静峰ふるさと公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
静峰ふるさと公園
公園の入り口

静峰ふるさと公園(しずみねふるさとこうえん)は茨城県那珂市にある公園で、『日本さくら名所100選』に選ばれている。

1965年に当時の茨城県那珂郡瓜連町が町の西側の丘陵地 40,000 m2 を造成、1970年には 120,000 m2 に拡張された。 1988年からは「ふるさとづくり特別対策事業」として、遊具施設、水上ステージ、水鳥の池などが整備された。 また、園内の一角には、入浴設備などを備えた余暇活用施設「しどりの里」がある。 なお、「しどり」は漢字にすれば「静織」で太古にこの地で織物が作られたことに由来すると『常陸国風土記』に記されている。

園内には約2,000本のサクラが植えられているが、主にヤエザクラであり、花の見頃は4月下旬から5月上旬になる。 そのほかにも、ウメソメイヨシノツツジアジサイハギなどが植えられ、四季を通じて花が楽しめる。

公園の東側は常陸二ノ宮である静神社の境内に接している。

所在地[編集]

開園時間[編集]

  • 開園時間:9:00 - 17:00(夜桜期間中は9:00 - 21:00)
  • 月曜(休日の場合は火曜)及び12月28日 - 1月4日は休園