ゆうだち (護衛艦・2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ゆうだち
ベンガル湾を航行する「ゆうだち」
ベンガル湾を航行する「ゆうだち」
基本情報
建造所 住友重機械追浜造船所浦賀工場
運用者  海上自衛隊
艦種 汎用護衛艦(DD)
級名 むらさめ型護衛艦
母港 大湊
所属 第3護衛隊群第7護衛隊
艦歴
発注 1994年
起工 1996年3月18日
進水 1997年8月19日
就役 1999年3月4日
要目
基準排水量 4,550トン
満載排水量 6,100トン
全長 151m
最大幅 17.4m
深さ 10.9m
吃水 5.2m
機関 COGAG方式
主機 IHILM2500ガスタービン × 2基
川崎スペイSM1C × 2基
出力 60,000PS
推進器 スクリュープロペラ × 2軸
最大速力 30ノット
乗員 165名
兵装 62口径76mm単装速射砲 × 1門
Mk.15 Mod12 高性能20mm機関砲(CIWS) × 2基
90式艦対艦誘導弾 (SSM-1B)/ ハープーン4連装発射筒 × 2基
Mk.41 Mod6 VLS (VLA SUM) × 16セル
Mk.48 Mod4 VLS (ESSM 短SAM) × 16セル
HOS-302 3連装短魚雷発射管 × 2基
搭載機 SH-60J/K 哨戒ヘリコプター × 1/2機
C4ISTAR OYQ-9 戦術情報処理装置
OYQ-103 対潜情報処理装置
レーダー OPS-24B 対空
OPS-28D 水上
OPS-20 航海用
81式射撃指揮装置2型-31 × 2基
ソナー OQS-5 ソナー
OQR-2C 曳航式
電子戦
対抗手段
NOLQ-3 電波探知妨害装置
Mk.137 デコイ発射機 × 4基
その他 SLQ-25 対魚雷デコイ
テンプレートを表示

ゆうだちローマ字JS Yuudachi, DD-103)は、海上自衛隊護衛艦むらさめ型護衛艦の3番艦。艦名は「夕立」に由来し、この名を受け継ぐ日本の艦艇としては、旧海軍神風型駆逐艦 (初代)夕立」、白露型駆逐艦夕立」、むらさめ型護衛艦 (初代)ゆうだち」に続き4代目に当たる。

艦歴[編集]

「ゆうだち」は、中期防衛力整備計画に基づく平成6年度計画4,400トン型護衛艦2232号艦として、住友重機械追浜造船所浦賀工場で1996年3月18日に起工され、1997年8月19日に進水、1999年3月4日に就役し、第2護衛隊群第6護衛隊に編入され佐世保に配備された。

2000年環太平洋合同演習 (RIMPAC) に参加した。

2002年7月24日テロ対策特別措置法に基づき、補給艦とわだ」と共にインド洋に派遣。同年9月まで任務に従事し、11月26日に帰国した。

2004年3月18日、編成替えにより第2護衛隊群第2護衛隊に編入された。

同年9月3日、日露捜索救難訓練(AREX)に参加する。

同年11月10日から12日にかけて護衛艦「くらま」と共に漢級原子力潜水艦領海侵犯事件海上警備行動発令)に対処するため出動。

2005年3月31日、再び同法により護衛艦「しまかぜ」、補給艦「とわだ」と共にインド洋に派遣。同年7月まで任務に従事し、9月8日に帰国した。

2007年9月4日から同月9日にかけて、インド洋・ベンガル湾にてインド主催による多国間演習である「マラバール2007」に護衛艦「おおなみ」とともに参加した[1]。12月21日に佐世保基地に帰投する。

2008年3月26日、護衛隊改編により第3護衛隊群第7護衛隊に編入された。

2008年7月24日新テロ特措法に基づき、補給艦「はまな」と共にインド洋に派遣、同年11月まで任務に従事し、12月21日に帰国した。

2010年12月1日第7次派遣海賊対処行動水上部隊として護衛艦「きりさめ」と共にソマリア沖・アデン湾を目指して佐世保から出航し[2]、任務間は合計32回290隻を護衛して2011年5月9日に帰国した。

2012年6月21日から22日にかけて、護衛艦「くらま」、「きりしま」、アメリカ合衆国海軍空母「ジョージ・ワシントン」(CVN-73)ほか数隻、大韓民国海軍の艦艇数隻と共に朝鮮半島南方海域にて日米韓共同訓練を実施した[3]

2013年2月5日の報道で、同年1月30日10時頃、東シナ海中国海軍所属の江衛II型フリゲートが本艦に向け火器管制レーダーを照射したことを防衛省は明らかにし、外務省中国に対し抗議した[4]

2013年6月3日、編成替えにより所属は第3護衛隊群第7護衛隊と変わらないが、定係港が佐世保から大湊に移った。

2016年3月6日、第24次派遣海賊対処行動水上部隊として護衛艦「ゆうぎり」と共にソマリア沖・アデン湾に向けて大湊基地から出航し[5]9月8日に大湊に帰港した[6]。なお、帰国途上の9月1日フィリピン海軍の「Rajah Humabon」(旧護衛艦「はつひ」)と親善訓練を実施した[7]

現在、第3護衛隊群第7護衛隊に所属し、定係港は大湊である。

歴代艦長[編集]

歴代艦長(特記ない限り2等海佐
氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考
1 川井一志 1999.3.4 - 2000.8.27 防大18期 ゆうだち艤装員長 かしま艦長 1等海佐
2 下山公貴 2000.8.28 - 2001.12.2 防大19期 海上自衛隊第1術科学校教官兼研究部員 第3海上訓練指導隊船務科長
3 溝部 宏 2001.12.3 - 2003.3.31 防大21期 第2海上訓練指導隊船務科長    
4 小梅三津男 2003.4.1 - 2004.4.4 防大24期 横須賀海上訓練指導隊  
5 青木 均 2004.4.5 - 2006.8.6   自衛隊京都地方連絡部募集課長    
6 市坪秀明 2006.8.7 - 2009.3.15 防大26期 せとぎり艦長 自衛艦隊司令部幕僚  
7 林田嘉信 2009.3.16 - 2011.8.18 防大27期 あしがら副長 てるづき艤装員長
8 黒木一博 2011.8.19 - 2013.8.2 防大34期 海上自衛隊第1術科学校教官 第1術科学校総務課長
9 伊保之央 2013.8.3 - 2015.4.14 防大31期 海上自衛隊第1術科学校主任教官 護衛艦隊司令部
10 馬場智也 2015.4.15 - 2017.3.7 防大40期 くらま砲雷長
11 熊井 亮 2017.3.8 - 海上幕僚監部防衛部防衛課

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 石橋孝夫『海上自衛隊全艦船 1952-2002』(並木書房、2002年)
  • 世界の艦船 増刊第66集 海上自衛隊全艦艇史』(海人社、2004年)
  • 『世界の艦船』第750号(海人社、2011年11月号)

外部リンク[編集]