岐阜県道77号岐阜環状線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
岐阜県道77号標識

岐阜県道77号岐阜環状線(ぎふけんどう77ごう ぎふかんじょうせん)は、岐阜県岐阜市街地時計回りに一周する主要地方道である。

概要[編集]

岐阜県岐阜市東長良(片側2車線の区間)

岐阜市を中心に時計回りに一周する[注釈 1]。起点から国道156号交点までは岐阜都市計画道路環状線に指定されており[1]、昭和40年代より建設が始まった。1974年(昭和49年)に鏡島大橋2003年(平成15年)3月21日に鵜飼い大橋(どちらも長良川)が開通、全13.6キロメートルの全面開通で国道21号・156号と合わせて岐阜市中心部の外郭を環状に結ぶ道路が完成した。

岐阜市江添から岐阜市鏡島(鏡島大橋南)までは片側3車線。岐阜市鏡島から岐阜市日野南(国道156号交点)までは片側2車線である。

路線データ[編集]

岐阜県法規集[2]に基づく起終点および経過地は次のとおり

路線状況[編集]

岐阜県庁舎近くの岐阜市薮田交差点から北上し、東海道本線を潜り、鏡島大橋で長良川を渡る。旧名古屋鉄道揖斐線2005年廃止)と交差し、岐阜市正木で東進する。岐阜市福光で国道256号と交差し、岐阜市長良で南下。岐阜市長良雄総で東進し、鵜飼い大橋北で南下。鵜飼い大橋から井ノ口トンネルをとおり、国道156号に合流する。鵜飼い大橋開通当初、国道156号との合流地点で長い渋滞が発生していた。これは、1車線しかない国道に合流していたことが原因である。2008年(平成20年)3月頃に合流直後の岩戸トンネル、国道156号が4車線化し、渋滞は解消された。

岐阜市日野南(国道156号合流点)から岐阜市琴塚(岐阜県道205号長森各務原線は未開通区間。この間には洞山という山がある。

岐阜市琴塚から南下する。岐阜市水海道から岐阜市蔵前までは古く狭い道であり、1.5車線区間である。但し、この区間と平行して市道があり、将来は整備する計画となっている。

現在、県道181号線と重複して東に進路を取り、高田3交差点から南に進路を取っているが、以前は181号線からそのまま南下し、芋島1交差点まで通っていた。

岐阜市東中島より西に進む。ここから先の羽島郡岐南町内は旧国道21号である。岐南町を抜け、再び岐阜市に入る。岐阜市城東通(岐阜県道14号岐阜稲沢線、岐阜県道1号岐阜南濃線交点)からは、岐阜県道1号岐阜南濃線との重複区間となり、岐阜市宇佐からは、さらに国道21号と重複し、起点の岐阜市薮田に至る。

重複区間[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

沿線[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 道路の区域変更(平成20年岐阜県告示第593号) (PDF). 岐阜県公報. 第1986号. 岐阜県. (2008-09-30). p. 657. により起点から終点が時計回りであることがわかる。

出典[編集]

  1. ^ 岐阜市都市計画情報の検索”. 県域統合型GISぎふ. 岐阜県建設研究センター. 2013年1月27日閲覧。
  2. ^ 県道の路線認定(昭和52年2月27日岐阜県告示第120号)”. 岐阜県法規集. 岐阜県. 2013年1月27日閲覧。

別名[編集]

  • 岐阜環状線(岐阜市)

関連項目[編集]