第2護衛隊群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第2護衛隊群
創設 1954年(昭和29年)7月1日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Naval Ensign of Japan.svg 海上自衛隊
部隊編制単位
兵種/任務/特性 艦隊
所在地 長崎県 佐世保市
上級単位 護衛艦隊
テンプレートを表示

第2護衛隊群(だいにごえいたいぐん、英称:Escort Flotilla 2)とは、海上自衛隊護衛艦隊隷下の護衛艦部隊(護衛隊群)の一つであり、部隊は佐世保基地及び横須賀基地に配備されている。 群司令は海将補(二)をもって充てられている[1]

沿革[編集]

司令部編成[編集]

司令部は、佐世保基地に設置されている。

  • 護衛隊群司令
    • 首席幕僚
    • 幕僚
    • 先任伍長

また、自衛艦隊#司令部の編成を参照。

部隊編成[編集]

※ 平成29年3月22日時点


再編前の部隊編成[編集]

2008年3月25日以前の再編前の部隊編成は下記の通りである。

  • 直轄艦
    • DDH-144 くらま


主要幹部[編集]

官職名 氏名 階級 補職発令日 前職
第2護衛隊群司令 海将補 泉博之 2015年12月01日 海上幕僚監部人事教育部補任課長
首席幕僚 1等海佐 工藤正徳 2017年08月07日 海上幕僚監部防衛部運用支援課企画班長
第2護衛隊司令 1等海佐 齊藤浩司 2017年06月19日 海上幕僚監部防衛部
防衛課分析室長
第6護衛隊司令 1等海佐 近藤匡 2016年12月01日 護衛艦隊司令部勤務
歴代の第2護衛隊群司令
(特記ない限り海将補)
氏名 在職期間 出身校・期 前職 後職 備考
第2船隊群司令(警備監補)
- 庵原貢 1953.8.16
1954.6.30
海兵52期・
海大35期
舞鶴地方総監部
兼 舞鶴練習隊司令
→1953.7.8 横須賀地方総監部
海上幕僚監部
→1954.8.3 同総務部長
第2護衛隊群司令
1 大松勝藏 1954.7.1
1956.1.15
海兵54期・
海大37期
警備隊術科学校副学長 海上自衛隊術科学校横須賀分校長
2 福地誠夫 1956.1.16
1956.7.31
海兵53期・
海大35期
海上幕僚監部調査部長 海上幕僚監部総務部長
3 中山定義 1956.8.1
1957.7.31
海兵54期・
海大36期
海上自衛隊幹部学校 海上幕僚監部附
→1957.11.1 練習隊群司令
4 三上作夫 1957.8.1
1958.9.30
海兵56期・
海大37期
統合幕僚会議事務局第3班長 海上幕僚監部防衛部長
5 麻生孝雄 1958.10.1
1960.3.15
海兵55期・
海大37期
海上幕僚監部防衛部長 自衛艦隊司令官 1959.8.1 海将昇任
6 関戸好蜜 1960.3.16
1960.11.30
海兵57期 海上幕僚監部防衛部副部長
→1960.2.5 第2護衛隊群司令部付
第3護衛隊群司令
7 瀧川孝司 1961.2.1
1962.1.15
海兵59期 自衛艦隊幕僚長 海上自衛隊幹部候補生学校 就任時1等海佐
1961.7.1 海将補昇任
8 佐藤文雄 1962.1.16
1964.1.15
海兵59期 海上自衛隊幹部候補生学校長 海上自衛隊幹部候補生学校長
9 井上團平 1964.1.16
1965.3.15
海兵60期 海上自衛隊幹部学校副校長 海上幕僚監部附
→1965.7.1 退職
10 石塚 榮 1965.3.16
1965.7.15
海兵63期 海上自衛隊幹部学校研究部長 防衛研修所副所長
11 石隈辰彦 1965.7.16
1966.6.30
海兵65期 海上幕僚監部総務部人事課長 自衛艦隊司令部幕僚長 就任時1等海佐
1966.1.1 海将補昇任
12 北村謙一 1966.7.1
1967.12.15
海兵64期 自衛艦隊司令部幕僚長 海上幕僚監部附
→1968.1.1 同防衛部長
13 藤平 卓 1967.12.16
1968.11.24
海兵65期 実用実験隊司令 横須賀地方副総監
14 溝口智司 1968.11.25
1970.6.30
海兵66期 横須賀地方副総監 海上幕僚監部附
→1970.9.1
防衛大学校訓練部長
15 石野自彊 1970.7.1
1971.6.30
海兵69期 海上自衛隊幹部学校研究部長 海上幕僚監部監察官
16 磯辺秀雄 1971.7.1
1973.3.15
海兵68期 大湊地方総監部幕僚長 海上幕僚監部附
→1973.7.1 退職
17 常廣栄一 1973.3.16
1974.12.4
海兵71期 護衛艦隊司令部幕僚長 練習艦隊司令官 就任時1等海佐
1973.7.1 海将補昇任
18 前田優 1974.12.5
1976.3.15
海兵73期 舞鶴地方総監部幕僚長 統合幕僚会議事務局
第5幕僚室長
19 伊藤正敬 1976.3.16
1977.12.4
海兵72期 自衛艦隊司令部幕僚 海上幕僚監部附
→1978.4.1 退職
20 伴野丈夫 1977.12.5
1979.1.31
海兵74期 大湊地方総監部幕僚長 開発指導隊群司令
21 西野高行 1979.2.1
1980.12.4
海兵75期 海上幕僚監部防衛部運用課長 海上幕僚監部附
→1981.2.10 退職
22 吉岡 勉 1980.12.5
1982.8.31
第51護衛隊司令 佐世保地方総監部
→1982.10.1 退職
23 後藤 理 1982.9.1
1984.3.15
防大1期 海上幕僚監部総務部人事課長 海上幕僚監部附
→1984.6.6 同総務部長
24 佐久間一 1984.3.16
1985.2.28
海上幕僚監部防衛部副部長 海上幕僚監部附
→1985.4.16 同防衛部長
25 吉川圭祐 1985.3.1
1985.12.19
第4護衛隊群司令 自衛艦隊司令部幕僚長
26 岩澤 徹 1985.12.20
1987.12.1
防大3期 海上幕僚監部防衛部装備体系課長 練習艦隊司令官
27 林崎千明 1987.12.2
1989.3.15
防大4期 海上幕僚監部防衛部副部長 海上幕僚監部防衛部長
28 野尻勝馬 1989.3.16
1990.8.12
防大5期 護衛艦隊司令部幕僚長 阪神基地隊司令
29 東 智亮 1990.8.13
1991.6.30
防大6期 佐世保地方総監部防衛部長 横須賀地方総監部幕僚長
30 石山 嵩 1991.7.1
1992.9.9
防大9期 海上幕僚監部監理部総務課長 護衛艦隊司令部幕僚長
31 金子 豊 1992.9.10
1993.12.14
防大9期 護衛艦隊司令部幕僚長 海上幕僚監部監察官
32 山田道雄 1993.12.15
1995.12.14
防大11期 海上幕僚監部防衛部装備体系課長 練習艦隊司令官 就任時1等海佐
1994.4.1 海将補昇任
33 牧本信近 1995.12.15
1997.6.30
防大13期 潜水艦隊司令部幕僚長 海上自衛隊幹部学校副校長
34 関 泰雄 1997.7.1
1998.12.7
防大14期 海上幕僚監部防衛部運用課長 練習艦隊司令官
35 加藤 保 1998.12.8
2001.3.26
防大17期 海上幕僚監部防衛部防衛課長 舞鶴地方総監部幕僚長
36 本多宏隆 2001.3.27
2003.3.26
防大14期 佐世保地方総監部幕僚長 護衛艦隊司令部幕僚長
37 柴田雅裕 2003.3.27
2005.1.11
名工大
27期幹候
護衛艦隊司令部幕僚長 練習艦隊司令官
38 松下泰士 2005.1.12
2006.12.5
防大22期 海上幕僚監部人事教育部補任課長
39 山口 透 2006.12.6
2008.3.25
第4護衛隊群司令 開発隊群司令
40 野口 均 2008.3.26
2009.12.6
防大21期 自衛艦隊司令部作戦主任幕僚
41 大塚海夫 2009.12.7
2010.12.19
防大27期 海上自衛隊幹部学校副校長 練習艦隊司令官
42 淵之上英寿 2010.12.20
2011.11.30
防大26期 護衛艦隊司令部幕僚長
43 湯浅秀樹 2011.12.1
2013.12.2
防大30期 海上幕僚監部人事教育部補任課長
44 岩崎英俊 2013.12.3
2015.11.30
防大31期 海上自衛隊幹部学校副校長
45 泉 博之 2015.12.1
早大
41期幹候
海上幕僚監部人事教育部補任課長

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 世界の艦船』第358号 特集・自衛艦隊(海人社、1985年12月号)
  • 『世界の艦船』第750号 特集・護衛艦隊の50年(海人社、2011年11月号)

外部リンク[編集]

関連項目[編集]