斐伊川堤防桜並木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
斐伊川堤防桜並木(2008年4月13日撮影)
斐伊川堤防桜並木(2009年3月28日撮影)

斐伊川堤防桜並木(ひいかわていぼうさくらなみき)は、島根県雲南市木次町に流れる斐伊川の堤防沿い約2km(木次駅前から上流)の区間に植えられた桜並木の名称。

概要[編集]

約800本のソメイヨシノが植えられている。

1990年(平成2年)には、日本さくら名所100選にも選ばれている。

アクセス[編集]

催し物[編集]

  • 3月下旬から4月上旬まで、桜並木沿いに行灯が灯される。また、期間中には「きすき桜まつり」が2日間の日程で開催され、木次駅前に設置される特設ステージでのイベントや、山陰放送(BSSラジオ)の公開生放送など様々な催し物が行われる。
  • きすき桜まつり期間中、雲南ブランド化プロジェクトの一環として体験フェアと題し、木次町の商店街に約100mのロングテーブルが設置される。

周辺の桜の名所[編集]

※雲南市公式サイトによる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]