ヤエザクラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
八重桜から転送)
移動先: 案内検索
八重桜の一種

八重桜(やえざくら)は八重咲きになるサクラの総称。多くの品種があるが、とりわけよく見る品種としてはカンザンイチヨウフゲンゾウヤエベニシダレなどがある。

花弁の枚数は300枚近くに達する例もあり、花弁が非常に多く細い菊咲きの場合には特にキクザクラという名称で呼ばれることもある。

多くはヤマザクラソメイヨシノに比べて開花期が1~2週間ほど遅く、関東や関西での見頃は4月中旬以降であり、開花から散り始めまでの期間が比較的長いのも特徴になっている。花はやや大きめで丸くふんわりとした形になり、一輪から非常に豪華である[1]

多くの園芸品種が作出されており、フゲンゾウは室町時代から存在していた事が知られており、今日では強健さと鑑賞性の高さを特徴とするカンザンとイチヨウが多く植樹されている[2][3]。関東では新宿御苑が、関西では「桜の通り抜け」として知られる大阪の造幣局がヤエザクラの名所として有名である。

画像[編集]

出典[編集]

  1. ^ 八重桜(牡丹桜)の花言葉と育て方!種類や品種、見頃の季節は? ホルティ
  2. ^ カンザン 関山
  3. ^ 平成28年度 配布対象品種一覧 (PDF)”. 日本花の会. 2016年5月2日閲覧。

関連項目[編集]