新境川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
新境川
Shin-Sakai river.jpg
境川放水路の水を流す北派川(木曽川合流部)
水系 一級水系 木曽川
種別 一級河川
水源 境川(岐阜県各務原市)
河口・合流先 木曽川(笠松町・各務原市)
流域 岐阜県
テンプレートを表示

新境川(しんさかいがわ)は、岐阜県各務原市境川から分派する木曽川水系河川境川放水路(さかいがわほうすいろ)が正式名称。

新境川は、各務原市を南に流れ木曽川の分流である三派川のうち北側を流れる「北派川」に合流するが、この北派川は、洪水時しか木曽川の水は流れてこないので、新境川が北派川として木曽川と合流するのは、さらに下流の岐阜県羽島郡笠松町無動寺と各務原市川島笠田町との境である。現在は、境川放水路の分流点よりも上流の旧境川部分についても新境川とされている。

歴史[編集]

境川はたびたび洪水を起こし、根本的な治水が必要であった。境川は各務原台地北部を西流しており、流路は屈曲し堤防は不完全で、上流部の乱伐や台地開発も加わり容易に出水した。水が滞留し大島などの地名があるように集落は島状に残された[1]。現在の各務原市の西部地域は農業用水が慢性的に不足していた。そこで境川を現在の各務原市蘇原大島町より分流し、各務原市下中屋町にて木曽川(北派川)に合流する放水路が計画され、1930年(昭和5年)に完成した。各務原台地を切り込み、放水路を掘った時に出た土砂は、陸軍各務原飛行場の拡張に使用された。

この新境川の完成を祝い、また工事犠牲者の慰霊の意味も込めて、大正~昭和初期に活躍した地元(現在の蘇原大島町)出身の歌舞伎役者、市川百十郎(1882-1969)が、1931年(昭和6年)から翌年にかけて、新境川の堤防に約1,200本の吉野桜を寄付し植樹した。後に“百十郎桜”と呼ばれるようになった桜並木は、戦時中に燃料として殆どが伐採されたが、戦後、各務原市発足を機に再び植樹され、1,000本程度まで復活した。百十郎桜は日本さくら名所100選の一つである。

新境川に咲く百十郎桜(2009年4月撮影)

新境川と北派川[編集]

新境川(境川放水路)と北派川はつながっているため同じ川として混同されやすいが、正確には 新境川と北派川の境界は中屋大橋北一メートル地点である。 また、それを示す根拠として、新境川と北派川の境界地点には岐阜県と国土交通省の管理境界柱がある。

しかし昭和3年当時の境川放水路計画では、境川放水路を建設するのは現在の愛知県道151号・岐阜県道114号一宮各務原線の中屋橋までであった。

主な橋[編集]

(以上は旧境川本流部分の新境川、以下は境川放水路)

(以下は北派川

脚注[編集]

  1. ^ 五万分一地形圖 (1888) - 今昔マップ on the web

外部リンク[編集]