東京・河口湖号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東京・河口湖号(JRバス関東)
東京・河口湖号(JRバス関東)
東京・河口湖号(富士急バス)
東京・河口湖号(富士急バス)
東京・河口湖号(富士急行観光)
東京・河口湖号(富士急行観光)

東京・河口湖号(とうきょう・かわぐちこごう)は、東京都山梨県南都留郡富士河口湖町山中湖村を結ぶ昼行高速バスである[1]

乗車する際に事前の予約が必要となる予約指定制を採用している。

概要[編集]

東京駅と富士五湖エリアを結ぶ高速バスとして、2002年3月に東名高速道路経由で開通した路線である。当初は1日6往復の運行であったが、のちに8往復に増便、停留所の一部増設などが行われた。

2010年代に入り、外国人旅行者の増加などにより富士五湖エリアへのバス需要が増大したため、2016年3月に富士急グループが東京駅鉄鋼ビルから中央自動車道経由で富士五湖エリアに向かう路線を新設(1日12往復)した。同年5月からは、2路線を統合する形で東京駅八重洲南口(一部鉄鋼ビル経由・降車は日本橋口) - 富士五湖エリアを中央道経由で結ぶ路線(1日20往復)にリニューアルされている。

これに伴い、東京駅 - 御殿場駅を結ぶ路線は東京・箱根号のみとなり、廃止となった御殿場周辺の一部停留所は、渋谷 - 河口湖線が継承した。

東京・河口湖号の往復乗車券と富士急ハイランドのフリーパスをセットにした「富士急ハイランドセット券」を発売している。また、河口湖駅駐車場利用者には、駐車料金の割引がある(1日500円)[2]

運行会社[編集]

運行経路[編集]

中央道経由になった東京・河口湖号

2016年5月8日までの運行経路[編集]

御殿場市内では、御殿場駅の市営駅南駐車場利用者に駐車料金割引があった(乗務員への駐車券提示で駐車場の700円券が進呈される)[3] ほか、御殿場市立図書館と富士北麓駐車場(マイカー規制期間中は有料)にはバス利用者用無料駐車場があった[4]

2009年7月21日から同年10月26日の毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌平日)に限り、山中湖旭日丘 → 東京駅間の早朝便(上り1本)を富士急行が運行していた(東京・河口湖号とほぼ同じ経路だが、市が尾バスターミナルは経由しなかった)。

2011年10月13日から、渋滞状況に左右されない利用者の定時性向上効果の検証を目的として、用賀PA用賀駅での東急田園都市線への乗り継ぎにより渋谷方面への運賃を100円に割り引く(通常190円)サービスを提供していた[5]。なお、この乗り継ぎサービス本格実施に先立ち、2010年5月21日から約6ヶ月間の予定(実際は2011年3月東日本大震災前まで継続された)で実証実験が行われた[6]

運行回数[編集]

  • 毎日運行便:1日20往復(JRバス関東4往復、富士急16往復)。

歴史[編集]

  • 2002年平成14年)3月1日 - 1日6往復(各社3往復)で運行開始。
  • 2003年(平成15年)12月3日 - この日より富士急行担当便が東名向ヶ丘・市が尾バスターミナル・富士学校前に停車。
  • 2005年(平成17年)3月25日 - この日よりJRバス関東便も東名向ヶ丘・市が尾バスターミナル・富士学校前に停車。
  • 2008年(平成20年)6月1日 - 1日8往復に増便。
  • 2009年(平成21年)
    • 8月1日 - 全便を御殿場駅に停車、一部便(2往復)を新木場駅発着とする(新木場駅 - 東京駅間は、のちに廃止)。
    • 9月5日 - この日より、土曜・日曜・祝日に季節運行便(2往復)を増便。
    • 12月5日 - 土曜・休日の一部便(2往復)が六本木ヒルズ・池尻大橋(上りのみ)経由となる。
  • 2011年(平成23年)
  • 2016年(平成28年)
    • 3月1日 - 富士急山梨バス・富士急行観光が東京駅(鉃鋼ビルディング) - 富士五湖・富士急ハイランド線の運行を、中央自動車道経由の1日12往復で開始[7]
    • 5月9日 - 東京駅(鉃鋼ビルディング) - 富士五湖・富士急ハイランド線と統合し、東京駅 - 富士五湖・富士急ハイランド線となる。これに伴い東名高速道路経由の運行を終了した[8][9]
  • 2020年(令和2年)4月14日 - 新型コロナウイルスの影響により、この日より当面の間運休[10][11]

使用車両[編集]

  • トイレ付のハイデッカー車が使用される。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ 東京〜山中湖畔・河口湖”. ジェイアールバス関東. 2015年7月29日閲覧。
  2. ^ 駐車料金割引制度変更のご案内 (PDF)”. 富士急行. 2015年7月29日閲覧。
  3. ^ 駐車場詳細”. 御殿場総合サービス. 2015年7月29日閲覧。
  4. ^ 河口湖〜東京・市が尾線 - 富士急行バス”. 富士急行. 2015年7月29日閲覧。
  5. ^ 用賀パーキングエリアで渋滞を避けて高速バスから電車へ乗り継ぎ(首都高速道路株式会社)
  6. ^ 用賀PAで高速バスから東急田園都市線への乗り継ぎ実証実験(首都高速道路株式会社)
  7. ^ 【新規路線】東京駅(鉃鋼ビルディング)発着便運行開始のお知らせ”. 富士急行バス (2016年2月24日). 2016年5月10日閲覧。
  8. ^ 【5/9~】中央道経由で更に便利な新東京線誕生!充実の1日20往復運行!”. 富士急行バス (2016年4月27日). 2020年4月25日閲覧。
  9. ^ 【東京~河口湖線】中央道経由化により所要時間を短縮します”. ジェイアールバス関東 (2016年4月5日). 2016年5月10日閲覧。
  10. ^ 運休便 (PDF)”. ジェイアールバス関東. 2020年4月25日閲覧。
  11. ^ 高速バス 「東京駅~富士五湖線」の全便運休について(4/14~)”. 富士急バス (2020年4月9日). 2020年4月25日閲覧。

外部リンク[編集]