自衛艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

自衛艦(じえいかん)は、海上自衛隊が使用する船舶の区分の一つである。

概要[編集]

主に戦闘を行い、またはそれを支援する能力を有するもの、あるいは国外での活動が想定されるもの等を含む。つまり、任務を遂行する上で国際法上の軍艦としての資格を必要とする船舶である。海洋観測艦などの武器を装備していない補助艦艇も自衛艦に含まれる。

海上自衛隊の使用する船舶は自衛艦と支援船(港湾業務、補助的業務、訓練に使用される船艇及び保管中の船艇等)に区分される。

自衛艦は、国際法上の軍艦であるとされており、諸外国からも国際法上の軍艦として接遇されている。自衛艦は自衛艦旗を掲揚する。

“自衛艦”の英訳は「Self Defense Ship」とされている[1]。また、自衛艦は英称に際しては「JS」(Japan Ship)を冠称して、「JS Atago (DDG-177)」などと表記される。

自衛艦の区分[編集]

自衛艦は、警備艦と補助艦に区分される。警備艦はその任務により、機動艦艇、機雷艦艇、哨戒艦艇、輸送艦艇に細分される。また、補助艦はすべて補助艦艇とされている。

これよりさらに細かい区分が艦種(護衛艦、潜水艦、練習艦、海洋観測艦等)である。自衛艦の区分の細部は以下のとおりであり、それぞれの艦種の詳細については、当該ページに委ねる。

自衛艦の区分と命名基準
分類 種別 記号 建造番号 番号 名称
大分類 中分類
警備艦 機動艦艇 護衛艦 DD 1601 - 101 - 天象・気象、山岳、河川、地方の名(旧国名)
DE 1201 - 201 -
潜水艦 SS 8001 - 501 - 海象、水中動物の名、ずい祥動物の名
機雷艦艇 掃海艦 MSO 201 - 301 - 島の名、海峡(水道・瀬戸を含む)の名、種別に番号を付したもの
掃海艇 MSC 301 - 601 -
掃海管制艇 MCL - 721 -
掃海母艦 MST 462 - 461 -
哨戒艦艇 ミサイル艇 PG 821 - 821 - 鳥の名、草の名、種別に番号を付したもの
哨戒艇 PB 921 - 901 -
輸送艦艇 輸送艦 LST 4101 - 4001 - 半島(岬を含む)の名、種別に番号を付したもの
LSU 4171 - 4171 -
輸送艇 LCU 2001 - 2001 -
エアクッション艇 LCAC - 2001 -
補助艦 補助艦艇 練習艦 TV 3501 - 3501 - 名所旧跡の名、種別または船型に番号を付したもの
練習潜水艦 TSS - -
訓練支援艦 ATS 4201 - 4201 -
多用途支援艦 AMS - 4301 -
海洋観測艦 AGS 5101 - 5101 -
音響測定艦 AOS 5201 - 5201 -
砕氷艦 AGB 5001 - 5001 -
敷設艦 ARC 1001 - 481 -
潜水艦救難艦 ASR 1101 - 401 -
潜水艦救難母艦 AS 1111 - 405 -
試験艦 ASE 6101 - 6101 -
補給艦 AOE 4011 - 421 -
特務艦 ASU - 7001 -
特務艇 ASU 81 - 61 -
ASY 91 - 91 -

命名基準は、実際には「補給艦は(自らの搭載する物(水)を供給するイメージから)湖の名前」「潜水艦救難艦・潜水艦救難母艦は城の名前」「音響観測艦・多目的支援艦は灘の名前」「練習艦は神社名(旧海軍の練習巡洋艦の名前でもある)」などの、非公式な体系も存在する。

また、砕氷艦「しらせ」は、南極探検家白瀬矗ではなく、南極の「白瀬氷河」の地名から命名されたとされている(「白瀬氷河」自体は白瀬矗の名前にちなんでいる)

艦名の特殊な例としては、ましゅう型補給艦「おうみ」の艦名は、琵琶湖の万葉集における古名「淡海」からとられたものであり、自衛艦で唯一、厳密な意味では命名基準に合致しない(たかみ型掃海艇「おうみ」は、山口県の青海島から命名されたものである)

現存しない艦種[編集]

廃止された種別または該当する艦艇が存在しない種別の一覧

脚注・出典[編集]

  1. ^ 「海上自衛隊の部隊、機関等における英語の呼称について(通達)」昭和50年海幕総第3614号

関連項目[編集]

外部リンク[編集]