,510 484,974
2006年 239,108 521,742
2007年 233,356 509,496
2008年 248,146 527,490
2009年 237,951 517,967
2010年 231,573 502,964
2011年 240,576 513,358 1,403
2012年 250,581 534,133 1,463
2013年 265,089 573,969 1,573
2014年 254,290 559,822 1,534
2015年 273,521 593,909 1,623
2016年     1,739

駅周辺[編集]

富士吉田市街にあり、駅ビル「キュースタ」の1階に乗車券窓口や改札口、待合室がある。駅の公衆トイレは、改札内と改札外の駅ビルやバスきっぷ売場にある。駅前にはバスターミナル高速バス路線バス)やタクシー乗り場がある。

バス路線[編集]

駅前にバスターミナルがあり、各方面に向かう高速バスや一般路線バスのほか、周辺の観光地へ向かう周遊バスや富士スバルライン五合目行きの登山バスが発着する。バスターミナル内にはバスきっぷ売場があり、高速バスの乗車券や路線バスのフリー切符・定期券が販売されている。停留所名は高速バス、一般路線バスとも「富士山駅」となっている。

高速バス[編集]

1番乗り場

一般路線バス[編集]

以下、特記なき限り富士急バスが運行。

2番乗り場
  • タウンスニーカー 中央循環、上暮地・明見循環、熊穴・新倉循環
3番乗り場
  • A1:忍野八海山中湖 旭日丘経由 御殿場駅(富士急モビリティと共同運行)
  • A2:北富士駐屯地入口・山中湖 旭日丘経由 御殿場駅(富士急モビリティと共同運行)
  • C1:お宮橋・山中湖 旭日丘・御殿場駅経由 御殿場プレミアム・アウトレット(富士急モビリティ)
  • C2:吉田高校南口・山中湖 旭日丘・御殿場駅経由 御殿場プレミアム・アウトレット(富士急モビリティ)
  • D1:北富士駐屯地正門前・山中湖 旭日丘・山中湖 平野経由 道志小学校前
  • D3:市役所前・お宮橋・山中湖 旭日丘・山中湖 平野経由 道志小学校前
  • U1:お宮橋経由 内野
  • ふじっ湖号(F1):忍野八海・長池入口経由 山中湖 平野 ※右回り
  • ふじっ湖号(F2):忍野八海・山中湖 旭日丘経由 山中湖 平野 ※左回り
4番乗り場
5番乗り場

隣の駅[編集]

富士急行
富士急行線
  • 特急「富士回遊」「富士山ビュー特急」停車駅
普通(JR中央線内で中央特快・通勤快速・快速となる列車を含む)
月江寺駅 (FJ15) - 富士山駅 (FJ16) - 富士急ハイランド駅 (FJ17)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 統計 ふじよしだ - 富士吉田市
  2. ^ a b c d e f “平成23年7月1日 富士急行線「富士吉田駅」を「富士山駅」に駅名変更します” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 富士急行, (2010年9月18日), オリジナルの2020年11月8日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20201108014518/http://www.fujikyu.co.jp/data/news_pdf/20100921103247_2010.9.18%20fujisanstation.pdf 2020年11月8日閲覧。 
  3. ^ a b “〜7月1日 富士急行線富士吉田駅から駅名変更〜 「富士山駅」誕生で、富士山へのアクセスが変わります!” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 富士急行, (2011年5月23日), オリジナルの2020年11月8日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20201108023036/https://www.fujikyu.co.jp/data/news_pdf/20110523152254_FKK%20FUJISANEKIopen%2020110523.pdf 2020年11月8日閲覧。 
  4. ^ “富士急行線「Suica」サービスの開始について 〜平成27年3月14日(土)より、首都圏から富士山エリアへ、1枚のICカードでお越しいただけます。〜” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 富士急行, (2014年12月19日), オリジナルの2017年10月27日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20171027113526/http://www.fujikyu.co.jp/data/news_pdf/pdf_file2_1419208394.pdf 2020年11月8日閲覧。 
  5. ^ “富士急行線富士山駅に自動改札機を導入します” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 富士急行, (2021年3月21日), オリジナルの2021年3月22日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20210322022253/https://www.fujikyu.co.jp/data/news_pdf/pdf_file2_1616377433.pdf 2021年3月22日閲覧。 
  6. ^ 登録番号第5408534号及び第5453216号
  7. ^ 国土数値情報 駅別乗降客数データ

外部リンク[編集]