ヤエザクラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
八重桜から転送)
移動先: 案内検索
満開の八重桜の木(玉丘史跡公園

八重桜(やえざくら)は八重咲きになるサクラの総称[1]ヤマザクラサトザクラより変化したものでボタン桜とも呼ばれる[2]

概要[編集]

関西では4月中旬に満開となる八重桜(玉丘史跡公園

八重桜は一つのサクラの品種ではなく、八重咲きを付けるサクラの総称である。多くの品種があり、日本でとりわけ多くみられる品種としてはカンザン(関山)やイチヨウフゲンゾウ(普賢象)、ヤエベニシダレ(八重紅枝垂れ)などがある[1]

花弁の枚数は300枚近くに達する例もあり、花弁が非常に多く細い菊咲きの場合には特にキクザクラという名称で呼ばれることもある。

多くはヤマザクラソメイヨシノに比べて開花期が1~2週間ほど遅く、ちょうどソメイヨシノが散るのと同じ時期に開花を始める。関東関西での見頃は4月中旬以降であり、開花から散り始めまでの期間が比較的長いのも特徴になっている。花はやや大きめで丸くふんわりとした形になり、一輪から非常に豪華に花ビラを重ねるものまで多彩である[3]

多くの園芸品種が作出されており、フゲンゾウは室町時代から存在していた事が知られており、今日では強健さと鑑賞性の高さを特徴とするカンザンとイチヨウが多く植樹されている[4][5]。関東では新宿御苑が、関西では「桜の通り抜け」として知られる大阪の造幣局がヤエザクラの名所として有名である。

和歌に詠まれた八重桜[編集]

八重桜は古くより風物詩として親しまれ、日本人との関わりの歴史は長い。 「いにしへの 奈良の都の 八重桜 けふ九重に にほひぬるかな」(伊勢大輔[1]

女房装束[編集]

平安時代に宮仕えをしていた女房装束五衣桜色を用いることを「八重桜」と表現していた[2]

画像[編集]

満開の八重桜 

出典[編集]

  1. ^ a b c 知識の宝庫 - 八重桜の名前の由来は?詠まれた和歌やその開花時期とは?
  2. ^ a b コトバンク - デジタル大辞泉の解説【八重桜】
  3. ^ 八重桜(牡丹桜)の花言葉と育て方!種類や品種、見頃の季節は? ホルティ
  4. ^ カンザン 関山
  5. ^ 平成28年度 配布対象品種一覧 (PDF)”. 日本花の会. 2016年5月2日閲覧。

関連項目[編集]