富士急山梨ハイヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
富士急山梨ハイヤー株式会社
FUJIKYUYAMANASHI-HIRE Inc.
Fuji Kyuko Q Logo.svg
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
403-0016
山梨県富士吉田市松山4丁目6番29号
設立 1968年11月15日
業種 陸運業
法人番号 7090001010000
事業内容 一般乗用旅客自動車運送事業
一般乗合旅客自動車運送事業
代表者 取締役社長 三浦政秀
資本金 2650万円
従業員数 77名
主要株主 富士急行 100%
(2015年3月31日現在)[1]
外部リンク www.fujiq-taxi.jp
テンプレートを表示

富士急山梨ハイヤー株式会社(ふじきゅうやまなしハイヤー、FUJIKYUYAMANASHI-HIRE Inc. )は、山梨県富士吉田市に本社を置く富士急グループタクシー路線バス事業者である[2]

概要[編集]

山梨県の富士吉田・河口湖・山中湖・都留・大月地区を営業エリアとしてタクシーを運行しており、運転代行業務も行っている[2][3]

この他に、福祉タクシーや富士山駅と馬返を結ぶ乗合バス、山梨県都留市での予約型乗合タクシーの運行も行っている[3][4][5]

沿革[編集]

本社および営業所[編集]

吉田営業所[編集]

  • 住所:山梨県富士吉田市松山4丁目6番29号[2]
    本社を併設している。営業エリアのうち、富士吉田・河口湖・山中湖地区と都留地区を担当している[2]

大月営業所[編集]

  • 住所:山梨県大月市大月1丁目3番17号[2]
    営業エリアのうち、大月地区を担当している[2]

乗合バス・乗合タクシー事業[編集]

乗合バス[編集]

  • 馬返バス
    • 富士山駅 - 北口本宮冨士浅間神社 - 中の茶屋入口 - 中の茶屋 - 馬返[4][9]
      概ね5月 - 10月の土日祝日などに運行される[4]。当路線は富士山駅から富士山吉田口登山道の馬返を結ぶ路線として開設された。
      馬返バス専用フリーパスが発売されている他、富士山駅 - 馬返間のみ往復運賃の設定がある[4]
      2014年以前は中の茶屋 - 馬返間のみの区間便が運行されることもあった。区間便に乗車する場合、富士山駅 - 中の茶屋間は富士急山梨バスが運行する富士山世界遺産ループバスに乗車することとされ、富士山駅 - 馬返間の通し運賃でループバス・馬返バスともに乗車できるようになっていた[10]

予約型乗合タクシー[編集]

山梨県都留市で以下の予約型乗合タクシー2路線を運行している。乗車には事前に富士急山梨ハイヤーへの電話予約が必要となっている[5]。なお、乗車停留所と降車停留所がともに富士急山梨バスが運行する都留市内循環バスの運行区間内の場合は利用できない[11]

  • 運行日: 毎日。ただし、12月31日 - 1月3日は運休[5]
  • 予約受付時間: 午前8時から午後5時まで[11]
  • 予約可能期間: 乗車日の1週間前から始発停留所発車時刻の30分前まで。ただし第1便は前日までの予約が必要[11]
  • 運行便数: 各路線3往復[5]
  • 運賃: 大人300円、小人150円、乳幼児無料。なお、障害者手帳を提示すると半額になる[11]。また、11枚綴り3000円の回数券が発売されている[5]

これらの路線は都留市地域公共交通会議での検討をもとに2011年10月17日 - 12月16日の期間中の平日に実証運行が行われ、富士急山梨ハイヤーは実証運行に参加した[7][12]。実証運行時の運賃は、大人100円、小人50円、乳幼児無料であった[13]

  • つる〜と東桂
    当路線の運行開始に伴い、富士急山梨バスの砂原線(都留市立病院前 - 砂原)は2012年10月1日より運行を休止している[5]
  • つる〜と盛里
    • 曽雌東 - 大平自治会館 - 禾生駅前 - 赤坂 - 都留市駅 - 都留市立病院前[11]
    当路線の運行開始に伴い、富士急山梨バスの曽雌・無生野線(都留市駅 - 無生野)は2012年10月1日より運行を休止している[5]

車両[編集]

タクシー[編集]

2015年8月現在、黒塗りの中型車両(4 - 5名乗り)が吉田営業所に35両、大月営業所に26両配置されており、車種はトヨタ・クラウン及び日産・セドリックとなっている[3]。また、中型電気自動車(4名乗り)と小型電気自動車(3名乗り)が吉田営業所にそれぞれ3両、1両配置されており、車種はそれぞれ日産・リーフ三菱・i-MiEVとなっている[3]。電気自動車に乗車する場合でも料金は通常の車両と同一である[3]。さらに、ジャンボ車両が吉田営業所に3両、大月営業所に1両配置されており、車種はトヨタ・ハイエース及び日産・キャラバンとなっている[3]

この他に、車椅子のまま乗車できる小型福祉車両(2名乗り)とジャンボ福祉車両(5名乗り)が吉田営業所にそれぞれ2両、1両配置されている。いずれも完全予約制である[3]

乗合バス[編集]

馬返バスでは9名乗りのワンボックスカーが使用される[6][14]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 富士急行株式会社 有価証券報告書 ‐ 第114期(平成26年4月1日 ‐ 平成27年3月31日)
  2. ^ a b c d e f g 会社案内”. 富士急山梨ハイヤー. 2014年9月28日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g タクシーのご紹介”. 富士急山梨ハイヤー. 2014年9月28日閲覧。
  4. ^ a b c d 富士山駅〜中の茶屋・馬返 (馬返バス) - 富士急行バス”. 富士急行. 2014年9月28日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g 平成24年から「市内循環バス」「予約型乗合タクシー」が運行中です。”. 都留市. 2014年9月28日閲覧。
  6. ^ a b 富士山駅と馬返し 往復バス運行開始”. 山梨日日新聞. 2014年10月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年10月1日閲覧。
  7. ^ a b 地域公共交通 H23年度の取り組み”. 都留市. 2014年10月1日閲覧。
  8. ^ “都留市地域公共交通会議 平成25年度 第2回会議 会議資料” (PDF) (プレスリリース), 都留市, http://www.city.tsuru.yamanashi.jp/div/kikaku/pdf/koukyoukoutsuu/25kaigisiryou.pdf 2014年10月1日閲覧。 
  9. ^ 富士山駅・馬返線”. やまなしバスコンシェルジュ. 2014年9月28日閲覧。
  10. ^ 富士山駅〜中の茶屋・馬返 (馬返バス) - 富士急行バス”. 富士急行. 2015年4月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年4月5日閲覧。
  11. ^ a b c d e f “予約型乗合タクシー時刻表” (PDF) (プレスリリース), 都留市, http://www.city.tsuru.yamanashi.jp/div/kikaku/pdf/koukyoukoutsuu/turu-tojikokuhyoupd.pdf 2014年9月28日閲覧。 
  12. ^ “第111期株主通信” (PDF) (プレスリリース), 富士急行, http://www.fujikyu.co.jp/soumu/investors/pdf/111business.pdf 2014年10月1日閲覧。 
  13. ^ “都留市地域公共交通実証運行実績報告書” (PDF) (プレスリリース), 都留市, http://www.city.tsuru.yamanashi.jp/div/kikaku/pdf/koukyoukoutsuu/jissekihoukoku.pdf 2014年10月1日閲覧。 
  14. ^ 富士山麓を歩く吉田口登山道ハイキング(前編)”. 富士急行. 2014年10月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]