百十郎桜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

百十郎桜(ひゃくじゅうろうさくら)とは、岐阜県各務原市を流れる新境川の両岸に設けられた並木である。1963年昭和38年)に同市発足を記念して、植樹された[1]。その後1983年(昭和58年)に、同市出身で1931年(昭和6年)と1932年(昭和7年)に新境川沿いに"吉野桜(ソメイヨシノ)"を寄附した歌舞伎役者市川百十郎の名を取って、「百十郎桜」と名付けられた。1990年平成3年)に『日本さくら名所100選』に、2003年(平成16年)3月には『飛騨・美濃さくら三十三選』にも選ばれている。現在1,000本以上の桜が植えられており、花見の時期(桜まつり20万人の広場)には毎年約20万人が訪れる。

新境川に咲く百十郎桜(2009年4月撮影)

歴史[編集]

  • 1963年昭和38年) - 各務原市発足を記念して、植樹開始。
  • 1983年(昭和58年) - 「百十郎桜」と命名される。
  • 1990年平成3年) - 『日本さくら名所100選』に選ばれる。
  • 2003年(平成16年)3月 - 『飛騨・美濃さくら三十三選』に選ばれる。

市川百十郎による寄付[編集]

市川百十郎は1931年(昭和6年)、一時故郷である岐阜県稲葉郡大島村(現在の各務原市蘇原大島町)に戻り、村歌舞伎の村国座で公演を行なっている。この時同じ年に完成した境川放水路(現・新境川)の工事で多くの人が亡くなった事を聞き、その供養にと1931年に1,000本、1932年(昭和7年)に200本の"吉野桜"を寄附した。この吉野桜は新境川の堤防に植樹され、後に"桜の名所"として地元の人々に親しまれるようになった。 しかし太平洋戦争による物資不足のためにする目的で、桜の木は次々と伐採されてしまう。さらに終戦後も物資不足は続き、伐採が止まらなかったため、最終的に残ったのは、境川分岐点北端の山崎橋から南300メートルほどの数十本程度であった。そこで、既存の桜の南端から那加町まで、戦後早々に新しく苗木が植えられた。しかし、これらの若い木は1960年代ごろまでは花をつけなかった。

今後の計画[編集]

各務原市は2008年度(平成20年度)からこの桜並木を更に延長させ、市内一円を大きな桜の輪で囲む、総延長31kmを誇る桜の回廊を2012年度(平成24年度)に完成させた。

関連書籍[編集]

  • 『さいたさいた百十郎桜』赤座憲久・作、田中槙子・絵(新日本出版社1994年7月)
  • 『百十郎桜分布図』百十郎桜保全ボランティア/編(百十郎桜保全ボランティア、2002年

脚注[編集]

  1. ^ 当時植えられたのはソメイヨシノである。

外部リンク[編集]