熊谷桜堤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
熊谷桜堤(2009年4月10日撮影)

熊谷桜堤 (くまがやさくらつつみ)は、埼玉県熊谷市荒川北岸の堤防の内、荒川大橋付近から下流、約2kmの区間の名称で観光名所。

概要[編集]

約500本ものソメイヨシノ)が植えられていて、毎年熊谷さくら祭が開催され、花見客で賑わいを見せている。1990年(平成2年)には、日本さくら名所100選にも選ばれている。 熊谷駅から徒歩5分というアクセスの良さも好評。

歴史[編集]

万平公園に残された旧熊谷堤の一部

1580年頃、熊谷堤(現在の熊谷桜堤とは別の位置でもっと現在の駅の位置に近かった)が築かれ、その後、桜が植えられた。

江戸時代頃より、桜の名所として有名になる。

明治時代に入って、一度枯れてしまったが、1886年(明治19年)より植樹を開始し復活、1910年(明治43年)には906本に達した。 1923年(大正12年)には、内務省から名勝の指定を受けたり、上野からの花見客向け臨時列車が運転されるなど、大いに栄えていたが、1925年(大正14年)、大火にあい、多くが焼失、衰えてしまった。

1952年(昭和27年)、荒川改修に伴い、新たな熊谷堤が築かれ、そこに熊谷市・市制施行20周年事業として植樹、現在の熊谷桜堤となる。

1954年(昭和29年)、熊谷堤の名勝指定が解除された。旧熊谷堤の一部は、万平公園として残されている。また、旧熊谷堤の東端に、名勝熊谷堤の石碑が今も残されている。

アクセス[編集]

JR上越新幹線・JR高崎線秩父鉄道秩父本線熊谷駅南口より、徒歩5分。

イベント[編集]

この熊谷桜堤では、春と夏に大きなイベントが開催される。

熊谷さくらマラソン大会[編集]

  • 熊谷運動公園陸上競技場をメインスタンドとする市民マラソン。一部コースでは、熊谷桜堤の下を走る。開催時期は3月下旬で、熊谷桜堤は満開になっていないことが多い。
    詳しくは、項目を参照のこと。

熊谷さくら祭[編集]

  • 熊谷桜堤の桜を楽しむために熊谷市(正確には、熊谷市観光協会・熊谷商工会議所・熊谷市商店街連合会)が主催する祭。開催時期は大体3月下旬から4月上旬頃に桜の開花状況に応じて、1週間ほど開催される。花見客で賑わっており、夜桜を楽しむ花見客も多い。

熊谷花火大会[編集]

  • 熊谷桜堤の対岸の河川敷を打ち上げ会場として毎年8月に開催される、熊谷花火大会では、この熊谷桜堤及び直下の河川敷がメイン会場となっている。1週間ほど行われるさくら祭と比べ、1夜限りである花火大会は、どうしても観覧客が集中してしまい、荒川大橋含め、駅南口周辺および熊谷桜堤周辺は大混雑となり、車両通行止めなどの措置を取る。
    詳しくは、項目を参照のこと。

万平公園[編集]

  • 旧熊谷堤の一部が残された公園である、こちらにも桜が残されている。
  • 熊谷桜堤より歩いてすぐのところにある。
  • 旧熊谷堤は、「万平出し」もしくは「万平堤」と呼ばれている。

熊谷市内における他の桜の名所[編集]

  • 熊谷運動公園 - 「熊谷さくらマラソン大会」のメイン会場。
  • 桜リバーサイドパーク - 和田吉野川右岸にある。
  • 中央公園 - 市役所脇にある公園、多数の桜が植えられている。
  • 熊谷スポーツ文化公園 - 園内各地に桜が植えられている。
  • 別府沼公園

など

関連項目[編集]

外部リンク[編集]