Mk 41 (ミサイル発射機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Mk 41 VLS上面、ミサイル・セルの蓋。

Mk.41 垂直発射システム(Mk.41 Vertical Launching System)は、世界的に広く用いられているミサイル発射システム。垂直発射方式を採用しており、スタンダード艦対空ミサイル、トマホーク巡航ミサイル、アスロック対潜ミサイルなど、幅広い種類のミサイルを運用することができる。

なお、ミサイル発射機単体としては別に制式番号を付与しており、厳密には、Mk 41とはミサイル発射システム全体に対する名称である。

来歴[編集]

Mk.41は、もともと、先進水上ミサイル・システム(ASMS)の開発から派生するかたちで、1965年ないし1966年より着手された[1]。ASMSは1969年にはイージスシステム(AWS)と改称された[2]

1976年には基本設計が完了したものの、タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦の建造開始には間に合わず、最初の5隻ではターター・システムと同じ連装式のMk.26が搭載された。その後、6番艦「バンカー・ヒル」より本機の搭載が開始された[1]

設計[編集]

現在世界でもっとも多く運用されている垂直発射装置である。典型的なVLSとして、弾薬庫が発射機を兼ねているほか、Mk 41固有の特徴として、複数種類のミサイルを同時に並行して収容し、任意のミサイルを迅速に発射できることから、複合的な脅威に対する優れた対応能力を有する。1秒に1発のミサイルを発射することができる。またミサイルあたりのコストはMk.26の半分程度であるほか、省力性にも優れ、タイコンデロガ級では、Mk.26搭載艦では11名必要とされていた科員がMk.41搭載艦では8名に削減されている[1]

システム構成[編集]

Mk 41システムは、下表のように、垂直発射機を中核として、それを制御する発射管制装置(Launch Control Unit, LCU)などによって構成されており、構成機器等に応じて複数のバージョン(ベースラインやmodなど)に分けられる[3]

艦級 ベースライン mod 発射管制装置 発射機
タイコンデロガ級 IIA/III 0 Mk 211 mod 0/1 Mk 158 mod 0 (61セル)
スプルーアンス級 1 Mk 158 mod 0 (61セル)
アーレイ・バーク級 2 Mk 159 mod 0 (29セル)
IV/V 7 Mk 211 mod 3 Mk 176 mod 0 (64セル) Mk 177 mod 0 (32セル)
VI/VII 15 Mk 235 mod 0 Mk 176 mod 2 (64セル) Mk 177 mod 3 (32セル)

ミサイル弾薬庫と発射機を兼ねるケース(ミサイル・セルと呼称)を最小単位としており、これを8セル集めたのが1モジュールとなる。このうち、Mk 158/159発射機については、構成するモジュールのうち1つずつ、ミサイル・セル3つ分のスペースを使ってミサイル再装填用のクレーン(Replenishment handling system equipment)を設置した ストライク・ダウン・モジュールが組み込まれていた。しかし洋上でのミサイル再装填がきわめて困難であることから[1]、Mk 176/177では組み込まれなくなった[3]

またその後、モジュール単位ではなく、単一のセルでの搭載が可能な機種(Single Cell Launcher:SCL)も開発されており、Mk 25キャニスターによるESSMの試射を成功させている。

ミサイル・セル[編集]

ミサイル・セルの高さとミサイルの種類。

ミサイル・セルには、全高が異なる3つの機種があり、大型なものほど、より多くの種類のミサイルを運用することができる。アメリカ海軍がこれまでに運用しているMk 41はいずれもStrike-Lengthモジュールを使用している。

Strike-Length
もっとも大型のモジュールで、全高は約7.7メートル(303インチ)、トマホーク巡航ミサイル、スタンダード SM-2/SM-6艦隊防空およびSM-3弾道弾迎撃ミサイル、シースパローおよびESSM個艦防空ミサイル、垂直発射式アスロック対潜ミサイルを運用することができる。
Tactical-Length
中型のモジュールで、全高は約6.8メートル(266インチ)、全高が大きいトマホーク巡航ミサイルや、スタンダードミサイルのなかでも大型であるSM-2ERやSM-3、SM-6は搭載できないが、それ以外のミサイルは運用できる。
Self-Defense
全高約5.3メートル(209インチ)。もっとも小型だが、Tactical Lengthモジュールと同様のミサイルを運用することができる。

また、それぞれのミサイルは、専用のキャニスターを介してミサイル・セルに収容される。Mk 13はスタンダードSM-2MR、Mk 14はトマホーク、Mk 15はVLA用のキャニスターであり、シースパロー/ESSM用のキャニスターとしては、1発のみ収容できるMk 22と、1セルに4発収容できるMk 25がある[1]。また、弾体が大型化したスタンダードSM-2ERやSM-6、BMD用のSM-3を収容するためのMk 21も開発され、配備されている。

運用と搭載艦[編集]

Mk 41を最も早く搭載したのはタイコンデロガ級ミサイル巡洋艦の6番艦「バンカー・ヒル」以降の艦で、上表の通り61セルのMk 158発射機2基を搭載し、Mk 41 VLSのシステム全体の呼称としてはMk 41 Mod 0とされている。続いて、スプルーアンス級駆逐艦の一部艦が前甲板のアスロック8連装発射機Mk 16にかえて61セルのMk 158発射機1基を搭載し、これはMk 41 Mod 1とされた[1]

またアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦では、設計時よりMk.41の搭載が前提となっていたため、その搭載するイージスシステムおよびトマホークシステムの重要なサブシステムと位置づけられて、セル数について徹底的な検討が行われたことが知られている[4]。この結果、フライトI/IIではMk 41 Mod 2として、前甲板に29セル、後甲板に61セルを搭載した[1]

一方、カナダイロクォイ級ミサイル駆逐艦は、1990年代初頭に行われたTRUMP改修によって29セルのMk 41を搭載し、アメリカ国外では初の搭載例となった。これは、スタンダード SM-2MRの運用にのみ用いられている。これに対し、1994年より就役を開始したドイツ海軍ブランデンブルク級フリゲートではシースパロー艦対空ミサイルの運用に用いられており、逆に1996年より就役を開始した日本むらさめ型護衛艦においては、垂直発射式アスロック(VLA)の運用のみが行われており、艦対空ミサイルについては別に搭載した Mk 48 VLSで運用している。

この他にも採用が相次ぎ、現在では11ヶ国の海軍で16クラス、173隻の艦艇に搭載されて運用されている。

搭載艦[編集]

 アメリカ海軍

 中華民国海軍

  • 高雄の水陸両用コマンド船(試験船)

 オーストラリア海軍

 オランダ海軍

Naval Ensign of Japan.svg 海上自衛隊

 カナダ海軍

 スペイン海軍

 タイ海軍

 大韓民国海軍

 デンマーク海軍

 トルコ海軍

 ドイツ海軍

 ニュージーランド海軍

 ノルウェー海軍


モデル一覧[5]
mod セル数 搭載例
0 122
(61+61)
タイコンデロガ級
1 61 スプルーアンス級
2 90
(29+61)
アーレイ・バーク級フライトI/II、こんごう型[6]
4 16 ブランデンブルク級
T 29 イロクォイ級
5 8 アンザック級
7 96
(32+64)
アーレイ・バーク級フライトIIA
(DDG-79-90)
8 16 サーリヒレイス級
9 むらさめ型
10 32 ザクセン級
11 40 デ・ゼーヴェン・プローヴィンシェン級
12 48 アルバロ・デ・バサン級
13 32 李舜臣級
15 96
(32+64)
アーレイ・バーク級フライトIIA
(DDG-91-)
16 8 アデレード級
17 試験艦「あすか」[7]
18 32 たかなみ型[8]
20 96
(32+64)
あたご型[8]
22 16 ひゅうが型
29 32 あきづき型[9] [10]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g Friedman 1997, pp. 420-421.
  2. ^ 大熊 2006, pp. 46-57.
  3. ^ a b CSCS 2010, §7.1.4.
  4. ^ 大熊 2006.
  5. ^ Norman Friedman (2006). The Naval Institute guide to world naval weapon systems. Naval Institute Press. ISBN 9781557502629. http://books.google.co.jp/books?id=4S3h8j_NEmkC. 
  6. ^ NJSS (2009年9月16日). “「みょうこう」臨時修理(誘導武器)垂直発射装置VLS MK41 MOD2”. 2015年6月15日閲覧。
  7. ^ 防衛省 (2006年8月25日). “公共調達の適正化について(平成18年8月25日付財計第2017号)に基づく随意契約に係る情報の公表予定価格 契約金額 落札率 (物品役務等) (PDF)”. 2012年10月18日閲覧。
  8. ^ a b Ricardo T. Alvarez (2010-6) (PDF). Reducing the Logistics Footprint in Naval Ships Through the Optimization of Allowance Equipage Lists (AELs). NPS. http://www.dtic.mil/cgi-bin/GetTRDoc?AD=ADA524564 2012年10月18日閲覧。. 
  9. ^ yasu_osugi (2015年7月18日). “Mk41VLS of DD-117 Suzutuki”. 2015年7月24日閲覧。
  10. ^ NJSS (2015年1月17日). “「てるづき」臨修 垂直発射装置VLS MK41 MOD29 調査”. 2015年6月15日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

ウィキメディア・コモンズには、Mk 41 (ミサイル発射機)に関するカテゴリがあります。