OPS-20

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
OPS-20
OPS-20 on board DD-109.jpg
「ありあけ」搭載のOPS-20
種別 2次元レーダー
開発・運用史
開発国 日本の旗 日本
就役年 1969年
送信機
周波数 Xバンド
アンテナ
形式 導波管スロットアレイ
方位角 全周無制限
その他諸元
重量 空中線部: 39kg
送受信部: 33kg

OPS-20は、日本無線製の2次元レーダー海上における遭難及び安全に関する世界的な制度(GMDSS)に対応しており、海上自衛隊自衛艦に航海レーダーとして搭載されている。

なお、ひゅうが型・あきづき型で採用されたC型では対水上捜索レーダーとして発展しており、メインとサブの2つの空中線により構成されている。また、使用するレーダー波をパルス波から無変調連続波(CW)に変更することで被発見性を低減している。

搭載艦艇[編集]

参考文献[編集]

  • 「平成の軽空母「16DDH」- 起工まであと半年 その最新情報 (特集・明日の自衛艦)」、『世界の艦船』第650号、海人社、2005年11月、 76-83頁、 NAID 40006903906
  • 「ウエポン・システム (特集・進水目前! 注目の「19DD」) - (「19DD」の技術的特徴)」、『世界の艦船』第732号、海人社、2010年11月、 94-99頁、 NAID 40017318662

外部リンク[編集]