yasu

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
yasu
出生名 林保徳
生誕 (1975-01-27) 1975年1月27日(42歳)
出身地 日本の旗 日本 大阪府枚方市
学歴 大阪府立枚方西高等学校
ジャンル ロック
J-POP
職業 シンガーソングライター
作詞家
作曲家
担当楽器 ボーカル
ギター
ピアノ
キーボード
活動期間 1989年 -
共同作業者 you
ka-yu
kiyo
shuji
DEAD END
hydeL'Arc〜en〜Ciel

yasu(ヤス、本名:林 保徳(はやし やすのり)、1975年1月27日 - )は、日本ミュージシャンで、ヴィジュアル系ロックバンドJanne Da Arcヴォーカリストでリーダー。ソロプロジェクト名はAcid Black Cherry血液型はA型。身長は165cm。

Janne Da Arcの楽曲の多くの作詞・作曲を手がけるほか、他のメンバー作曲のものに詞をつけることも多い。自身のソロプロジェクトである[Acid Black Cherry]では、全ての楽曲を作詞・作曲・編曲・セルフプロデュースしている。

人物[編集]

中学時代にyou、ka-yuとX JAPANのコピーバンド『結膜炎』を組んだ。これが初めてのバンドだった。以来youとはずっと同じバンドで活動している(ka-yuはこのバンドから脱退、その後呼び戻された)。kiyoとは高校時代に出会い、当時kiyoが組んでいたバンドと殴り合いの喧嘩をして、yasuが引き抜いてメンバーとなった。当時のkiyoについて「当然その時は下手だったんだけど、こいつとだったらメジャーデビュー出来ると思っていた」と語っている。そのためkiyoが何も告げずに脱退しようとした時のことは「腹は立ったけどkiyoは必要だった」と語っている。脱退しようとしていたジャズが好きなkiyoを引き止める為に、ジャズ調の楽曲「Lady」を作った。

2009年09月、声帯のう胞を発症。年末に手術を受けている。同じく10年前にJanne Da Arcで活動していた時も同じ手術を受けている。ノドを酷使するライブツアーの中はライブ中以外大声を出したり騒いだりしないように気を使っている。

作曲、編曲、作詞を担当。ソロ活動ではPVの原案等も手がける。 作曲も歌詞も、Janne Da ArcとAcid Black Cherryと大きい違いはあまり見られない。 歌詞は恋愛やエロティックなものが多いが、殺人、犯罪、戦争、自然災害、ネット批判、人間の心の闇、yasuが好きな映画(ソウ)・ゲーム(モンスターハンターデビルメイクライ)・アニメ(涼宮ハルヒの憂鬱)などをテーマにしたものも多々存在する。男性視点の歌詞だけでなく、女性視点の歌詞も多い。

Janne Da Arcの曲を最も多く手がけるが、ひとりでキーボードで作るため、楽器陣のことはほぼ考えておらず(特に弦楽器)、悪気はないが難しいことを要求したりしてしまう事がある。このことにka-yuは「yasuは鍵盤で曲作り過ぎや!!もっと弦楽器のこと考えてくれ」と漏らしていた。更にyouの「ギターソロどうやって作っているの?」という問いに対し、yasuは少なからずギターを弾けるのにも関わらず、「口ギター」と答えた。

Acid Black Cherryでは、レコーディングミュージシャンが固定でない為、曲にあったアーティストを指名して、そのアーティストらしさが出るフレーズを作ったりもするらしい。

ライブ前に買って身に付けていたシルバーアクセサリーを、ライブ会場を走り回る際にファンに全て取られたという経験がある。当然MCの時にyasuは「買ったばっかりのやつやから返してくれ」と懇願したが、ファンが黙殺。結局戻ってこなかった。 他にもライブ中にネックレスやカチューシャを無理やり取られる等の被害が出て、ネックレスを盗んだファンがネットオークションに高額で出品するなどして一時ネット上で大バッシングされ、炎上した。

メンバー思いで、常にメンバーが演奏しやすい空気作りに気を配っている。ka-yuをベーシストに迎えた理由の一つは、いいムードメーカーになってくれると思ったからである。

趣味・嗜好[編集]

音楽の影響を受けたのはDEAD END[1]ユニコーンBOØWY[1]等。 初めて買ったCDはおニャン子クラブの「じゃあね」。

ゲームの『モンスターハンター』シリーズの大ファン。 Acid Black Cherryとしての1stアルバム『BLACK LIST』収録曲の『DRAGON CARNIVAL』は、このゲームのことを歌っている。Acid Black Cherryの企画内で、「モンスターハンター フロンティア オンライン」と連動して、yasuが監修を務めたオリジナルデザインのガンランスがキャンペーン配信されていた(yasu自身がガンランスを愛用しているため)。現在は入手不可能。

中学時代、漫画家になる夢があり、自作の漫画に音楽をつけたり学校に原稿を持ってきて描いていた(絵は鳥山明風)。Janne Da Arcで上京後、実家に原稿をベッドの下に入れていたが、部屋を掃除した母親が一緒にしまってあったJanne Da Arcの昔のデモテープごと全て捨ててしまい、帰宅した際異変に気付いて母親を問い質した事でそれを知り、激怒した。

その他の活動[編集]

  • 2003年に小説「ANOTHER STORY」を著作。2万5千部の売り上げを記録した。
  • 「R-指定」、「Glorious Night」の曲を相川七瀬に楽曲提供。
  • jealkbのアルバム『ROSES』に収録されている「D.D.D」にゲストボーカルとして参加。
  • kiyoのアルバム『ARTISAN OF PLEASURE』に収録されている「tears」にゲストボーカルとして参加。
  • ラジオ番組『ネプチューンのallnightnippon SUPER!』に「Stop it love」を楽曲提供。番組にyouと共に出演した際に、アナウンサーやタレントを目指す人達を育てるコーナーに提供したが、企画がお蔵入りして楽曲もお蔵入りしてしまった。後に2012年、Acid Black Cherryの15thシングル「イエス」のカップリングに「Recreation Track」としてセルフカバーして初音源化が実現した。

交友関係[編集]

  • hydeL'Arc〜en〜CielVAMPS
    L'Arc〜en〜Cielhydeの大ファン。
    雑誌のインタビューやラジオ、自身のライブのMCや雑誌においても、度々そのことについて発言している。
    そのため、ラジオ「REDNIQS」や、TV「ミュージャック」では、hydeに関する質問や話題を持ちかけられるのが定番になってきている。
    好きになったきっかけは、初めて観たライブが大阪城ホールで行われたL'Arc〜en〜Cielのライブで、この時hydeを見て「こんなボーカリストになりたい」と思ったという(席はやや下手側スタンド席の前の方で「めっちゃ遠く感じた」と語っている)。hydeがJanne Da Arcのライブを観に来た際に、yasuは嬉しさのあまり舞い上がり、MCで「今日は僕の尊敬するhydeさんが観に来てくれました」などと発言し客席が騒然。後日hydeは自身のブログで当時のことを「もの凄い恥ずかしかった」と記している。
    雑誌のインタビューで、「『ダイヤモンドヴァージン』以降のラブソングは、hydeさんを想って歌っている」と発言。過去のhydeのハロウィンライヴでhydeにほっぺにキスをされた際には、ファンの目も気にしない程の喜びようだった。yasuが音楽番組にゲスト出演した際に、hydeから番組に「始めは全然興味なかったけど、話してみたらすごくおもしろくて、yasu君がいないと飲みに行ってもつまらない」というメッセージが届き、満面の笑みではしゃいでいた。2012年1月29日のhydeの誕生日には、Acid Black Cherry公式アカウントにて「Merry Japanese Christmas!!!」と、(誕生日になぞらえて)1時29分に呟き、新曲『イエス』の歌詞「愛してる 愛してるよ」と続けて呟いた。普段からhydeを神と呼んでいるため、本人が公式ブログにてクリスマスに例えたという。また、Janne Da Arcのライブで以前、「flower」をコピー演奏した事がある。
    2008年の自身の誕生日に行ったサプライズパーティーにhydeも参加した。2008年より、VAMPS主催のHALLOWEEN PARTYに毎回参加している(2009年はツアー・病気のため不参加)。
    HYDEが結成したハロウィンバンドHALLOWEEN JUNKY ORCHESTRAに参加している。
  • DAIGOBREAKERZ
    L'Arc〜en〜Cielのライブを見に行った際に知り合う。さいたまスーパーアリーナで行われたJanne Da Arcのライブ「DEAD or ALIVE」(2006)には既に関係者として見に行っていたらしい。DAIGOが有名になった今では、ニコニコ生放送でお互いの番組にゲストに出たり、「ABCD放送局」というUSTREAM番組を2人で始めたりしている。週に5回は一緒に食事をしたり、お揃いのグローブや部屋着を愛用する程仲が良い。最近は「彼女はいないけど、恋人がいるかと聞かれたならば"いる"と答える」と冗談を交え色々な番組で仲良しな事をアピールしている。Acid Black Cherryのカバーアルバム「Recreation 2」に収録されている『大都会』にて2人でデュエットしている。
    初共演はDAIGOがブレイクする前の2007年Acid Black Cherry主催対バンイベント“SWAPPING ROCK PARTY”である。DAIGOの持ちネタである「ういっしゅ」は、そのライブの転換中にyasuとDAIGOがショートコントをした時に生まれた。
    2人が「神」と崇めるHYDEが結成したハロウィンバンドHALLOWEEN JUNKY ORCHESTRAでは曲中やMVの中でハモったり、コンビでドアを開けて脅かすの演技をしていている。
    2013年1月9日には、お互いのバンドが同じ5周年ということで、初のツーマンライブ Acid Black Cherry & BREAKERZ 5th Anniversary Live“Acid BREAKERZ Cherry 69-sixnine-”を開催。日本武道館で14000人を動員した。

出典[編集]

  1. ^ a b アーティストバイオグラフィー・Janne Da Arc - BARKS・2014年7月26日閲覧。

関連項目[編集]