岐阜県道93号川島三輪線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Japanese Route Sign Number 9.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
岐阜県道93号標識

岐阜県道93号川島三輪線(ぎふけんどう93ごう かわしまみわせん)とは岐阜県各務原市と岐阜県岐阜市を結ぶ主要地方道(岐阜県道)である。路線が追跡できず不明な箇所がある。この路線は現在は欠番路線となっている岐阜県道162号太郎丸三井線(岐阜市太郎丸と各務原市三井町)と岐阜県道282号美濃高富線の一部分を含んでいる。

概要[編集]

起点からは、河川環境楽園付近を通り抜け、境川堤防道路に至る。 この先は一部路線が不明になっている。 那加緑町地内を通り、那加緑町4交差点で国道21号線と重複する。 三井町交差点から境川沿いに走る。(途中で一部一方通行区間があり、南進のみ進める区間がある。) 保健所前交差点で東に折れ、すぐにある不動丘交差点で北に折れる。 ここから交通量が増え、慢性的な渋滞が所々で発生している。 途中から岐阜市に入り、岩田交差点から国道156号線と重複する。 芥見大船交差点で西に折れ、藍川橋で長良川を渡る。藍川橋周辺は交通量が多く、流れが悪い。 加野の田んぼ道を抜けていき、福富に至る。福富迎田交差点より北は、道幅が狭くなり、交通量も一気に減る。 太郎丸新屋敷交差点で西に折れ、太郎丸中島交差点で北に折れる。 この先は、かつて道幅が狭かったが、新道ができてこちらが県道指定されている。道なりに進んで、三輪宮前交差点が終点。

路線データ[編集]

路線状況[編集]

重複区間[編集]

主な橋[編集]

地理[編集]

木曽川本流新境川北派川)、長良川を渡る。

沿道には国営木曽三川公園かさだ広場河川環境楽園があり、アクセス道路となっている。このかさだ広場から岐阜県道178号下中屋笠松線の交点付近までは、河川敷を通る珍しい道路である。

通過する自治体[編集]

主な接続道路[編集]

別名[編集]

  • さくら通り(各務原市)

関連項目[編集]