フジヤマライナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
金太郎号(富士急湘南バス・日産ディーゼル・スペースウイングA)
フジヤマライナーに使用される車両(近鉄バス・日野セレガ)

フジヤマライナーは、山梨県富士吉田市大阪府大阪市を結ぶ高速バス路線である。ここでは大阪市から神奈川県小田原市を結ぶ金太郎号(きんたろうごう)についても併記する。

ともに全席指定制のため、乗車には予約が必要である。

概要[編集]

近鉄バスは2000年9月に運行を開始した、大阪市から山梨県甲府市を結ぶクリスタルライナーの利用状況が好評であることを踏まえ、今度は山梨県東部地方を結ぶ路線を開設することになった。そして2005年7月に山梨県東部地方を管轄する富士急行系列の富士急山梨バスとの共同運行で開業した。

運行当初は夜行便と昼行便があったが、2007年より昼行便が廃止され現在は夜行便のみとなっている。

2008年10月1日に系統分離され、沼津・御殿場経由で新松田駅を結ぶ便「金太郎号」を新設し、「フジヤマライナー」の名称を引き継いだ富士吉田発着便は富士宮市経由となった。

2012年には期間限定でフジヤマライナーに4列シートの格安便(通常便に対し2000円引き)を設定している。

運行会社[編集]

富士吉田線「フジヤマライナー」
小田原線「金太郎号」

沿革[編集]

  • 2005年7月 - 「フジヤマライナー」運行開始。
  • 2008年10月1日 - 「金太郎号」運行開始。
  • 2012年3月16日 - 4月1日 - 「フジヤマライナー」期間限定で4列シートの格安便を運航(3列シートの通常便も運航)[1]
  • 2012年7月14日 - 11月30日 - 「フジヤマライナー」期間限定で4列シートの格安便を運航(3列シートの通常便も運航)[2][3]
  • 2013年7月5日 - 終了日未発表(予定) - 「フジヤマライナー」期間限定で4列シートの格安便を運航開始(3列シートの通常便も引き続き運航する)[4]
  • 2015年4月24日 - 「金太郎号」三島駅北口停留所新設。
  • 2017年5月8日 - 2018年3月15日 - 「金太郎号」のこの期間の平日(月~木)出発便のみ片道3,900円の割引運賃を適用。(インターネット予約・席数限定/繁忙期除く)

停車地[編集]

富士吉田線「フジヤマライナー」[編集]

あべの橋駅 - 近鉄なんば駅西口(OCATビル) - 大阪駅前(地下鉄東梅田駅) - 京都駅八条口(F3のりば) - ( 名神高速道路東名高速道路経由)- 東静岡駅(北口) - 富士駅 - 富士宮駅 - 大石寺 - 富士急ハイランドバスターミナル - 富士山駅 - 河口湖駅

  • 2008年10月1日より金太郎号開設に伴い御殿場車庫山中湖(ホテルマウント富士入口)は廃止された。
  • 大阪駅前(地下鉄東梅田駅)は定期便(1号車)と臨時便(2号車)のみ乗降扱いを行い、臨時便(3号車以降)は停車しない。

小田原線「金太郎号」[編集]

近鉄なんば駅西口(OCATビル) - 大阪駅前(地下鉄東梅田駅) -(阪神高速池田線)-(名神高速道路)- 京都駅八条口(F3のりば) - ( 名神高速道路東名高速道路経由)- 新富士駅 -(国道1号)- 沼津駅北口 -(県道394号)- 三島駅北口 - (国道246号)- 御殿場駅 - (東名高速道路)- 新松田駅 -(国道255号)- 小田原駅(東口)

  • 富士山特急線を系統分離した形で2008年10月1日に開設。京都・大阪と静岡県東部・神奈川県西部とを結ぶ。新富士駅、沼津駅、御殿場駅は富士吉田線から移された停留所である。
  • 当初は東静岡駅北口にも停車していたが、2010年3月20日より小田原駅東口へ延伸すると同時に東静岡駅は非経由になった。
  • 大阪駅前(地下鉄東梅田駅)は定期便(1号車)のみ乗降扱いを行い、臨時便(2号車以降)は停車しない。

車両・サービス[編集]

  • 28人ないし27人乗り独立3列シート車で運行。格安便は4列シート車。
  • ドリンクサービスおよび毛布・スリッパの貸与あり。
  • 通路側フェイスカーテンあり。フジヤマライナー近鉄バス便はコンセントあり。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]