金丸信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
金丸信
かねまる しん
生年月日 1914年9月17日
出生地 日本の旗 日本 山梨県中巨摩郡今諏訪村
(現南アルプス市
没年月日 (1996-03-28) 1996年3月28日(満81歳没)
出身校 東京農業大学
所属政党 自由民主党
配偶者 妻・金丸悦子

内閣 第3次中曽根康弘内閣
在任期間 1986年7月22日 - 1987年11月6日

内閣 福田赳夫改造内閣
在任期間 1977年11月28日 - 1978年12月7日

内閣 三木武夫内閣
在任期間 1974年12月9日 - 1976年9月15日

日本の旗 第34代建設大臣
内閣 第2次田中角栄内閣
在任期間 1972年12月22日 - 1973年11月25日

選挙区 山梨県全県区
当選回数 12回
在任期間 1958年5月23日 - 1992年10月14日
テンプレートを表示

金丸 信(かねまる しん、1914年9月17日 - 1996年3月28日)は、日本の政治家。失脚するまで日本政界随一で地位のある親北だった[1]。   衆議院議員(12期)、防衛庁長官(第35代)、国土庁長官(第3代)、建設大臣(第34代)、副総理自由民主党国会対策委員長自由民主党総務会長自由民主党幹事長自由民主党副総裁(第9代)などを歴任。

来歴・人物[編集]

生い立ちから政治家への道[編集]

1914年9月17日、山梨県中巨摩郡今諏訪村(旧白根町、現南アルプス市)に生まれる。父は金丸康三、母はとくで信は長男[2]。叔父には県会議長などを務めた小宮山清三がいる。金丸家は、酒造業を営み、多くの使用人を抱えている裕福な家柄。

西野小学校を卒業の後、旧制甲府中学校に入学するも素行不良により退学となり、父の友人が校長をしていた、旧制身延中学校(現・山梨県立身延高等学校)に入学したという[3]

1933年東京農業大学農学部へ入学する。卒業論文は「桜桃栽培の進化」[4]

農大卒業後、旧制身延中学の恩師が校長を務めていた旧制韮崎中学校(現・山梨県立韮崎高等学校)で博物(生物学)の教諭となる。また、柔道を教えたり野球部の監督もした。

1938年徴兵により入営する[5]。軍隊では関東軍電信三連隊第二中隊に配属されて満州に渡った。しかし、間もなく風邪をこじらせて新京(現・長春)の病院に入院、内地送還となり兵役免除となった。

帰国後は茨城県久慈郡(現・茨城県常陸太田市)の姉夫婦のもとでしばらく静養をした後に実家に戻り、家業の造酒屋を継ぎ、山梨県酒造組合常務理事に就任している。

戦時下には造酒屋の企業整理命令(70軒ある造酒屋を半分に減らせとする内容)が下された際には、造酒屋を廃業し、同業者にも命令に従うよう促した。その後、溶接に使う酸素をつくる「日東工業」を設立したが、敗戦とともに事業をたたんでいる。1941年には大政翼賛会山梨県支部の発足に伴い翼賛壮年団が結成されると翼壮団郡世話人として活躍し、翼壮団長で戦後には山梨中央銀行頭取として県政財界に影響力を持っていた名取忠彦の知遇を得ている[6]

戦後には家業の酒造業において焼酎を造る「中央発酵化学工業」を設立して成功をおさめる。また、戦前から知遇を得ていた名取忠彦に地場産業振興のためにと勧められ、撤退予定だった会社のワイン工場を買収、このワイン事業でも大きな成功をおさめる[7]

造酒屋時代、税務署の「造酒屋は、酒を密造し、税をごまかしている」という態度に怒りを覚え、政治の道を志したという。

政界への進出[編集]

戦後、公職追放となり[8]、同じく公職追放となった名取忠彦は台頭する左翼勢力に対して翼壮団時代の同志を集めて「脈々会」を結成し、金丸もこれに参加する。1951年(昭和26年)の公選第2回となる山梨県知事選挙においては、保革連合の推薦を受けた天野久が当選するが、名取や金丸は天野を容共分子として敵対する。知事就任後に名取が山梨県総合開発審議会会長として迎えられると金丸も天野に接近し、1953年(昭和28年)の第3回参議院議員通常選挙では名取の実兄で天野の推薦を受けた広瀬久忠の参院選出馬に際して選挙活動に従事する。

このことがきっかけとなり、金丸は衆議院議員選挙に担ぎ出される。その際、広瀬の勧めで自由民主党のなかでも保守本流とされる佐藤派に入るようにすすめられ、佐藤栄作のもとを訪ねる。1回目は「君には資格がない」と追い返されるが、2回目で無事、佐藤派に入る。

1958年5月第28回衆議院議員総選挙に、自由民主党公認で山梨県全県区から出馬。トラックの荷台を舞台とする選挙カー選挙運動をする(これ以後も、金丸は、選挙の際、トラックの荷台を舞台とする選挙カーを利用した)。なおこの選挙活動中佐藤は1回だけ応援に来て、北巨摩・韮崎・長坂・白根・櫛形・鰍沢・市川大門・身延にて、応援の選挙運動をした。また、学校での友人や教師時代の教え子、自分の会社の者などによる選挙運動も行われた。5月22日の投開票で、69,354票を得て、トップ当選を果たす。選挙後、妻・玲子を狭心症で亡くす。

同期当選には、竹下登安倍晋太郎倉成正らがおり、彼らと親交を深めた(特に竹下とは、自分の長男・康信と竹下の長女・一子を結婚させ親戚関係を結ぶまでになった)。

1960年日米安保条約改定に関する一連の騒動の際、混乱する国会の中、清瀬一郎衆議院議長(当時)を担いで議長席まで運び、会期延長と新安保条約可決へと繋げる。なお、この際に撮影された写真が米国の『ライフ』誌に掲載され、後の米国との交渉の際に役に立ったと、金丸は後に自伝で記している。

衆議院における強行採決(中央マイクを持つ清瀬衆議院議長の左後ろで守る金丸)

佐藤派幹部の保利茂を「政治の師匠」とした(なおしばしば「金丸は、髪型まで保利にならっている」といわれたが、本人は「そんなことはない」と言っている)。

1972年1月、当時の自民党国会対策委員長だった塚原俊郎労働大臣に就任したため、塚原の後任として国対委員長の職に就く(当時国対委員長は閣僚経験者がなる職であり、入閣のしたことのない金丸の就任は異例中の異例であった)。

だが、その後に行われた自由民主党総裁選挙の際、官僚出身の福田赳夫を支持していた保利の意向に反し、同じ党人派田中角栄を支持し、田中派結成に奔走した。これは、金丸が田中角栄を大変評価していたことに由来する。なお、保利にはその旨を伝えており、師弟関係が崩れることはなかった。

田中角栄は、金丸の総裁選での活躍を評価しており、「君には建設大臣をやる」と言っていたが、第1次田中角榮内閣では、木村武雄に持っていかれてしまったものの(金丸は国対委員長に留任)、第2次田中角榮内閣で初入閣を果たす。その際、迎賓館の改修や中央自動車道の工事着手を行った。しかし立花隆の明らかにした田中金脈問題で田中は首相を辞任に追い込まれる。

続く三木武夫内閣では国土庁長官に就任。また「三木おろし」の気運が高まった際、金丸は三木に衆議院解散を勧めたというが、三木は解散を決断せず、金丸は三木への不信感を募らせたという。金丸は三木への対抗馬を一本化しなければ三木を下せない以上は福田赳夫でまとめるしかないと考え、仲がこじれていた保利と福田の関係修復を周旋する。三木退陣後は、福田の総裁任期は1期2年のみでその後は大平に禅譲するという「大福密約」の保証人となったとも言われる[9]

1976年12月、福田政権のもと衆議院議院運営委員長に就任。同時に保利が衆議院議長となり、師弟で衆議院の表のトップと裏方調整役を担当した。

1977年11月、福田内閣改造内閣防衛庁長官に転じる。長官時代、「自衛隊が外国に脅威を与えてはいけないという人がいるが、敵に脅威を与えずして何の防衛か」と発言する。また、栗栖弘臣統幕議長の「現状の法制では、有事の際に自衛隊は超法規的行動をとらざるを得ない」という発言に対して、文民統制に反する発言であるとして金丸が激怒し、結果、栗栖は自ら辞職せざるをえなくなった。後に、栗栖の更迭について「私の原点は出征する私を両親の目の前で殴った憲兵の横暴である。シビリアン・コントロールがいかに大事かということは、習わずとも身にしみている」と回想している[10]。一方で外交・防衛政策では「日、韓、台湾は運命共同体だ。」と極東における資本主義連帯構想について発言したため、中華人民共和国の猛反発を浴びた。

長官在任中の1978年在日米軍基地で働く日本人従業員に対する負担を表明。反発が予想されたため、金丸は「思いやりの気持ちで行うべき」と発言、これが現在に至る「思いやり予算」である。

この年、福田派が総裁再選への流れを作るために「解散風」を吹かせるが、金丸は「大義名分のない解散には反対する。解散が閣議で諮られたら署名を拒否する。」と公言[11]。福田は金丸を注意するが、結局解散できぬまま総裁選が行われ、田中派と同盟関係にある大平が福田を下し総理総裁の地位に就く。

大平政権では2度目の国対委員長に就任。伯仲国会の当時、与党は竹下が委員長を務める衆議院予算委員会において半数を割っていたことから、予算案可決のため金丸は野党の公明党民社党から修正合意を取り付ける。しかし大平首相は予算組み替えを拒否し、委員会では否決させて本会議で原案通り可決させることを指示したため、金丸ら国対委員の面目が潰されることとなった。このさなかの1979年3月に保利が死去している。

1980年5月、憲政史上初の衆参同日選挙が行われた際、「世代交代論」を唱える。これは、四十日抗争を見て、「政治を若返らせねばならない。七十歳・八十歳の派閥の長が指導する時代ではない」と思ったことに由来する(その本心は、後述する理由により中曽根康弘の政権樹立を阻止するためだったとされる)。これがきっかけで、田中と金丸の仲は悪化し、一方、竹下と親密な関係を築いていく。

政界のドン[編集]

保利から「冷や飯を食って耐え忍ぶ」という政治信念の薫陶を受けた金丸は、政界風見鶏と呼ばれた中曽根康弘の立ち回りを肯定できず、中曽根が自民党総裁になるまでは日本一の中曽根嫌いを自認していた。田中が中曽根を総裁に擁立するつもりであることを知った金丸は、「おんぼろ神輿」とまで批判していたが、中曽根内閣では自民党総務会長―幹事長―副総理と重用された。鈴木内閣の末期に開かれた中曽根派田中派の料亭会合の際に、表向きは和解したとされており(内心は中曽根を生涯嫌っていた)、その際に中曽根は「腹も太いし、三木武吉以来の大物だ」と金丸を評している。

1984年、側近の小沢辰男を推す田中の意向に反して中曽根総理は金丸を幹事長に指名した。翌1985年、田中派内に勉強会「創政会」を結成する。結成前、田中は派内の勉強会と考えて容認していた。しかし、結成の狙いが金丸の親戚である竹下を後継領袖とするクーデターであったことを知り激怒。切り崩しに遭うも立ち上げに成功した。田中は直後に脳梗塞で倒れた。1987年7月、「創政会」は「経世会」(竹下派)として正式に独立。竹下の総理就任後は経世会会長に就任した。

同年に初当選してから文字どおり二人三脚で歩んできた“金竹関係”だったが、頂点を極めた頃から隙間風が吹くようになった。総理についた頃から竹下は独自の行動をとるようになり、竹下が連絡を取らないことをなじった金丸に配慮して、その後はたびたび極秘裏に金丸邸を訪れることになる。

1989年消費税導入による不人気とリクルート事件が発覚し、竹下内閣は総辞職、竹下は謹慎し、後継総裁には宇野宗佑が就いたが、話を聞かされていなかった金丸は、元・総裁の福田赳夫を、高齢ではあるが後継総裁として擁立に動いていたため面目を失った。最初に宇野ありきの状態だったことを自虐して、自らを「雇われマダム」と評した。

とはいえ、宇野政権が1989年参院選の過半数割れの大敗により2ヶ月あまりで倒れると、最大派閥の会長である金丸は大きな力を持つようになる。宇野の退陣後、ニューリーダーリクルート事件の影響で出馬出来なくなったため、野党とのパイプを持つ金丸自身も候補に上がるが、竹下らの反発で潰され、出馬に意欲的であった河本敏夫に電話し出馬を辞退させた。社会党のマドンナブームに関し「バーのマダム長谷百合子議員のこと)が当選したようだが政治がわかるのか。国家国民のためにならない政治家が生まれるのは問題だ。」と発言した。

結局、河本派の海部俊樹が総理総裁に選出されたが、参議院の自民党過半数割れによるねじれ国会において野党との協調が政権運営に不可欠となった状況で、国対族のベテランであり最大派閥経世会の会長たる金丸と、同じく国対族で経世会オーナーの竹下、さらに両者の姻戚で自民党幹事長小沢一郎[12]の経世会中枢3名の権勢が海部首相のそれを凌駕し、金竹小と称された。金丸は竹下派七奉行の中でも特に小沢に目をかけ、1989年8月、竹下の反対を押し切って47歳の若さで自民党幹事長に就任させるなど、小沢の強力な後ろ盾となったが、七奉行の中で最年少の小沢重用は橋本龍太郎梶山静六ら竹下に近い議員の反発を招くことになり、後の竹下派分裂の引き金となった。

1991年10月の自民党総裁選では、当初小沢一郎に出馬を促したが本人が固辞し、他派の領袖を擁立することとした。派内の橋本龍太郎が高い一般人気を誇る中で、金丸と小沢は派内の異論を押し切って宮澤喜一を支持した。なお、金丸本人は渡辺美智雄支持に最後まで拘った。東大出身者以外を露骨に見下す癖のあった宮澤を、金丸はもともと毛嫌いしていた。しかし、宮澤が当時の世論、財界の圧倒的な支持があったこと、経世会と宏池会が長年の蜜月関係にあったことから[13]、渋々宮澤支持に転じた。派内の渡辺支持派は金丸が渡辺支持を断念したことにより、一気に派として宮澤支持に移行した。とはいえ、宮澤を支持するという金丸の報告を派の集会で拍手承認するという段取りだったにもかかわらず拍手がまばらで、金丸が叱りつけてようやく拍手が増えるというぎくしゃくした状況であった。宮澤政権誕生の功績で1992年1月、自民党副総裁に就任し、宮澤政権の支柱となり、今上天皇中華人民共和国訪問を躊躇う宮澤に「天皇訪中問題について決めるべきはごちゃごちゃ言わず早く決めたまえ」[14]と発破をかけるなど暗躍した。

長く国会対策委員長を務めて日本社会党議員と交流し、社会党との連携で党内対立を制する手法を身に付けた。1980年代末から、自民党と社会党を解体・再編成して政権交代する二大政党を作るという政界再編構想を抱くようになった[15]。特に「足して二で割る」という絶妙の妥協案は金丸国対とまで評されるほど絶妙なものであった。

1990年、日本社会党のつてを頼り田辺誠らと訪朝団を編成。団長として北朝鮮を訪問する(金丸訪朝団)。金丸と金日成は、日本語を用いて差しで対談を行った。しかしやり取りが文書として残っていないため、一体何を話したのかが謎となっている。この空白の数時間の間に取り決められたといわれる約束が、日朝の交渉においてしばしば「金丸さんが金日成主席と約束した」という形で北朝鮮側から持ち出されることがある。

このとき自民党の代表として国交正常化や統治時代の補償とともに『南北朝鮮分断後45年間についての補償』という約束を自民党、社会党、朝鮮労働党の3党で交した。この約束は帰国後「土下座外交」と批判を浴びた。このとき、1983年に北朝鮮兵士閔洪九の亡命事件に関連して北朝鮮にスパイとして拿捕され7年間服役していた「第十八富士山丸」の日本人紅粉勇船長と栗浦好雄機関長の2名の釈放・帰国についても合意し、こちらは実行された。

1992年3月、栃木県足利市山岡賢次の応援演説中に右翼の銃撃を受けるが、弾丸は全て外れ、金丸は助かる。同年3月25日世界基督教統一神霊協会教祖、文鮮明が特例措置で14年ぶりに日本に入国した。アメリカで脱税により1年以上の実刑判決を受けているため、それまで出入国管理及び難民認定法の規定で入国できなかったが、「北東アジアの平和を考える会」という国会議員の会合に出席する名目で田原隆法務大臣から上陸特別許可が下りた。法務省入国管理局が金丸から打診があったことを認めたため、金丸が法務省に対する政治的圧力をかけたのではとの疑惑を生んだ。同月31日、金丸は都内のホテルで文鮮明と会談を持った[16]。同年の埼玉県知事選挙では畑和の後継を巡り、公示直前で土屋義彦の支持を撤回し山口敏夫を担ぎ出そうとしたため反発を浴びた(結果として土屋は埼玉県知事に当選した)。また金丸は首都機能移転の推進論者であったといい、反対派の石原慎太郎を強く批判している。

失脚・逮捕[編集]

1992年8月、『朝日新聞』の報道により東京佐川急便から5億円のヤミ献金が発覚した。同年8月27日に自民党本部で緊急記者会見を行い、副総裁職の辞任を表明し、事態の収拾を図った。しかしこの記者会見は、綿貫民輔幹事長の外遊中に行われただけでなく、竹下派経世会の佐藤守良事務総長が独断で仕切って行われたものであった。当時、同党総務局長を務めていた野中広務はこの日、たまたま党本部に出勤していて金丸の緊急記者会見が行われることを知り、驚いて副総裁室に駆け込み、金丸と佐藤に「(綿貫)幹事長不在で、(副総裁の進退に関わる)記者会見をやるのはおかしいではないか。中止してもらいたい」と迫ったという[17]

しかし記者会見は行われ、宮澤喜一政権に大きな衝撃を与えることになった。佐川問題における竹下派内の対応は、裁判で徹底的に戦うことを主張した小沢一郎に対し、竹下側近の梶山静六は略式起訴での決着を主張するなど、二分する形となった。小沢戦略なら論理は一貫しているが長期的な体力が必要で、党のイメージダウンも長く続くことになり、梶山戦略は短期で決着がつくように見えた。しかし、結果的に両者とも世論の動きを読みきれていなかった。結局、対応に小沢、梶山の二股をかけたことにより両者の対立は決定的なものになり、派閥は分裂へと進んでゆく。

東京地方検察庁特別捜査部は金丸に事情聴取のための出頭を求めたが、金丸はこの要請に応じずに政治資金規正法違反を認める上申書を提出するにとどまった[18]。結局、東京地検は金丸に事情聴取せず、1992年9月28日に同法違反で略式起訴した。翌29日に金丸は東京簡易裁判所から罰金20万円の略式命令を受けた。逮捕もなく事情聴取すらせず、5億円の賄賂に対するわずか罰金20万円というこの決着に、地検は国民から凄まじい批判を受け、検察庁の表札にはペンキがかけられた。当時、札幌高等検察庁検事長だった佐藤道夫が『朝日新聞』に検察の対応を批判する読者投稿をし[19]、異例ともいえる身内の検察からも批判的な意見が公にでた。刑罰の軽さに批判が大きく、こうした世論の反発の強さから、金丸は10月14日に衆議院議員を辞職、竹下派会長も辞任することとなる。

一方、東京国税局は、金丸の妻が死亡した際に受け取った遺産に着目、日本債券信用銀行(日債銀。現あおぞら銀行)の割引金融債「ワリシン」の一部が申告されていないという事実を突き止めた(日債銀内では、金丸を“蟷螂紳士”のコードネームで呼び、申告漏れに協力していた)。1993年3月6日、東京地検は金丸本人と秘書を任意に呼び出して聴取を行い、同日脱税の容疑で逮捕した。後に、自宅へ家宅捜索を行ったところ、数十億の不正蓄財が発覚する。捜索の中、時価1千万円相当の金塊が発見された。“金丸が訪朝の際、金日成から受領した無刻印のもの”と風評されたが、実際には刻印のあるフォーナイン(純度99.99%の金)であったとされる(朝日新聞記者の村山治『特捜検察VS金融権力』)。

逮捕されて2年後あたりから金丸の体調は持病の糖尿病により悪化し、左目は白内障によりほぼ失明しながらも、本人は最後まで裁判を続けるつもりで月に1度から2度、裁判のために甲府市から東京地方裁判所へ通っていた。しかし、金丸のあまりの体調の悪化を心配する家族の申し出により、1996年3月に裁判は停止し、その1週間後の28日に金丸は脳梗塞で死去した[20]

死後[編集]

没後10年目の2006年3月28日、「金丸信先生を偲ぶ会」が、金丸の後援会である「久親会」の元会員などを中心に設立された。

また、同年4月2日には、出身地の南アルプス市に、高さ約7メートル、幅約2メートルの「金丸信先生顕彰碑」が設置され、同日には、自由民主党国会議員を始め、県知事、県議、県内の市町村長など、360人が出席し、式典が行われた。

エピソード[編集]

  • 身長は170cm、体重は最盛期で90kgあった。徴兵の際の兵役検査では甲種合格となっている。
  • 地元山梨県の支持者からは「かねまるの信ちゃん」や「信ちゃん」と呼ばれていた。
  • 番記者だった三反園訓によると、リニアモーターカーを「リビア」、パラボラアンテナを「バラバラ」と呼ぶなど、非常に独特な言い回しをすることがあり、その言葉の意味を訊ねると「君も学がないね」と返したという。三反園はそれらの言い回しを「金丸語」としている[22]
  • 長年、自由民主党道路調査会の会長(建設族のドン)として、全国の道路整備に精通し、地元の「中部横断自動車道」の建設など、地元への利益誘導し自身も闇で財を成すという、古い型の政治家だった。とりわけ「中部横断道路」は、「山梨県には海がない。山梨県民は太平洋の海を見たい。」ということで力をいれており、中部横断道路の双葉ジャンクション白根インターチェンジ間は「金丸道路」と旧「日本道路公団」内では言われていた。なお、白根インターチェンジは、金丸のお膝元である。[23]
  • 竹下内閣時代、当時の石原慎太郎運輸大臣の元を訪ね、金丸が「中央リニア新幹線の着工と甲府付近への駅設置」を求めた際、石原から「東京からそんな近く(甲府のことを指す)に作っても仕方がないでしょう。(民営化されたばかりの)JR東海の社長にお願いしてくださいよ」と言われた。当時はリニア実験線の誘致を巡り山梨と北海道が争っており、石原は北海道に肩入れしていたが、結局は金丸の推した山梨に軍配が上がった。
  • 長男の康信は竹下登の長女を妻に迎え、テレビ山梨の代表取締役社長、エフエム富士の取締役を務めている。竹下との間には共通の孫がいる。
  • 金丸の次男である信吾によると、金丸自身は政治家の世襲を嫌っていたという。金丸は自分の3人の息子たち(金丸家は3兄弟だった)に「俺は絶対にお前たちを政治家にはしないからな」と語っていたことを信吾が証言している[24]
  • 大下英治は、日本で総理大臣になることを断った人物として、金丸を挙げている。政治家であれば総理大臣を目指したいのではないかとの問いに、「ぼくは総理大臣で苦労するよりも、陰で総理大臣を操っていたほうがおもしろいんだ」と語り、1980年代後半当時の金丸の立場を象徴するコメントとして話題になった。インタビュワーだった元TBSアナウンサーの吉川美代子も、印象的なインタビューとして回想している。[25](なお、ほかに首相を断った人物として、明治に西郷従道、大正に徳川家達、金丸と同時代には坂田道太伊東正義後藤田正晴らがいる)。
  • 上記のトラックの荷台で演説するエピソードに加え、地縁血縁無尽を巧みに取り込み、揺るぎなき組織戦術を行なうなど常に有利な選挙戦を行なっていた。のちにこの戦術は甲州選挙と言われるようになり、山梨県選出の国会議員や県知事などもこの戦術を行なうようになった。
  • 1978年9月、同月18日に進水予定であった「5200トン型護衛艦(50DDH)」の1番艦の名称は当初、「はるな型護衛艦(1番艦「はるな」、2番艦「ひえい」)」に続いて旧海軍の金剛型戦艦を襲名して「こんごう」となる予定であった。しかし、当時防衛庁長官であった金丸が、自らの出身地である白根町に基づき、「しらね」と命名させた[26]
  • 1981年7月、義姉(金丸の先妻の兄弟の妻)が山梨県職員の男に身代金目的で誘拐され殺害された。彼女の遺体確認に金丸も立ち会った[27]
  • 1992年2月、バブル崩壊後の不況に際して「日銀総裁の首を切ってでも公定歩合を下げさせろ」と発言した。これを紹介した経済評論家の原田泰は「これは十年後にアメリカ連銀の優秀なスタッフが到達した結論と同じである。一体、金融の専門家とは何なのだろうか」「(金丸は金融の素人だろうが)この時点では間違いなく素人が正しかった」と述べて、金丸の「政治的な直感」を称えている[28]
  • 同郷出身で宗教学者の中沢新一が叔父で歴史学者の網野善彦との思い出を記した『僕の叔父さん 網野善彦』のなかに金丸信と彼が経営する醸造業に関する記述がある。
  • 竹下派全盛期時代は絶大な権力を持ち、「キングメーカー」と呼ばれた。しかし、ポスト竹下やポスト海部においては、不本意な総理総裁擁立を強いられるケースもあった。
  • 外交評論家・元駐タイ大使の岡崎久彦は「捕まった時に秘書や側近に罪を着せようとしなかった」という理由で金丸を評価しているという。岡崎の「クーデターの政治学」(中公新書P76〜78)には、岡崎が大使として在任していた1991年に起こったクーデターに際して、たまたまタイを訪れた金丸が「『他国のクーデターとは違う、ただの政権交代』と本質を突いた発言をし、日タイ関係の継続に大きく貢献した」経緯が述べられている。
  • 新党大地代表の鈴木宗男は、代議士となった当初金丸を師と仰いだ(金丸の失脚後鈴木は金丸側近だった野中広務を師と仰ぐようになる)。
  • 漫画『美味しんぼ』には、金丸をモデルにしたとおぼしい「学生時代柔道三昧だった」角丸豊介副総理がたびたび登場する。
  • 金銭面にはにシビアであり、日々の細々とした出費(食費や散髪代など)では、必ず定価通りの支払いをして釣りもしっかりもらっていた。昔の政治家の中では、リッチなところを見せ付けるためか、釣りはチップとして受け取らない人もいた。盟友の竹下登はその点、県議時代からいつもポチ袋に小銭を入れており、ホテルのボーイなどにサービスを受けた際に、周囲には分からないようにサッと渡していた。

盟友・竹下登[編集]

島根県選出の竹下登とは年齢が10歳違うが、衆議院同期当選で、多くの共通点があり、次第に盟友となっていった。金丸の長男と竹下の長女は結婚し共通の孫までいる関係なのは有名である。

  • 共に造り酒屋の生まれである。
  • 共に父親は県会議員である(竹下は本人も県会議員経験者)。ちなみに父親は両方とも入り婿である。
  • 共に学校の教員を経験している(金丸は旧制中学の「博物」、竹下は新制中学の「英語」)。
  • 共に学生時代は柔道をしており、有段者である(金丸も竹下も柔道五段)。
  • 共に私立大学卒である(金丸は東京農業大学、竹下は早稲田大学)。
  • 共に前妻と死別し、再婚経験がある(竹下はあまり公にはしていないが、前妻を戦争中に亡くし、戦後改めて後妻を迎えている)。

これらの共通点から田中派内では「金丸・竹下」と常にセットで呼ばれていた。当初から竹下は総理大臣、金丸は衆議院議長を目指していたとも言われる。新人議員の頃は、東京から選挙区が近い金丸の地元山梨から来る多くの陳情客を待たせるのに、竹下の議員事務所を使っていたこともある。竹下の選挙区は東京から遠い島根ということで、陣笠議員の頃は陳情客も少なかった。

略歴[編集]

経歴[編集]

政歴[編集]

政治語録[編集]

  • 「保革連合勢力には主義も主張もない。水と油が一緒になっている。水と油で天ぷらが揚がるか。」(1967年1月30日)
  • 「列島改造もさることながら、何よりも人づくりを先にやらなければならない。ぐうたら人間を育てていては列島改造も砂上の楼閣になる。」(1972年12月10日)
  • 「一般消費税は悪税だと言わざるを得ない。富士山の五合目以下の人から徴税するのではなく、中間ベルト地帯を太くすることが今日の政治だ。」(1979年2月3日)
  • 「このシャバは君たちの思うようなシャバではない。親分が右と言えば右、左と言えば左なのだ。親分が右と言うのにいやだというなら、この派閥を出て行くほかない。」(1982年10月22日)
  • 「中曽根嫌いは日本一の金丸信だ。みんなの言っていることも分からんじゃあないが、いまさらどうするわけにもいかん。オヤジ(田中角栄)の声は天の声だ。オヤジも義理人情があるから中曽根といっているんだ。二度も中曽根を持ち出す気持ちもわからんわけじゃない。好き嫌いじゃない。義理人情も政治のうちだ。私はオヤジが中曽根でいく以上、中曽根でいく。嫌な人は田中派を出ていくしかない。」(1984年10月26日)
  • 「民主主義の基本は妥協である」(『立ち技寝技 : 私の履歴書』より)

家族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://japan.hani.co.kr/arti/politics/20760.html
  2. ^ 金丸家は子どもの名を『南総里見八犬伝』にちなんだ命名を行っており、3番目に生まれた長男は「信」と名づけられた。なお、兄弟は、上から、禮(礼)・悌・信・仁・忠・智義と付けられている。
  3. ^ 旧制身延中では、父の友人が剣道の師範をしていたことから剣道をはじめるが、試合で頭を叩かれたことから剣道嫌いとなり、柔道に精進するようになったという。東京農大時代には「農大に金丸信あり」として知られ、日本代表の「柔道使節団」として2度満州に渡っている。
  4. ^ 桜桃は山梨県の名産であるが、金丸の卒業論文は太平洋戦争による空襲で農大が被災した際に焼失している。
  5. ^ 柔道をしていたことから、体格がよく、自分のサイズに合う軍服がなかったという。
  6. ^ 翼賛壮年団については雨宮昭一「翼賛壮年団の結成」『山梨県史』通史編6近現代2
  7. ^ 金丸のワイン工場には昭和天皇香淳皇后の工場視察を迎えている。なお、このワイン工場は現在のサントネージュワインの工場となっている。
  8. ^ 公職追放の該当事項は「翼壮村団長、郷軍村分会長」。(総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年424頁。NDLJP:1276156 
  9. ^ 世代交代論を唱える 「政界のドン」金丸信 (4) :日本経済新聞
  10. ^ 『風成の人―宇都宮徳馬の歳月』 坂本龍彦岩波書店、p168
  11. ^ 衆議院会議録情報 第084回国会 内閣委員会 第22号 1978年6月6日 衆議院内閣委員会議事録
  12. ^ 金丸・竹下・小沢は三重の縁戚関係であり、竹下の弟・の妻と小沢の妻は姉妹であった
  13. ^ 元々経世会と宏池会は自由党・吉田茂派の流れを汲む兄弟派閥であり、自民党の派閥では友好関係が深かった
  14. ^ 城山英巳『中国共産党「天皇工作」秘録』p127、文春新書、平成21年
  15. ^ 野中広務の著書によると、金丸は野中に「社会党との連立は俺が最初に考えていた。しかし、田辺は何らかの事情があってできなかった」と語っていたという(実際、社会党は左右再統一後も左派が優位に立ち、右派出身の田辺誠がリーダーシップを発揮することはできなかった)。
  16. ^ Sunday世界日報 1992.4.5(世界日報社)
  17. ^ 『私は闘う』 野中広務著より
  18. ^ ジェラルド・カーティス著、野口やよい訳『永田町政治の興亡』新潮社、2001年、p.85。
  19. ^ 『朝日新聞』1992年9月29日号。
  20. ^ 金丸信吾「金丸信 政界のドン晩年の日々」『文藝春秋』2008年2月号、文藝春秋社。
  21. ^ http://japan.hani.co.kr/arti/politics/20760.html
  22. ^ 三反園訓『ニュースステーション政治記者奮闘記』ダイヤモンド社、2003年、pp.76-82。
  23. ^ 読売新聞2002年11月12日
  24. ^ 『週刊新潮』 2011年2月24日号 60頁(新潮社)『金権「金丸信」元副総理遺族が「老人ホーム園長」で「かっぱ寿司」』文中参照
  25. ^ 吉川美代子著「アナウンサーが教える 愛される話し方」、朝日新書2013年、185頁
  26. ^ 志岐叡彦『[投稿]護衛艦「しらね」の改名を要望する』軍事研究 1993年6月号 ジャパン・ミリタリー・レビュー
  27. ^ 事件・犯罪研究会 村野薫「明治・大正・昭和・平成 事件・犯罪大事典」821頁、東京法経学院出版2002年 ISBN 4808940035。なお、犯人は無期懲役判決が言い渡されている。
  28. ^ 原田泰「奇妙な経済学を語る人々」日本経済新聞社、P220

参考文献[編集]

著書[編集]

  • 『わが体験的防衛論 : 思いやりの日米安保新時代』エール出版社、1979年7月、
  • 『人は城・人は石垣・人は堀 : ありのままの政界25年』エール出版社、1983年4月
  • 『行き過ぎれば刺し違える : 金丸信語録 27年間の足あと』(末木幸一郎編)、ユニバース出版社、1985年3月
  • 『立ち技寝技 : 私の履歴書』日本経済新聞社、1988年8月、ISBN 4532094666

関連項目[編集]


議会
先代:
田澤吉郎
日本の旗 衆議院議院運営委員長
第35代:1976年 - 1977年
次代:
細田吉蔵
先代:
始関伊平
日本の旗 衆議院建設委員長
1970年 - 1971年
次代:
亀山孝一
公職
先代:
伊東正義
日本の旗 国務大臣副総理
1986年 - 1987年
次代:
宮澤喜一
先代:
三原朝雄
日本の旗 防衛庁長官
第35代:1977年 - 1978年
次代:
山下元利
先代:
丹羽兵助
日本の旗 国土庁長官
第3代:1974年 - 1976年
次代:
天野光晴
先代:
木村武雄
日本の旗 建設大臣
第34代:1972年 - 1973年
次代:
亀岡高夫
党職
先代:
二階堂進
自由民主党副総裁
第9代:1992年
次代:
小渕恵三
先代:
竹下登
経世会会長
第2代:1987年 - 1992年
次代:
小渕恵三
先代:
田中六助
自由民主党幹事長
第22代 : 1984年 - 1986年
次代:
竹下登
先代:
細田吉蔵
自由民主党総務会長
第27代:1983年 - 1984年
次代:
宮澤喜一
先代:
三原朝雄
塚原俊郎
自由民主党国会対策委員長
第24代:1978年 - 1980年
第16代:1971年 - 1972年
次代:
田澤吉郎
原田憲