小月教育航空群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小月教育航空群
創設 1965年(昭和40年)3月25日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Naval Ensign of Japan.svg 海上自衛隊
部隊編制単位
兵種/任務/特性 航空機教育隊
所在地 山口県 下関市
上級単位 教育航空集団
テンプレートを表示

小月教育航空群(おづききょういくこうくうぐん、英称:Air Training Group Ozuki)とは、海上自衛隊教育航空集団に属する教育航空群のひとつであり、海上自衛隊の航空部隊の基幹となるパイロット及び戦術航空士(TACO)を養成する第一の部隊である[1]。部隊は小月航空基地山口県下関市)に所在しており、群司令は1等海佐(一)[2]をもって充てられている[3]

概要[編集]

航空学生や幹部学生は、小月教育航空隊で基礎教育(航空学生約2年、幹部学生約3ヶ月[4])を受けた後、第201教育航空隊で飛行訓練を行う。201教空での訓練期間中に固定翼要員、回転翼要員、戦術航空士要員に進路が分かれる[4]。なお、海上自衛隊のパイロット及び戦術航空士は例外なく全員、小月教育航空隊を修業している[1]。また、陸上自衛隊海上保安庁から固定翼機操縦士の教育を受託しており、若干名が共に訓練を受けている。

沿革[編集]

  • 1964年(昭和39年)7月25日:「臨時小月派遣隊」として新編。
  • 1965年(昭和40年)3月25日:臨時小月派遣隊が「小月教育航空群」として新編。鹿屋教育航空群第201教育航空隊が鹿屋航空基地から小月航空基地に移転し、隷下に編入。
    • 新編時の編成(司令部・第201教育航空隊・第203支援整備隊・小月航空基地隊)。
  • 1968年(昭和43年)11月30日教育航空集団直轄第221教育航空隊が館山航空基地から小月航空基地に移転し、隷下に編入。
  • 1980年(昭和55年)4月17日:小月航空基地隊隷下に「小月救難飛行隊」が新編。
  • 1989年(平成元年)3月22日:第201教育航空隊にT-5が配備。
  • 1997年(平成09年)3月24日:第221教育航空隊を「小月教育航空隊」に、第203支援整備隊を「第201支援整備隊」に改称。
  • 1998年(平成10年)12月8日:補給整備部門の組織改編により第201支援整備隊を「第201整備補給隊」に改編。
  • 2008年(平成20年)3月26日:体制移行による部隊改編により、小月救難飛行隊が廃止。同隊所属機は大村航空基地に移転し第22航空群「第72航空隊」を新編。

部隊編成[編集]

  • 小月教育航空群司令部(小月航空基地
    • 小月教育航空隊
      • 隊本部
      • 小月教育隊
      • 小月学生隊
    • 第201教育航空隊:T-5
      • 隊本部
      • 第201教育飛行隊
      • 第201列線整備隊
      • 第201学生隊
    • 第201整備補給隊
      • 隊本部
      • 第201電子整備隊
      • 第201補給隊
    • 小月航空基地隊
      • 隊本部
      • 小月管理隊
      • 小月警衛隊
      • 小月運航隊
      • 小月経理隊
      • 小月厚生隊
      • 小月航空衛生隊

設置されている課程[編集]

  • 操縦士基礎(共通)課程
  • 操縦士基礎(固定翼)課程
  • 操縦士基礎(回転翼)課程

主要幹部[編集]

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
小月教育航空群司令 1等海佐 柴田俊司 2016年12月16日 海上自衛隊幹部学校運用教育研究部
図演装置運用課長
首席幕僚 1等海佐 坂本竜児 2016年04月01日 航空集団司令部幕僚
小月教育航空隊司令 1等海佐 國松剛 2016年08月01日 下総航空基地隊副長
第201教育航空隊司令 1等海佐 藤森丈士 2016年11月21日 教育航空集団司令部教育主任幕僚
第201整備補給隊司令 2等海佐 大竹広了 2017年03月31日 近畿中部防衛局調達部首席検査官
小月航空基地隊司令 2等海佐 満窪優 2016年06月10日 対潜資料隊副長
歴代の小月教育航空群司令(特記ない限り1等海佐(一))
氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考
1 宮武 豊 1965年3月25日
1965年11月15日
海兵65期 教育航空集団司令部幕僚長
→1965年3月16日
教育航空集団司令部付
航空集団司令部幕僚長
2 後藤仁一 1965年11月16日
1967年7月15日
海兵66期 海上幕僚監部防衛部運用課運用班長 海上幕僚監部先任副監察官
3 坂本照道 1967年7月16日
1968年5月6日
海兵65期 鹿屋教育航空群司令 退職
4 永野 勉 1968年5月7日
1970年5月15日
海兵67期 教育航空集団司令部幕僚長 東京業務隊付
→1970年6月2日 退職
5 石田鏡三 1970年5月16日
1972年12月15日
海兵69期 大湊地方総監部防衛部長 第1航空群司令
6 佐野好男 1972年12月16日
1975年7月31日
海兵71期 防衛大学校教授 東京業務隊付
→1976年1月1日 退職・海将補
7 田ヶ原俊彦 1975年8月1日
1977年6月30日
海兵73期 航空集団司令部幕僚 第2航空群司令
8 河野忠雄 1977年7月1日
1978年3月15日
海兵73期 大湊航空隊司令 第4航空群司令
9 鈴木 真 1978年3月16日
1979年6月30日
海兵73期 海上幕僚監部防衛部防衛課業務班長 海上幕僚監部防衛部副部長
10 古閑健一郎 1979年7月1日
1980年6月30日
熊本大
3期幹候
海上幕僚監部防衛部教育第2課長 航空集団司令部幕僚長
11 小川英夫 1980年7月1日
1981年6月30日
九州大
4期幹候
海上幕僚監部防衛部教育第2課長 第2航空群司令
12 寺井愛宕 1981年7月1日
1982年8月31日
海保大2期・
6期幹候
自衛艦隊司令部幕僚 第2航空群司令 1982年1月1日
海将補昇任
13 武内正博 1982年9月1日
1984年2月9日
関西学院大
6期幹候
海上幕僚監部先任副監察官 教育航空集団司令部付
→1984年3月16日 同司令部幕僚長
14 伊藤達二 1984年2月10日
1985年2月28日
防大2期 海上幕僚監部総務部人事課長 第1航空群司令 海将補
15 農塚開志 1985年3月1日
1986年12月4日
海保大3期・
8期幹候
第61航空隊司令 中央通信隊群司令
16 梶山仁志 1986年12月5日
1988年7月31日
八戸航空基地隊司令 退職・海将補
17 安藤 直 1988年8月1日
1989年12月14日
防大4期 海上幕僚監部人事教育部
人事課援護室長
教育航空集団司令部幕僚長
18 平川俊郎 1989年12月15日
1992年4月9日
防大5期 下総航空基地隊司令 退職・海将補
19 熊野梁一 1992年4月10日
1994年3月22日
防大6期 教育航空集団司令部幕僚 需給統制隊付
→1994年6月14日 退職
20 佐野克己 1994年3月23日
1995年7月31日
防大7期 海上自衛隊幹部学校主任教官 海上自衛隊幹部学校教育部長
21 細川宜晃 1995年8月1日
1996年12月1日
防大8期 厚木航空基地隊司令 退職・海将補
22 宮地 稔 1996年12月2日
1999年3月31日
防大10期 呉教育隊司令
23 田中 太 1999年4月1日
2001年4月1日
防大12期 教育航空集団司令部幕僚長
24 藤本正則 2001年4月2日
2002年9月19日
防大14期 電子情報支援隊司令 東京業務隊付
→2003年1月9日 退職
25 和田 晃 2002年9月20日
2003年7月31日
防大14期 鹿屋航空基地隊司令 東京業務隊付
→2003年11月13日 退職
26 遠山和雄 2003年8月1日
2004年12月20日
東海大
25期幹候
統合幕僚会議事務局第3幕僚室
中央指揮所管理運営室長
退職・海将補
27 木村 啓 2004年12月20日
2006年4月10日
同志社大
24期幹候
航空管制隊司令
28 安田義人 2006年4月10日
2007年12月3日
防大19期 第51航空隊司令
29 長内辰也 2007年12月3日
2009年4月1日
防大20期 防衛大学校教授
30 後藤忠司 2009年4月1日
2010年3月29日
防大21期 教育航空集団司令部幕僚長
31 伊東健一 2010年3月29日
2011年7月1日
防大22期
32 小沼誠一郎 2011年7月1日
2013年8月19日
防大24期 海上自衛隊幹部学校主任教官 東京業務隊付
→2013年11月8日 退職
33 林 稔夫 2013年8月20日
2015年3月21日
防大27期 海上幕僚監部防衛部施設課長 死去・海将補
34 春花和広 2015年3月26日
2016年12月15日
防大27期 海上幕僚監部首席法務官 退職・海将補
35 柴田俊司 2016年12月16日 法政大
36期幹候
海上自衛隊幹部学校運用教育研究部
図演装置運用課長

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]