大湊基地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
津軽海峡周辺の海自(◆)・空自基地(▲)。1-松前警備所、2-松前警備所白神支所、3-竜飛警備所、4-函館基地隊、5-大湊基地、6-下北海洋観測所、7-車力分屯基地、8-大湊分屯基地

大湊基地(おおみなときち、JMSDF Ominato Naval Base)は、青森県むつ市大湊町4-1、大湊町1-22、大湊町2-50、大湊町14-47、大字城ヶ沢字早崎2、大字大湊石橋25などの複数の地区に所在する海上自衛隊基地の総称である。

概要[編集]

内湾である陸奥湾内にあり、地の利も良い。砂嘴である芦崎に囲まれた水域が軍港であり、港湾の南西部には、大湊航空基地も整備されている。旧海軍が建設した修理用ドックを引き続き運用しており、海上自衛隊の基地で唯一、専用のドックを保有している。

大湊にはもう一つ、釜臥山航空自衛隊大湊分屯基地があり、防空のレーダーサイトを備えるが、海上自衛隊とは別の基地である。

沿革[編集]

  • 1953年(昭和28年)9月16日:海上自衛隊の前身である保安庁警備隊大湊地方隊が新編された。
  • 1954年(昭和29年)1月20日:大湊駐屯地が新設[1]
  • 1960年(昭和35年)8月9日:自衛隊大湊病院が開設される。
  • 1962年(昭和37年)8月15日:大湊駐屯地が廃止[2]

配置部隊・機関[編集]

大湊航空基地[編集]

大湊飛行場
IATA: なし - ICAO: RJSO
概要
国・地域 日本の旗 日本
所在地 青森県むつ市
種類 軍用
所有者 防衛省
運営者 海上自衛隊
所在部隊 第25航空隊
標高 7 m
座標 北緯41度14分04秒 東経141度08分00秒 / 北緯41.23444度 東経141.13333度 / 41.23444; 141.13333
地図
空港の位置
空港の位置
RJSO
空港の位置
滑走路
方向 長さ×幅 (m) 表面
04/22 600×45 アスファルト
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示
大湊基地の位置
大湊基地の位置
AOJ/RJSA
大湊基地の位置
大湊航空基地付近の空中写真。(1975年撮影)
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

大湊航空基地(おおみなとこうくうきち)は、青森県むつ市にある海上自衛隊大湊基地内にある飛行場である。これまで大湊地方隊隷下の「大湊航空隊」(大空)が置かれていたが、2008年(平成20年)3月26日の海上自衛隊体制移行による部隊再編に伴い、「大湊航空隊」は第21航空群隷下に編入され「第25航空隊」に改編された。また、救難任務を主とする第73航空隊(隊本部:館山航空基地)「大湊航空分遣隊」が編成されている。

第25航空隊は対潜哨戒ヘリコプターSH-60Jで、主に大湊基地に在籍する艦艇に搭載される。

第73航空隊大湊航空分遣隊は救難ヘリコプターUH-60Jで、主に災害派遣等、救難任務を行っている。

大湊航空基地沿革[編集]

  • 1956年(昭和31年)6月16日 :大湊地方隊隷下に大湊航空隊が編成。
  • 2008年平成20年)3月26日
    • 大湊航空隊が航空集団隷下の第21航空群に編入され第25航空隊に改編。
    • 第73航空隊大湊航空分遣隊新編。

大湊航空基地配置部隊[編集]

  • 第25航空隊
    • 隊総務室
    • 隊先任伍長室
    • 隊幕僚室
    • 第251飛行隊:SH-60J(コールサイン "BATTLEAX")
    • 第251整備補給隊
    • 大湊航空基地隊
  • 第73航空隊(隊本部:館山航空基地)大湊航空分遣隊:UH-60J(コールサイン "GUARDIAN")

脚注[編集]

  1. ^ 保安庁法施行令の一部を改正する政令(昭和29年1月18日政令第4号)”. 国立公文書館デジタルアーカイブ. 2017年2月14日閲覧。
  2. ^ 自衛隊法施行令の一部を改正する政令(昭和37年6月30日政令第275号)”. 国立公文書館デジタルアーカイブ. 2017年2月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]