機雷敷設艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

機雷敷設艦(きらいふせつかん)は機雷を海中に敷設するための海軍艦艇である。

概要[編集]

機雷敷設艦の大きさは非常に幅があり、ボートのような排水量数百トンの小さな艦もあれば、駆逐艦のような数千トンある艦まであり多種多様である。

搭載する機雷とは別に、多くの機雷敷設艦は自艦防衛用の兵装を搭載している。潜水艦も機雷を敷設でき、アメリカ海軍アルゴノートはそのような潜水艦の一例である。

おそらく、歴史上最も有名な機雷敷設艦は第一次世界大戦中のガリポリの戦いで名を馳せたオスマン帝国海軍ヌスレットである。1915年3月18日、ヌスレットが敷設した機雷はイギリス海軍の戦艦イレジスティブルオーシャン、ならびにフランス海軍戦艦ブーヴェを撃沈するという大戦果を挙げた。また、さかのぼる1904年にはロシア海軍の機雷敷設艦アムールが設置した機雷により、日本海軍の戦艦初瀬八島が撃沈されている。

現代において、大部分の海軍は専用の機雷敷設艦を用いていない。機雷敷設の必要がある場合、例えばアメリカ海軍は航空機を使用し、自衛隊うらが型掃海母艦が敷設艦を兼ねる。また、ロシア海軍では伝統的に多くの水上戦闘艦艇に機雷敷設用軌条を設けて、敷設艦としての運用を可能にしている。

今なお専用の機雷敷設艦を所有する国は、機雷が有効な浅くて長い海岸線を持つ、韓国ノルウェースウェーデンフィンランドなどごく少数である。

注目すべき例: アミラル・ムルゲスク[編集]

アミラル・ムルゲスク
ドン川
Bundesarchiv N 1603 Bild-026, Konstanza, Minenleger "Amiral Murgescu" im Hafen.jpg
アミラル・ムルゲスク
艦歴

Amiral Murgescu
起工 1938年 ガラツィ 造船所, ルーマニア
所属 1 4 SMFN steag.jpg ルーマニア王国海軍
進水 1939年6月14日
竣工 1941年
ドン川
Дон
改称 1944年
所属 Red Army flag.svg 赤色海軍黒海艦隊
Naval Ensign of the Soviet Union.svg ソ連海軍黒海艦隊
除籍 1988年5月27日
要目[1][2]
艦種 機雷敷設艦
艦級
排水量 1068 t
全長 77 m
全幅 9.1 m
喫水 2.7 m
機関 クルップ ィーゼル 2台 2200 hp
推進 2
速力 16 kn
航続距離 3400
乗員 135 名
武装 102 mm単装 2 門
37 mm高角砲 2 門
20 mm砲 4 門
13 mm単装機銃 2 門
機雷 135 門
装甲 なし

ルーマニアが建設した最初の大型軍艦, ガラツィ 造船所。[3][4][5][6] 彼女は機雷を使ってソ連の潜水艦10基を沈めている (M-58, M-59, M-34, M-33, M-60, Shch-211, Shch-210, Shch-208, S-34, L-24)[7]と1ソ連駆逐艦, 間中 黒海の戦い。彼女はまた、エスコート船として働いている間に12機を殺した。[8] 彼女は1944年5月にクリミアの避難に参加し、ドイツ将軍を含む1000人を救った。[9] 彼女は1944年にソ連軍に捕らえられ、ドンに改名され、1988年に削除された。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

  • ^ Conway's All the World's Fighting Ships 1922-1946, p 362
  • ^ United States Naval Institute Proceedings, Volume 65, p. 1364
  • ^ Shipbuilding & Shipping Record: A Journal of Shipbuilding, Marine Engineering, Dock, Harbours & Shipping, Volume 53, p. 827
  • ^ The Shipbuilder and Marine Engine-builder, Volume 46, p. 449
  • ^ Marine Engineering and Shipbuilding Abstracts, Volumes 1-5, p. 182
  • ^ United States Naval Institute Proceedings, Volume 65, p. 1364
  • ^ Mikhail Monakov, Jurgen Rohwer, Stalin's Ocean-going Fleet: Soviet Naval Strategy and Shipbuilding Programs 1935-1953, pp. 265-266
  • ^ Antony Preston, Warship 2001-2002
  • ^ Robert Forczyk, Where the Iron Crosses Grow: The Crimea 1941–44, Chapter 9