三刀屋城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
三刀屋城
島根県
三刀屋城本丸遠景
三刀屋城本丸遠景
別名 尾崎城、天神丸城
城郭構造 連郭式山城
天守構造 不明
築城主 諏訪部扶長
築城年 承久3年(1221年)か
主な改修者 毛利氏堀尾吉晴
主な城主 三刀屋氏毛利氏堀尾氏
廃城年 不明
遺構 堀、土塁、石垣
指定文化財 島根県史跡
位置 北緯35度17分37.35秒
東経132度52分19.47秒

三刀屋城(みとやじょう)は、島根県雲南市三刀屋町にあった日本の城1986年、島根県の史跡に指定された。

概要[編集]

三刀屋城は、山陰と山陽とを結ぶ街道沿いに位置する交通上の要衝で、尼子方の拠点として尼子十旗の一つに数えられた。

三刀屋城の歴史は旧く、承久3年に三刀屋郷の地頭職に任じられた諏訪部扶長が築城したと伝わる。その後、扶長の末裔が三刀屋氏を称し、天正16年に三刀屋久扶が領地を没収されるまで、同氏が拠った。

慶長5年の関ヶ原の戦いにより、毛利氏が周防長門二ヶ国に減封されると、替って封じられた堀尾氏が入城した。堀尾氏は当初、三刀屋城を改修しようと考えていたが、一国一城令により廃城となり、松江城へ移ったとされる。当時改修中の石垣が今でも現存しており、その大きさから、堀尾氏が松江城ではなく、三刀屋城を本拠にしようとしていたという説がある。

沿革[編集]

外部リンク[編集]